無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2019年7月17日 (水)

猪苗代湖から戸ノ口辺り  7/16

 このところ、e-バイクばかり乗っていたので、しばらくぶりでランドナーに乗ってみることにしました。梅雨の隙間を縫って猪苗代湖一周をとも考えたのですが、一周だと距離ばかり稼いであまり楽しくないからと、猪苗代湖の西側を狙ってみました。

In01

 まずは、いつものように滝沢峠を上りました。周辺の山々には雲がかかっているようですが、会津盆地は良い天気でした。

In02

 強清水を過ぎた所で、磐梯山が顔を出すのですが、雲の中から山頂だけかすかに見ることが出来ました。

In03

 タイヤはグランボアエトールの42B赤、太さの割には舗装路向きなのですが、このような締まったダートならよく走ります。よく見るとサイドがちょっとほつれてきています。ツーリング用にしては寿命が短いね。

In04

 今の時期は紫陽花があちこちで咲いています。色の濃い薄は土壌のせいかと思っていたけどそうでもないみたいだ。

In05

 笹山原で猪苗代湖岸に出ました。正面に見えるのが翁島です。強い東風が吹いてかなり波立っていました。

In06

 湖岸沿いに走って中田浜へ。ここは入り江になっていて波は静かで、ヨットが沢山置いてありました。

In07

 そのまま湖岸沿いに進むと、急坂が待っているので、湖を離れて湊方面へと向かいました。このトンネルをくぐるのも久しぶりです。

In08

 ちょっと戻って赤井辺りで、緑は稲の田圃ですが、白いのは蕎麦の花のようです。夏蕎麦でしょうね。

In09

 北へ向かって、猪苗代湖の出口である十六橋です。本流は日橋川から阿賀川と合流して日本海へ、もう一つは戸ノ口堰を通って会津盆地の水源となっています。

In10

 もう一つ、鍋沼に立ち寄りました。後は強清水に戻って滝沢峠を下るだけです。

 盛夏が来たら自転車は夏休みですから、それまでもうちょっと走っておきたいですね。

 

2019年4月25日 (木)

平成 最初で最後のキャンピング  4/23-24

Ca1

気温も上がって桜も満開。東山院内の吊り橋を渡ります。

Ca2

自転車はヒロセのランドナー。珍しくもフロントバッグにサドルバッグのフル装備です。荷物が重くてダートでふらついてしまいました。

Ca3

サドルバッグに詰め込んできたのはこんな装備です。サンダルまで持ってきたのは・・・

Ca4

キャンピングのためです。このテント知っていますか?京都のヤマネのサイクリングテントです。自立式と思っていましたが、一本ポールでペグを打たないと立ちませんでした。

Ca5

自転車も入る設計だったはずですが、入れるのは難しそうです。昭和の製品なのですが何故まだ生き残っていたかというと、ほとんど使わずにしまってあったからです。娘が野外ライブに行く時に持って行ったくらいで、多分自転車キャンピングには平成最初の登場です。

Ca6

久しぶりのキャンピングにアクシデントもいくつか。夕食はガス欠で生煮えのを食べることに。花見をしながら優雅なキャンプのはずが、思いの外気温が下がって寒い寒い、ほとんど眠れませんでした。

Ca7

 テント場も炊事場も独り占めですから、朝はテント等を乾かしながら朝食そして撤収です。

 

Ca8

 帰り道は菜の花や水仙の黄色い花を見ながら、自転車道へと、この頃は重い荷物にも慣れてスイスイと走れるようになりました。

 2日間の走行は22キロ、随分近くにキャンプ場がとお想いになるでしょうが、これも遠回りしたからで、まっすぐ行けば1.5キロほどの子どもの森に出かけたのでした。さて、最近のテントはもっとコンパクトになっているし、マットももっと良いものに・・・令和になっての自転車キャンピングの復活はあるのでしょうか。

 

2019年4月23日 (火)

花見を兼ねてオフロードへ  4/21

寒の戻りで開花が遅れたものの暖かい日が続いて、会津の桜も一気に咲いてきました。

Of01

ちょっと早めに咲くのが県立博物館横の三の丸の桜です。ずらりと並んだ桜が一気に満開の装いです。

Of02

本丸の中はいつもなら数日遅れの開花となるのですが、今年はほぼ同時でこちらは7分咲きといったところでしょうか。

Of03

雑踏はあまり好きでないので、MTBを引っ張り出していつもの滝沢峠をエッチラオッチラと上ります。眼下に見えるのが会津五桜の一つ「石部桜」です。八重の桜のオープニングに取り上げられてからは大勢の人で賑わい警備員も出ています。

Of04

大きな辛夷の木があったので一休みです。老木のせいか花の着きがちょっと悪いようです。

強清水、レク公園と走って、帰りは沓掛峠から南新道と思ったのですが、古道ウォーキングをやっているようなので、八田の方へ下ることにしました。

Of05

まず、鍋沼へと・・・ここは桜の名所なのですがさすがに高台だからさっぱり咲いていません。

Of06

思わぬ倒木にてこずりますが、オフロードではこのようなことは茶飯事です。

Of07

いつもの大寺街道を下ろうと思ったら、新しいダート道が出来ているのを見つけました。

Of08

最初こそ良かったものの、だんだん道が狭くて藪になってきて焦りましたが・・・

Of09

無事バイオ発電所の裏手に出ることが出来ました。この辺りには体育館があったり、工業団地があったりと最近発展してきたところです。

Of10

最後はこのような桜並木の道を会津盆地へと急降下です。

まだまだ身近なところに良い道はあるものです。オフロードを探しながらのんびりと走るのは楽しいですね。

2019年4月16日 (火)

西山温泉郷  4/16

会津若松のすぐ隣の柳津町、その山中に西山温泉があります。どこから行っても山越えなのですが、今回は三島町宮下から入ってみました。

Ni01

車は、三島町の道の駅みしま宿に置かせてもらいました。ここは、只見川を渡る只見線の絶景ポイントとしても有名です。尾瀬街道といって国道252も通っているのですが、交通量もそこそこあって、スノージェットやトンネルが多くてあまり走りたくない道なのです。

Ni02

すぐに国道を分かれて県道59に入り大谷方面に向かいました。作業用のトラックがゆっくり走っており、除雪目印の赤白ポールの回収中でした。ようやく春が来たという感じでした。

Ni03

大谷の部落からは道はぐっと狭くなり、大谷峠へと続いています。入口には積雪・通行止めの標示がありましたが、雪はなく重機を使って道路脇の土砂や落ち葉の撤去作業中でした。

Ni04

峠を一気に駆け下りると西山温泉はすぐでした。現在営業しているのは「滝の湯」「下の湯」「中の湯」「老沢温泉」「新湯」の5軒のようです。他に町営の日帰り温泉施設の「せいざん荘」があります。以前、智尽荘という宿に泊まったことがあったのですが、廃業してしまったようです。

Ni05

パンフレットに載っている古い温泉神社があるというので探してみました。下の温泉街からの道は廃道状態で、上のバイパスから入ると、このような古ぼけた神社に出くわすことが出来ました。

Ni06

この地域には地熱発電所があるというので行って見ました。上ったり下ったりと山の中を数キロ走ったら、水管ではなく蒸気管が走っていました。地熱で熱せられた地下水の蒸気を発電に使っているようです。

Ni07

PR館を覗いてみましたが、発電の仕組みは?でしたが、大きなタンクや機械が広い敷地に並んでいました。

Ni08

さて、帰り道は砂子原からの地道の林道を久しぶりに走ってみることにしました。途中にあった小野川原という部落が廃村になってしまっているので、道は荒れていました。雪解けの泥水のせいかもしれません。

Ni09

途中の二股分岐を右に取りましたが、最初こそひどい道でしたが、後半は舗装路になり宮下へと一気に下っていきました。

Ni10

ちょっと時間があったので只見川を渡り宮下の散策をしてきました。下にダムがあるので水はゆったりとしてなかなかの景観でした。

三島町にも温泉が多いので、これらも巡ってみたいものです。

2019年4月 7日 (日)

伊佐須美神社安全祈願ライド  今年最初のサンデーモーニングライド

冬の長い会津もいよいよサイクリングの季節到来です。4月の日曜日から近くの自転車屋さん主催のサンデーモーニングライドが始まります。毎年の事ながら走りを待ちかねていた仲間達が沢山集まります。

Sm1

まずは南へ南へと走り、馬越の交差点で一休みです。思いの外気温が低くて皆寒い寒いとつぶやいています。

Sm2

道の脇にはまだ、こんなにデカい除雪車が置いてあるのです。まあ、もう出番はないでしょうが天気予報ではもう一度位は雪マークがあるようなのです。

Sm3

伊佐須美神社に到着です。いつもの反対側からこっそり入って、池のこっち側から写してみました。鳥居が小さく見えますがまだ花も咲いておらず、まだ寒々としています。

Sm4

上りが多くなって身体も温まってきました。法用寺に寄ってみました。会津唯一の三重の塔です。だいぶ古くなってきてしまいましたね。

この後は、中田の観音様、坂下でランチ、道の駅で一休みして無事帰って来ました。今年はあまり走り込めていないので心配でしたが、ゆるゆると走ったせいか最後まで遅れずに走りきることが出来ました。これからもマイペースに徹することにします。

2019年3月21日 (木)

お彼岸の会津  喜多方からサイクリングロード

先週冬の戻りがあったものの、今週は気温も上がって春らしい天気が続いています。明日辺りからまた天気が崩れてくるというので、ここ数年恒例となっているお彼岸ランに出かけることにしました。

Hi1

庭の梅も3分咲きという所でしょうか。心配なのは花粉ですが、マスクをしてティッシュを用意してスタートです。

Hi2

まずは、滝沢峠を上ります。今年初めてで息が切れますが、一人旅なのでマイペースでゆっくりと上りました。

Hi3

いつもなら強清水を目指すのですが、今回は途中から長原に下ることにしました。古い道標には、右 長原・競馬場となっています。若松に競馬場があったのを知る人も少なくなってきましたね。

Hi4

この長原に下る道の正面には、飯豊山が見えました。いつもながら飯豊山の雪は別格でまだまだ真冬の装いです。

Hi5

裏道を通って河東に出ると左手に磐梯山が見えてきました。こちらはちょっと春らしさが出てきていますね。会津観音の姿もちょっと見ることが出来ました。

Hi6

それから、いつもの道で喜多方へと。昼前に付いてしまったので喜多方ラーメンは無しで先を急ぎます。

Hi7

久しぶりに喜多方街道を走って会青橋で大川(阿賀川)を渡ります。

Hi8

後は、いつものように道の駅会津によって、サイクリングロードを若松まで帰ってきました。

風も無く気温も上がって暖かく良い日和のお彼岸ランとなりました。

2019年3月 3日 (日)

雨屋から美里へ

Am1
今年は雪が本当に少なくて、梅のつぼみも随分膨らんできました。3月にもなったことだし地元の走り始めをしておこうと出かけました。


Am2
平坦部の雪はすっかり溶けたものの、盆地を取り巻く山々にはまだまだ雪が残っていて、吹く風がすごく冷たかったです。


Am3
水たまりにはこんなに氷が張っていました。朝方は氷点下でしたから。


Am4
国道を少し走って目指したのは、雨屋の薬師堂です。国道沿いだったのを少し奥に移したようで、新しい建物でした。それにしても薬師堂の周辺がやたらとほじくり返されていました。イノシシの仕業なのでしょう。


Am5
国道を離れて雨屋の駅へと。会津鉄道の駅なのですが、旧駅名をそのまま使っている駅はほとんど無くなりました。若松に近いから利用者はほとんどなさそうです。


Am6
大川の橋を渡って美里町へと入りました。この辺りの山肌は岩がむき出しになって見事でした。


Am7
湯陶里という日帰り温泉の近くにあるせせらぎ公園で一休みしました。キャンプ場もあって広々とした公園なのですが、3月いっぱいはまだ冬休みのようでした。


Am8
蟹川橋の袂に置いてあった大きなタイヤの除雪車。郡山ナンバーでしたが今年はあまり活躍の場が無かったことでしょう。


Am9
午前中のポタリング程度で家に戻ることにしました。磐梯山は終始霞んだまま、春霞かな。この頃から気温も上がって身体も温まってきました。昼頃から走り出した方が良かったかな。

2019年2月12日 (火)

雪あそび’19

 連休前のことでしたが、天気が良くてちょっと暖かい日がありました。

Yu1
でも連休にはすごい寒波が来るというので、MTBのタイヤを替えてみることにしました。あまりにも雪が降らないので替えるのをためらっていたスパイクタイヤの登場です。


Yu2
予報通り連休は寒くなって雪もちょっとは降りました。そこでいつもの門田運動公園に出かけることにしました。雪も程よく積もっています。


Yu3
公園内を1時間ほど遊んだのですが、雪が少なくてすぐに溶けてきてしまいました。


Yu4
さて、それではと連休明けに毎年行っている裏磐梯へと出かけました。休暇村近くの駐車場に車を止めて、曽原湖の周辺を走ります。


Yu5
例年と比べて少ないとはいえ、除雪された雪がうずたかく積もっていました。


Yu6
追い風に乗って快適に走って行くと、雲に隠れていた磐梯山が顔を出してきました。噴火口が見えたのですがすぐに雲に隠れてしまいました。


Yu7
真っ白に見えますがこの下には沼があるのです。レイクウッドとかへ行く途中です。


Yu8
予報通り裏磐梯は氷点下の気温で向かい風になると寒い寒い。自転車もほどほどに凍結していました。

最近は、太いタイヤのファットバイクが流行りだして、氷った湖上を走ったり、とんでもない雪の急坂を降りたりする自転車仲間が増えてきました。年を取り過ぎた私はのんびりと走るツーリングに徹することにしましょうか。

2018年11月20日 (火)

広域基幹林道 三河小田川線  11/18

 この林道を越えたのは1995年9月のことだから、もう23年も前のことになる。第1次のMTBブームの頃で、あいづりんどうクラブというオフロード走りのクラブを作ってアクティブに走り回っていた。とにかく霧が深くて何も見えず、最後は雨になったことを思い出す。なかなかハードな林道でもう一度越えてみたい林道の一つであった。
その時は上戸浜をスタートにして中山宿から猪苗代側に越えたが、今回は上戸浜をスタートにするが反対回りで越えてみようと計画した。
Mi01


 西風が冷たいが天気が良い。猪苗代湖と磐梯山が両方見え、絶景であった。
Mi02


 志田浜に立ち寄ると、白鳥が数羽泳いでいた。反対側の長浜にはカモはいるが白鳥がいないと思っていたら、志田浜側に移動していたのかな。「白鳥の湖」なる像も建てられていた。
Mi03


 志田浜からは山沿いに真っ直ぐ北上していった。昔川桁から沼尻への軽便鉄道が走っていた所で、いつの間にか駅の表示が作られていた。ある駅には古い便所だけが残されていたりした。
Mi04


 猪苗代側の登り口の小田の部落、結構大きな部落で村はずれには蚕様のためと思われる神社が残されていた。
Mi05


 この辺りもご多分にもれず猪のほじくり返した跡が道端に沢山見られた。
Mi06


 舗装された道をたんたんと上っていったら、大倉地蔵なる地蔵尊が奉られていた。謂われがあるのか信仰が今でも続いているようであった。
Mi07


 上り始めて5キロほどで地道となった。最初こそ良くしまった走りやすい道であった。
Mi08


 12%はさほどでもないと思うかもしれないが、地道ではきつい、傾斜の標示もここだけであったようだ。
Mi09


 時折山の眺めが良いところがあった。スキー場かあったりしたので猫魔方面かと思ったが、方向からすると西吾妻方面の山々のようだった。
Mi10


 砂利がまかれてくると登るのが辛くなり、押すことが多くなってきた。
Mi11


 丁度12時になったところで一休みした。パンをかじり地図を眺めてあと1時間位と踏んだのだが。
Mi12


 道はどんどん荒れてきた。このように深くえぐれてしまった所が多くなってきた。
Mi13


 山陰からちょっと頭を覗かせたのは磐梯山であろうか。このように立ち止まることが多くなってきた。
Mi14


 林道ピークと思われるところにやっと到着した。オフロードのバイクが数台止まって歓談していた。自転車は大変だと感心されてしまった。
Mi15


 下りも砂利が多くえぐられた道でなかなか苦労した。もうチョイ空気を抜けば快適かもしれないが、判断が難しい。
Mi16


 舗装になってからは道は快適になったが、寒さが一段と増してきた。途中から川桁へ抜ける林道があると聞いていたのだが、それらしい道にはゲートが・・さらにその先はかなり急な上り坂であった。
Mi17


 結局そのまま下って中山宿へ。そこからは絶対走りたくないと思っていた49号線。車の多い道をエッチラオッチラと中山峠を越えることになってしまった。
Mi18


 上戸浜の駐車場に着いた時には、3時半というのにもう日も傾いて夕方の装いであった。日が短くて、気温も下がってくるし晩秋のツーリングはなかなか厳しいものがあります。
Mi19


 小田から達沢への林道、中山宿から川桁への林道など走れそうなところはあるのですが、厳しい林道走は,年寄りにはなかなか応えるのでありました。

2018年11月 4日 (日)

紅葉狩り 芦ノ牧から大川ダムへ

 毎週日曜日には近くの自転車屋さんがサンデーモーニングライドを開催しています。第1週はビギナー向けのマッタリランの日。紅葉も良い時期なので参加してみました。
 天候は晴なのですが、いつものように朝は霧が出てしまいます。霧の中を南へ南へと走り、門田から大戸にかかる頃にようやく霧が晴れてきました。振り返ると会津盆地はまだまだ霧の中のようです。
Bi1


 まずは会津若松郊外の温泉芦ノ牧温泉へと。ここにもサイクルラックが置かれています。
Bi2


 入るのは高台にある足湯です。ぬるかったのでお湯を足してもらいました。芦ノ牧名物の黒糖饅頭をかじりながら足湯を楽しみました。
Bi3


 足湯の下の展望台から眺めてみると、見事な紅葉の谷間が広がっていました。
Bi4


 もうひと頑張りして大川ダムまで行ってみました。大川ラインは昔から紅葉の名所だけあって見事に色づいていました。
Bi5


 ダムは一般公開中らしく結構人が出ていましたが、外の公園は静かでした。
Bi6


 帰り道は、芦ノ牧ドライブインでお昼を食べて、会津鉄道の芦ノ牧温泉駅(旧上三依駅)に立ち寄ってみました。名物は猫駅長だけかと思ったら、列車を利用した小っちゃな展示室もありました。
Bi7


 最後に会津運動公園を突っ切ろうとしたら、見事な黄葉に思わず足を止めてしまいました。何という木だったか・・・表示を見てきたのに忘れてしまいました。
Bi8


今日一番の紅葉はすぐ近くにあったのであります。

より以前の記事一覧