2022年6月20日 (月)

林道一ノ渡戸・四ツ屋線  6/19

 先週暫くぶりに泊まりで出かけたら、気分が乗ってきて次はどこへと考え始めた。所が、疲れがとれずにゴロゴロして過ごしてしまっていた。そこで、天気の良さそうな日を選んで意を決して走りに行くことにした。

Ic01_20220620174801

 会津若松で一番長い林道に一ノ渡戸・四ツ屋線というのがある。総距離16キロほどで道も悪いからなかなか走りがいがある。家からも近いので、この年になってもe-バイクなら走りきれる。まずは東山ダムまで上がってきた。ここで家から5キロほどだが随分山深い感じがする。

Ic02_20220620174801

 林道口の一ノ渡戸。家屋は残っているが、住民は下に降りてしまっていて、畑仕事に通っているだけの廃村である。

Ic03_20220620174801

 林道口の看板。会津若松市の管理で20キロで走れなどの注意書きが書かれている。

Ic04_20220620174801

 梅雨時だから道の脇は草ボウボウで、モンシロチョウが花の蜜を吸ったりしていた。

Ic05_20220620174901

 春の花はもうとっくに終わっているが、名もなき花が結構咲き乱れている。もう少しすると紫陽花が咲き出すのだが。

Ic06_20220620174901

 この辺りは、砂利が少なく道は良いのだが木々がうっそうとしており、ガサゴソと獣らしい動きがあったり、急に鳥が飛び立ったりすると、その度ビクッとする。

Ic07_20220620174901

 林道も後半に入り通る人もないのか、随分草深くなってきた。反対側の沢筋に架かる高川橋が見えてきた。

Ic08_20220620174901

 高川橋を渡ると大戸トンネルに入る。この前後にかなりの急坂が続くのだが、トンネルの先は所々舗装化が進んできていた。

Ic09_20220620175001

 四ツ屋(普通は闇川と呼ばれている)に出た。さすが本場だから熊注意の看板もしっかりしている。市役所発行の見慣れた注意板の他に、地元の駐在所の注意書きも添えられていた。

Ic10_20220620175001

 帰り道はまったりとサイクリングロードを通って帰ることにした。熊鈴さんのおかげで無事に帰ることが出来た。

Ic11_20220620175101

 森の中ではあまり気づかなかったが、気温が相当上がっていて真夏日だったようだ。そんなわけかアシストがあっても結構疲れてしまった。

2022年6月 6日 (月)

SMR 湯野上温泉 足湯ライド 6/5

 月の最初の日曜日のサンデーモーニングライドは初心者向けとなっています。湯野上の足湯に入りに行くというのんびりライドということなので参加してきました。

Yu1_20220606111601

 日差しは強いのですが、風がさわやかなサイクリング日和です。大戸町の自転車道脇のお休みどころで一休みです。初心者とは名ばかりのハイペースできています。

Yu2_20220606111601

 国道を避けて大川ダムへ、上り下りがあってなかなか大変です。

Yu3_20220606111601

 湯野上温泉駅に到着です。会津鉄道駅の脇に足湯が併設されています。ちょっと熱めで足の色が変わってしまいました。時間帯のせいか時期のせいか、人(観光客)は少なめでした。

Yu4_20220606111701

 昨年は気付かなかったのですが、南会津サイクルステーションなるものが出来ていました。空気入れや工具もあるようですが、サイクルラックが小さすぎますね。

Yu5_20220606111701

 芦ノ牧温泉へと戻ってランチとなりました。前回は多すぎたので、塩ラーメンと軽めにしました。お皿のサラダはバイキングサービス品です。

Yu6_20220606111701

 食後はデザートならぬ、再び足湯です。今回は七部のサイクリングパンツに素足で行ったので、面倒がらずには入れました。

Yu7_20220606111801

 往復で50キロちょっとなのですが、ハイペースなので結構くたびれます。E-バイクで参加の老グループは25キロ以上で飛ばされるとあっという間に千切れてしまうのでありました。

 

2022年6月 3日 (金)

翁沢  6/2

 先日走ったe-バイクのバッテリーが40%ちょっと残ってしまいました。近くでちょっと走れそうなところで気になっていたのが翁沢。午前中は天気が良いけど、午後は雷雨の予報なので、会津レクリエーション公園まで車で行って昼前には帰ってくる行程で出かけてきました。

Ok1

 十六橋を渡ります。ここには安積疎水の水門があって、猪苗代湖の水が日橋川へと流れていきます。一部は戸ノ口堰となって会津盆地の水源としても利用されています。

Ok2

 五輪峠を登ったところから遊歩道に入りました。ちゃんとした道かと思ったのですが、倒木があったりして結構荒れてました。

Ok3

 遊歩道には森林環境学習の森という名が付けられています。道は随分入り組んでいて、道標でいうと天鏡の小径を上ってきて、君ヶ下湿原まきばの小径へと入っていくことにしました。

Ok4

 林の中の急な上り道で、なかなかスリリングな道です。

Ok5

 そして、林道翁沢線で蟹沢の集落まで行ってきました。2.3km程の安定した道です。

Ok6

 次には、三方石に行ってみました。大きな石に天鏡閣記という文字が刻まれているらしいのですが定かではありません。

Ok7

 この周囲の道の落ち葉の中から、ギンリョウソウが顔を出していました。キノコかと思ったのですが、植物のようです。

Ok8

 その後は、天鏡閣の所に出て戻ってきました。この長浜から十六橋に出る道は二本松街道になっていて、古い地蔵尊も残されています。

Ok9

 この遊歩道は南が丘牧場にも出ることが出来るし、沼や湿地帯も多そうなので、もっと整備すれば利用価値がありそうです。

 

2022年5月30日 (月)

SMRオフロード 林道北堰赤枝線 5/29

 近くの自転車屋さんの声がけでやっているサンデー・モーニング・ライド。月末はオフロードです。磐梯町の林道北堰赤枝線に行くというので、久しぶりに参加してきました。若者達と走るので使用するのはもちろんe-バイクです。

Ki1_20220530170201

 林道口が若松より300mちょい高くて、入り口までまっすぐ行くと上り坂にあえぐことになるので遠回りしていきました。何時もの、会津レクリエーション公園で一休みです。上を見上げている方がいるのは、もみじの木から沢山の毛虫がぶら下がってきているからです。自転車やウエアに結構たかられてしまいました。

Ki2_20220530170201

 翁島の踏切の所で1時間に1・2本位しか通らない列車に出会ってしまい。隊列が2分されてしまいました。

Ki3_20220530170201

 磐梯山麓にとりついて高度を稼いでいきます。上に見える建物は「栄川酒造」磐梯の名水仕込みを売りにしていますが、この時代で経営は大変のようです。その施設のすぐ下が林道口なのでもう一息です。

Ki4_20220530170201

 林道口にて、草はきれいに刈られていて、熊注意の看板はどこにでもあって、これが怖くては走れません。全長7kmですから結構な距離があります。磐梯町の水田を潤す灌漑用の堰の巡視路みたいなものなので道路状況はまあまあです。

Ki5_20220530170301

 途中には湧き水の出ているところが数カ所あって、給水タイムです。木々が生い茂ってきていて風もあったので快適な林道走が楽しめました。

Ki6_20220530170301

 農道に出て右か左かと確かめます。この後イノシシの泥浴び場らしいところに迷い込んだり、草ぼうぼうで道がなくなっていたりと苦労しながら若松まで帰ってきました。

Ki7_20220530170401

 かなり遅い時間になってからランチとなりました。ラーメンとミニソースカツ丼なのにかなりのボリュームで、せっかく減らした脂肪が戻ってきてしまいました。

Ki8_20220530170401

 舗装のアプローチが長いのが欠点ですが、なかなか楽しいオフロードコースでした。

 

2022年5月26日 (木)

自転車道(会津若松~熱塩) 5/24

 5月というと自転車乗りには良き季節なのだが、今年は、天気が良いと夏日になったり、雨が降ると肌寒かったりしてなかなか走り出せずにいた。月も後半になって天気が良い日を狙って自転車道を北へ走ってみようと出かけてみた。

Ji01

 朝方は涼しかったが、日が差しだしたらじりじりと暑くなってきた。ヤッケを脱いで走り出したら風が冷たい。このように田圃に水が入ると、その上を渡ってくる風が冷たく感ずるのだ。

Ji02

 田植えが終わったところもあればこれからの所もある。代掻きをしているトラクターの後ろでサギが餌をあさっていた。掘り起こされた泥の中の虫などをいただいているのだろう。

Ji03

 湯川村の道の駅あいづでいつものように一休みした。今回はフロントバッグを付けたランドナーで来ている。

Ji04

 サイクリングロード脇の土手も花盛りである。黄色い花は何だろうか。ピンクのは桃色クローバーである。いずれも草に負けぬように背丈を伸ばしていた。

Ji05

 喜多方へと入った。サイクリングロードの脇には白い花を付けた木々がずうっと並んでいた。

Ji06

 道の駅喜多の郷のちょっと先の下赤崎橋の所で通行止めになっていた。この先はまだ工事中のようで、今のところ終端までは一般道を走っていくしかない。

Ji07

 喜多の郷まで戻って、道の駅脇の池の縁でランチにした。ジェットボイルでインスタントラーメンを作るだけの簡単なものだが。

Ji08

 往路では雲がかかっていた飯豊山が顔を出してきた。峠越え辺りでよく見える所があれば信州に負けない景観となるのだが。

Ji09

 気温がぐんぐん上がって、29度近くまで上がったようだ。こうなると田圃の冷却効果も期待できない。日陰のない河川敷の走行が厳しいものとなってきた。

Ji10

 行きと帰りでコースを変えればバリエーションも出るのだが、登を避けるとこんなコースになってしまった。帰路の宮古橋の所で日陰を見つけて一休みしていたら、自転車乗りに声をかけられた、後ろ姿を見たらフロントバッグを付けたランドナースタイルである。宮古橋を渡り道の駅の駐車場に入っていったので、カーサイクリングで遠くから来たのであろう。久しぶりの絶滅危惧種との出会いであった。

 

2022年5月 5日 (木)

柳津のオフロード  5/5

 5月の連休の前半は天気が悪くて肌寒い天気であった。後半は良くなってきたのだが、結構人出が増えてきているようなので出控えていた。それでもどこか走っておこうと地図を眺めていたら柳津にダートらしい道を見つけた。連休最後の55日に車にe-バイクを積んで柳津へと向かった。

Ya01_20220505211801

 運動公園に車を置こうと思ったら、少年野球の大会で満車であった。仕方なく道の駅に置いたが連休最後のためか空いていた。

Ya02_20220505211801

 国道を少し走ってから細越・森林公園方面に入ると早速林道細越大野新田線の標識を見つけた。

Ya03_20220505211801

 このような祠があったりして、古くからの道のようであった。

Ya04_20220505211901

 新緑が良い時期を迎えている。山が23重に重なるところが奥会津らしい佇まいである。

Ya05_20220505211901

 森林公園を過ぎて調子よく走って行ったのだが、どこをどう間違えたのか林道大平山線になって小柳津方面に出てしまった。

Ya06_20220505211901

 予定したコースと逆回りになってしまったが、黒滝から大野への林道を走ることにした。橋を渡るのがその道なのだがソーラーパネル付きの監視カメラみたいなのが付けられていた。

Ya07_20220505211901

 道はすぐダートになった。しかもなかなかの悪路である。まあそのために極太タイヤのe-バイクに乗ってきているのだが。

Ya08_20220505212001

 轍はあるようなのだがあまり車が通っているようには見えない。せいぜい4駆の軽トラ辺りであろう。

Ya09_20220505212001

 それでも、大野の部落へと出ることが出来た。野生のようだが菜の花がきれいに咲いていた。紫の花も見受けられたがあさぎ大根であろうか。

Ya10_20220505212001

 トンネルを一つ越えて大野新田へと入った。思いの外広い道であった。

Ya11_20220505212001

 道が狭くなるとの標識があったが、荒れているとはいえ舗装の道で新緑の木々の中をぐんぐんと下っていった。これは最初に見つけた林道とは異なる農道のようであった。

Ya12_20220505212101

 細越に出ると雪を被った飯豊山がぐんと広がっていた。信州にも負けない景観である。

Ya13_20220505212101

 そのまま帰っても良かったのだが、もうひと頑張りと、森林公園に戻って早坂峠で柳津の町中に帰ろうと思った。森林公園のサイクリング道路なるものを走って行ったが、早坂峠は看板の向こうの藪の中であった。随分昔越えたときにはハイカーもいてなかなかの道だったのだが。

Ya14_20220505212101

 同じ所を帰るのも何だからと、柳津駅に回ってみた。郵便ポストの上にも赤べこがいた。

Ya15

   道の駅に戻ると、土手の上にべこタクシー(ベロタクシー)がいた。お客はあまりいないようであった。

Ya16

 ダート2本を予定したが1本だけと予定が外れたが、新緑が映えた楽しい山旅を味わうことが出来た。

 

2022年4月20日 (水)

会津桜紀行 4/19

 会津も丁度お花見の季節を迎えました。桜紀行と歌ってはみましたが,自転車でのお花見サイクリングです。前回のランの折に見つけていた高田の種蒔桜を訪ねてみようと思います。

 湯川沿い

Sa01_20220420164101

 桜は至る所に咲いています。家から1キロほどの湯川沿いにはしだれ桜があります。なかなか見事なのですが見物人はほとんどいません。お城など沢山の人出なのですが。

Sa02_20220420164101

 対岸の桜も見事です。前回来たときは3分咲きぐらいでしたが、満開になっています。

Sa03_20220420164101

 湯川はお城の外濠も兼ねてたので、石垣が残っていたりします。その上に咲いているのは八重桜のようです。右手の白い花は何でしょうか。川沿いに咲いていました。

 自転車道

Sa05_20220420164201

湯川を離れて南下して、六地蔵の辺りから自転車道に出ました。大川緑地の南口辺りに幼木ですが桜の木が沢山並んでいろいろの花を付けていました。

Sa06_20220420164201

 自転車道を馬越方面へ向かいます。対岸の本郷山にも桜の花を見ることが出来ます。それよりも河川敷の新緑が日に日に鮮やかになってきています。

 馬越から本郷・高田へ

 何時もの道で馬越から本郷へ、そして高田へと入ります。

Sa07_20220420164201

 福生の観音堂で、会津三十三観音の一つに数えられています。ここの門前の桜も見事です。

 種蒔桜

Sa08_20220420164301

 高田の町に入る入り口の馬ノ墓に種蒔き桜はあります。県道から農道を少し入った所の果樹畑の中にひときわ大きくそびえていました。

Sa09_20220420164301

 説明板にはベニヒガン桜で樹齢400年となっています。昔は薬師堂もあったそうな。年の割には元気な桜です。

Sa10_20220420164301

 手前に自転車を寝せて撮ってみました。道路から少し入るからか見物人はほとんどいませんでした。

 宮川千本桜

Sa11_20220420164401

 ちょっと走って高田の町中に入ります。宮川沿いの桜も有名なのですが、対岸の伊佐須美神社は人がいっぱいなのに川沿いにはほとんど人がいませんでした。風も強かったせいでしょうか。

 花春酒造のしだれ桜

Sa12_20220420164401

 田舎道を走って会津若松へと戻ってきました。神指にある花春酒造、ここのしだれ桜も結構育ってきました。

Sa13_20220420164401

 ここから会津大学の桜を見てと思っていたのですが、前半向かい風がきつくて大分疲れてきました。湯川沿いに走って帰ることにしました。総距離40キロちょっとでした。このくらいが丁度良い距離になってきてしまいました。

 

2022年4月 4日 (月)

サイクリングシーズンの到来 2022SMR 4/3

 春の遅い会津でも4月になると、サイクリングシーズンの到来です。近くの自転車屋さんのサンデー・モーニング・ライドも始まりです。コロナ禍が収まらないので恐る恐るの開催と相成りました。

Sm1_20220404105701

 花粉が飛びそうな天候だったのでどうしようかと迷ったのですが。ちょっと送れての合流となりました。何時ものコースで若松の南、馬越で一休みです。

Sm2_20220404105801

 そこから本郷へ、大きな除雪車がまだ置いてあります。今年はロータリー車も活躍したことでしょう。ここまでがなかなか辛かったです。私はE-バイクでの参加ですが、アシストが切れそうなスピードで走られると恩恵が受けられないのです。

Sm3_20220404105801

 何時もの様に、高田の伊佐須美神社で今年の交通安全を祈願しました。今年も無事に過ごせる様に。

Sm4_20220404105801

 ちょっと高台に上がって、まほろば街道を走ります。天気も良くて気持ちの良いライドが楽しめました。

Sm5_20220404105801

 ほとんどがロードバイクでの参加なのですが、店長さんはグラベルバイクなので、農道へ寄り道です。有名な米沢の桜ですが、昨年暮れに折れてしまい瀕死の状態でした。

Sm6

 古くからの道だった様で、昭和三十年代に作られた道標が立っていました。

Sm7

 囓ってしまいましたが、中田観音前のお店屋さんできんつばを買ってエネルギー補給です。朝ドラ式だと回転焼ですね。

Sm8

 半数ほどになってしまいましたが、ランチのため坂下へと向かいます。途中飯豊山が見事に見える所があったので、立ち止まりパチリと。

Sm9

 本当に暫くぶりのランチで、おなじみのさざんかラーメンを食しました。

 後は、道の駅会津に立ち寄って自転車道で帰路につきました。いつもと違って向かい風がきつくてきつくて参りました。花粉は思いの外少なかったようです。

2022年3月21日 (月)

寒かった!お彼岸の会津

 2013年から続けてきたお彼岸の会津ラン、今年は丁度10回目となる。しかし、今年のお彼岸は天気が悪くてこれぞという日がない。昨日も出ようとしたら、小雨がぱらつきだし、みぞれっぽくなってきてあきらめてしまった。

Oh01_20220321213801

 今日も朝方日が差したものの、曇ってきてしまった。それでも出かけようとしたら、前輪がパンクしていた。慌ててチューブ交換をした。この自転車前輪がナット止めだからスパナが必要であった。危ない危ない。

Oh02_20220321213901

 湯川沿いに西向きに走っていくと、向かい風が冷たい。湯川と大川の合流点辺り、道路には雪は無いが河原には残雪が残っていた。

Oh03_20220321213901

 自転車道を北へ向かうと小雨がぱらついてきた。防寒を兼ねて上下の雨具を着てきたからかまわず進。自転車道に新しい標識が出来ていた。熱塩28kmとあるがそんなに行くつもりは無い。

Oh04_20220321213901

 今回はポタに徹しようと、14インチのミニで来ている。15年ぐらい前のトレンクルでいろいろと改造してある。DAのクランク、リアメカはカプレオの9S、ブレーキはメーカー不明だがデュアルピポット等々・・久しぶりに乗ってみたが結構良い調子だ。

Oh05_20220321213901

 高速道路をくぐる手前にサギが沢山巣を作っているところがある。何組かが巣作りの最中の様だった。

Oh06_20220321214001

 風は冷たいままだが、晴れ間も見えてきた。正面に架かる宮古橋の袂に、目的地の道の駅あいづがある。

Oh07_20220321214001

 3連休でもあり車は結構混んでいたが、自転車は1台のみであった。まだシーズン前ということか。人混みを避け中には入らずに持参したおはぎをぱくついた。

Oh08_20220321214001

 帰り道は大川を渡って、対岸を帰ることにした。今度は追い風だから比較的楽だ。正面奥が磐梯山だがずっと雲の中だった。

Oh09_20220321214001

 蟹川橋を過ぎた所に、除雪車が戻っていていた。今年はもうお役御免なのかな。小径車と比べるとタイヤがデカいね。

Oh10_20220321214001

 正面の雪を被った山が、会津若松市の最高峰大戸岳である。今度は霰見たいなのがぱらついてきた。この辺で帰ることにしよう。

 今年のお彼岸ランは30キロほど、ちょっと物足りなかったかな。

 

2022年3月11日 (金)

春の陽気

 雪とか寒いとか、そのような話題ばかりだったのですが、いよいよ春らしい陽気に。予報では4月中旬の暖かさだとか。

Ai01_20220311222001

 出発は10時を過ぎてしまったが出かけることに。久しぶりにフロントバッグを付けたランドナーです。春の陽気というものの後方の梅の木の蕾は小っちゃい。

Ai02_20220311222001

 ひとまず何時もの様に南下して門田方面へ、回りの田圃は雪だらけですが、春らしい風景が。前方の国道121では防雪柵の取り外し工事が行われています。

Ai03_20220311222001

 天気はすこぶる良いのですが、雪に囲まれた中を走っているので、冷や冷やします。後方に小さく磐梯山が見えてきました。

Ai04_20220311222101

 会津若松・熱塩温泉自転車道線の標識が。いつもなら左折してこれに入るのですが、数日前の下見で雪が残っていたので、正面のちっちゃな建物「会津鉄道門田駅」を覗いてみます。

Ai05_20220311222101

 小さな駅舎の中にはこのような張り紙が。シクロツーリストのT氏向けでしょうか。

Ai06_20220311222101

 次に、ハンドルを南向けると心なしか風が冷たく感じます。ここは一の堰、地酒「会津娘」で有名な高橋庄作酒造店、冬の風物詩雪釣りもあるし軒下には杉玉が並びます。

Ai07_20220311222201

 門田の工場地帯の辺りで自転車道に上がってみます。日当たりの良いところは走れそうです。

Ai08_20220311222201

 大川の河原沿いに走ります。左手奥黄色い重機があって、黒く汚れているようなところ。会津若松市の雪捨て場です。早く溶ける様に重機でかき混ぜているのです。

Ai09_20220311222201

 日当たりの良いところは良いのですが、JR只見線の下を抜けるところはこのようで快適に走ることが出来ません。

Ai10_20220311222201

 蟹川橋袂の「会津浪漫輪道」の碑の前でランチとします。暫くぶりで火器持参です。インスタントラーメンですが、持参のお稲荷さんとともにパクパクズルズル・・。

Ai11

 更に北へと進み神指へ。雪の溶けた田圃で白鳥がお食事中でした。北帰行の準備でしょうが、空腹では帰れない、食べ過ぎて重くなっても帰れない・・と大変なことでしょう。

Ai12

 最後に、神指城跡の大ケヤキを見て帰路につくことにしましょう。

Ai13

 終始天気は良かったのですが、磐梯山はちょっと霞み気味。春霞かな?

Ai14

   市内に入る手前の踏切で、キンコンカンと止められてしまいました。めったに出会わない只見線です。運が良かったとしておきましょう。

Ai15

 さて、春らしい陽気ということで出かけたのに雪景色ばかりになってしまいました。お彼岸まで10日あまり、お彼岸ランはどうしましょうか。

 

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30