無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2019年5月 1日 (水)

令和初日の里山歩き

 令和初日の天候はあまり良くない予報だったのですが、曇りがちながら雨は降らないようだからと、里山歩きに誘われました。

Yu1

 東山の温泉街から長い階段を上っていきます。カタクリはもう終わってしまったようですが、イカリソウやヤマブキが咲いていました。

Yu2

 千と数百段かの石段を登ってやっと着いたのが、羽黒神社です。大変なところなので参拝客はまずありません。もっぱら運動部のトレーニングコースなのかも。

Yu3

 目指すはその上の奥の院、その付近には赤い花が・・・ユキツバキです。

Yu4

 羽黒山の山頂付近はユキツバキの群落になっています。残念ながら盛りを過ぎてしまっていました。何度か尋ねているのですが早かったり、遅かったりでなかなか最盛期には巡り会えないでいます。

Yu5

 山頂付近は藪になっていて大きな倒木がありました。倒木からなんとタラの芽が生えていました。まだ小さくて食べられるほどにはなっていませんでしたが。

Yu6

 余勢を駆って石山遊歩道を通って、背炙り山まで行ってきました。磐梯山は雲の中でしたが、手前の猪苗代湖は連休中なのに静かな佇まいを見せていました。

Yu7

 帰りは、石山遊歩道をとっとことっとこと下りてきました。上の方は何も無かったのですが、下の方にはイカリソウの群落をいくつも見ることが出来ました。

 10キロを越える全行程にさすがに疲れました。若かりし頃は何でもない山だったのですが。

 

2019年4月24日 (水)

里山開きの準備 4/22

 連休中の行事である青木山の里山開きの準備のため山登りをしてきました。

Jy1

 主なところに標識を付け、ルートに赤テープで目印を付けて行きます。

Jy2

 ちょっとした立ち寄り所にも標識を付けました。

Jy3

 急な坂道は、雨が降ると滑って危険なので階段を作りました。ちょっとのことですが随分歩きやすくなりました。

Jy4

 野の花はショウジョウバカマからカタクリへと移ってきています。一週間後はどうなっているかな。

Jy5

 集合場所の子どもの森の桜もほぼ満開でした。山開きまで持つでしょうか。心配なのは手前のトラクターで耕したような跡。イノシシの仕業です。会津にイノシシは居ないは、あっという間に昔の話になってしまいました。

 

 連休の天気は大丈夫かな。

2019年4月14日 (日)

吹矢山   4/13

 会津若松市の南、門田町と東山の境の稜線に吹矢山(819.8m)があります。よく行く里山青木山から連なる稜線上に有って一度は上ってみたいと思っていましたがいつも藪に阻まれて断念していました。十文字山とも呼ばれ、門田地区と東山の奥の集落をつなぐ古道と尾根伝いの道が交差しているところです。今回は、東山の奥の廃村大巣子からの道を辿ってみることにしました。

Fu1

 まだ雪が残っていて、林道の途中に車を置いて歩き始めました。以前に一度来ていたので入口はすぐ分かりました。このように立派な作業道が出来ています。

Fu3

 少雪だったとはいえ、倒木は各所に見られます。このように根こそぎ綺麗にひっくり返っている木もありました。

Fu4

 里山の特徴は、作業道の分岐が沢山あって迷いやすいことです。このように目印を付けながら進んでいきます。

Fu5

 亀石と呼ばれる長さ3m程の大石、峠越えの目印となっていたところです。以前に来た時はここで方向を失い迷ってしまい吹矢山登頂をあきらめ戻ってしまいました。今回は慎重にルートを探します。

Fu6

 藪に阻まれながらも、冬枯れで見通しが良いことを幸いに山頂方面を目指しました。ようやく山頂らしき所に着くことが出来ました。

 7時半から歩き始めて、車に戻ってきたのは4時半近く9時間にも及ぶ山歩きで、帰りはもうフラフラでした。車に乗って座ったらぐっと眠気が襲ってきました。この付近には他にも古道が沢山あるらしいのですが、いずれも手強い藪道となってしまっています。

 

2019年3月 6日 (水)

最後の雪あそび スノーシューで裏磐梯

Ur01
 めっきり春らしくなり、庭の梅の木もほころび始めました。まだ2個だけですが。


Ur02
 冬の間にやり残したことがありました。ワカンとかんじきは近くの里山で使ったのですが、今年はスノーシューの出番がありませんでした。


Ur03
 向かったのは裏磐梯のレンゲ沼です。沼はまだ一面の氷(雪)で磐梯山の噴火口もよく見えます。


Ur04
 猪苗代辺りにも雪が無くて、出遅れてしまったかなと心配しましたが、レンゲ沼探勝路にはまだまだ雪がたっぷりありました。


Ur05
 以前歩くスキーで良く来た中瀬沼です。磐梯山がよく見えるでしょう。いつもなら雪で覆われている沼も水面が現れていますね。


Ur06
 中瀬沼から流れ出る川も水量が増えて春を感じさせます。岸辺に点々と動物の足跡が付いています。何の足跡かな。


Ur07
 木に赤い花が咲いたように見えたのは、木の実でした。秋に実を付けたのでしょうが鳥に食べられもせずにいると言うことは、少雪で餌に不自由しなかったからかな。


Ur08
 乙女沼は雪で覆われていました。端の方には水がしみてきていましたから、上を歩くのは控えましたが。


Ur09
 木の橋の下に氷柱がさがっていたので、下りて写真を撮ってみました。


Ur10
 レンゲ沼が見えてきました。3キロほどのスノーシューウォーキングでした。やはりスノーシューは雪原歩行向きですね。

2019年2月17日 (日)

麓山神社 雪の里山歩き

 雪こそ少ないのですが、2月は天候が安定せずなかなか天気の良い日に巡り会いません。予報では曇りがちなのですが思い切って里山歩きに出かけました。

Ha1
 まず登り口の山の神様にご挨拶です。雪はこんなに少ないのですが社は吹き抜けで寒そうです。


Ha2
 明光寺林道に出ました。かなり雪が降ってきてしまいました。木々には雪が付いてなかなかの景観です。


Ha3
 いつもの青木山の登山道を上っていきます。ここからはちょっと急になり息が切れました。


Ha4
 ようやく鳥居のところまで来ました。この先がジグザグの道なのですが、去年は真っ直ぐ上っていまい神社を見失ってしまいました。要注意です。


Ha5
 雪が深くなったので、かんじきを履きました。日本式のかんじきを今年買ってみたのですが、軽くてなかなか快適です。雪質によっては雪が付いてしまうことがあるようですが。


Ha6
 小田の麓山神社に到着です。ここは、信仰がまだ続いていて社が新しくなっています。雪模様でかなり疲れたので今回はここでUターンです。山頂は天気の良い日にアタックすることにしましょう。


Ha7
 帰りは東山の院内に下りてみました。杉林の急な坂を下りたところに七面大天女があります。お堂の中は暗くて仏像は見えません。仏教の神様なのに鳥居があって神仏混合なのが日本らしくて良いのかもしれません。


Ha8
 最後に湯川に架かる吊り橋を渡ってスノーウォーキングを終えました。

2019年1月12日 (土)

雪の里山歩き 青木山

 この3連休は珍しく晴天が続きそう。恒例の雪の里山歩きを楽しもうといつもの青木山へと出かけました。

Yu1
 小田山を上り始めると、晴れ渡った会津盆地の向こうに飯豊山がくっきりと見えました。いつもながら飯豊山の雪は桁違いです。


Yu2
 昨日の予報では朝から晴だったのですが、今日になると曇りのち晴に変わっていました。そのせいかいつもよく見える磐梯山は雲の中でした。


Yu3
 小田山の山頂で一休みして、簡易アイゼンを付けました。小さな金具ですが効果はまあまああるようです。


Yu4
 いつもならこの先も踏み跡があるのですが、今回は無し。積雪量はたいしたことはなく、カモシカらしい足跡が点々と付いていました。


Yu5
 ヒメシャガの看板があるところまで来たら、こどもの森や明光寺林道を辿ってきた踏み跡がしっかり付いていました。これなら頂上まで行けそうです。


Yu6
 その先の峠と呼んでいるところでいつものようにワカンを付けました。


Yu7
 最後に急な上りがあったり、積雪量が多かったりで難儀するのです。今回は量は少ない物のふかふか雪が被っていて足を取られました。

Yu8
 無事723.3mの頂上に到着しました。三脚を忘れたので標識だけ撮って下山しました。

 帰り道で2人ほどの登山者とすれ違いました。家から往復10キロほどなのですが、雪道は疲れますね。

2018年12月 2日 (日)

初冬の青木山

 久しぶりに朝から良い天気になりました。快晴の空に飛行機雲が。すぐ近くの里山である青木山に登ってみることにしました。今年最後になるかな。
Ao1


 暖冬と言っても、紅葉はすっかり終わって、登山道には落ち葉が積もっていました。昨日まで雨だったせいか、滑って何度か足を取られました。
Ao2


 磐梯山もよく見えました。12月だというのにまだほんのり雪景色というところでしょうか。
Ao3


 会津盆地も晴れ渡ってよく見えました。その向こうは飯豊山です。この雪は桁違いですね。こちらはもう冬山の装いです。
Ao4


 今回は、ちょっと足をのばして妙見様まで行ってみました。道は笹藪で覆われているところもあってなかなか大変・・・行ってみたらなんと祠が傾いて屋根も落ちそうでした。来春にでも仲間を連れてきて直さなければなりませんね。
Ao5


 いつも一休みする見晴台は霜で真っ白けでした。これでは冷たくて腰を下ろす訳にもいきません。
Ao6


 その分、接写してみたら、面白い氷の粒を沢山見ることが出来ました。
Ao7


 次の訪問時には雪で覆われていることでしょう。

2018年11月 3日 (土)

紅葉狩りといも煮

 文化の日は地元里山の紅葉狩りの日です。
 10日ほど前に登山道の草刈を終えて、昨日は道標の補充確認をしてきました。
Mo1


 予報では晴天なのですが、盆地なので朝方どうしても霧が出てしまいちょっと寒い位でした。それでも30人ほどが集まり、山へと上っていきました。いつもなら一緒に登るのですが今回はそうはいきません。買い出しをして、かまどを作って、火を焚いて大鍋でぐつぐつ煮ていきます。湯気が出て見えませんが何を煮ているのでしょうか。
Mo2


 下山してくるタイミングを見計らって参加者に「いも煮」を振る舞いました。皆さん美味しい美味しいと食べていきましたが、山で食べれば何でも美味しいでですから。
Mo3


 最初の頃は大根も堅くて味も染みてなかったけれど、最後の鍋さらいの頃になると、なかなかの風味でしたよ。

2018年10月17日 (水)

雄子沢から雄国沼

 そろそろ紅葉のシーズンだし、雄国沼辺りの草紅葉もどうかなと思って、裏磐梯へと出かけました。いつものコースで雄子沢から雄国沼へと入るコースです。
Og01


 上り始めると立派なブナ林が続きます。アレッ!まだこんなに緑だ。
Og02


 1時間ほど登ると、ようやくちょっと色づいた木々が見え始めました。
Og03


 休憩小屋から沼の間でようやく色づいたもみじを見ることが出来ました。
Og04


 これは、黄色いもみじです。赤でなくてもなかなか綺麗でした。
Og05


 さて、沼の木道へ入ってみました。歩いているのはほんの数人で静かなものでした。
Og06


 木道の上にあったウンチです。あまり大きくないし何の糞かな。動物もちゃんと木道を歩いていると言うことでしょうか。
Og07


 雄国の湿原は草紅葉とではなく、背丈のある穂の付いた草が一面に生えていました。
Og08


 沼の周辺の山々の紅葉もまだ早いようです。遠くに見えるのは西吾妻辺りでしょうか。
Og09


 休憩小屋に戻ってお昼にしました。久しぶりにガスストーブでお湯を沸かしてクッキングです。インスタントの簡単なものしか作らないけどそれでも面倒。コンビニ調達の便にはかなわないね。
Og10


 帰り際に、日帰り温泉を探して一風呂浴びてきました。ちょっとぬるめの露天風呂でした。
Og11


 随分気温が下がって寒々しい天気となりましたが、紅葉最盛期にはもうちょっと掛かりそうです。年々遅くなってきているような気がします。

2018年9月24日 (月)

会津磐梯山は  9/23

 磐梯山は、南側の表磐梯は綺麗でなだらかな形をしているのですが、北側の裏磐梯は噴火口の跡も荒々しく険しい山容をしています。会津磐梯山と盆踊りにも歌われる名峰なのですが、10年、20年と遡ってみても登った記憶がないのです。子供が中学生の時の登山行事の時辺りかな?・・・・
 それではと、久しぶりに登ってみることにしました。お彼岸の3連休の中日の23日が好天の予報です。早出の予定が朝方霧が掛かっていたこともあり、1時間ほど出発を遅らせました。7時半頃には登り口の八方台に着いたのですが、駐車場はすでに満車で500mほど下の臨時駐車場からのスタートになってしまいました。


Ba01
 登山口は数々あるのですが、八方台からが高低差も少ないお手軽コースになっているのです。登山口を過ぎるとブナ林に囲まれた静かな道に、山の神様が奉られていました。


Ba02
 中ノ湯という旅館があった所です。廃業してしまって久しいようでほぼ骨組みだけが残っているような状態でした。温泉はまだ湧いているとのことなのですが。


Ba03
 緩やかな道をだらだらと歩いて行ったという記憶があったのですが、何と石だらけの道で登りも結構厳しくて、景色の良いところがあると休みを兼ねて立ち止まってしまいました。天気は当たりで、檜原湖やその向こうの西吾妻山辺りまでよく見えました。


Ba04
 その内に人が多くて行列登山のようになってきました。狭い山道なので行き違いも大変で、何せ立ち止まって休むこともままならず、早く着かないか早く着かないかと待ち望んだ弘法清水にやっと到着した時には、清水の水を何倍も飲んでしまいました。本当の上りはここからというのに、かなりへばってしまい景色の良いところに腰を下ろしてパンを食べたりして一休みしました。


Ba05
 さて、山頂までの本格的な上りが始まるとこれまた大変、足がなかなか上がらず、これが最後もう来ないぞと思うほどでした。この辺りから木々がちょっとずつ色づき初めて、赤い小さな実が沢山なっていて見事でした。


Ba06
 裏側は噴火口もチラリと見えて、小野川湖・秋元湖などもよく見える絶景でしたが。


Ba07
 表側は、中腹に雲がかかって黄色の田園とその向こうの猪苗代湖が隠れてしまってちょっと残念でした。


Ba08
 頂上は人がいっぱいでしたが、山頂の祠の前で写真を撮ってもらいました。


Ba09
 西側の景観ですが、猫魔辺りのスキー場は多すぎでしょうね。喜多方方面の盆地には黄色に実った稲穂が見えたのですが、飯豊山方面は雲の中でした。


Ba10
 帰路は最初こそ、そこそこ元気だったのですが、最後の2キロ当たりから膝に来て苦しい行程になってしまいました。中ノ湯の所の道端の水たまりからブクブクと泡が出ていました。水温は暑くないのですが硫黄臭が漂っていました。吾妻山ほどではないが火山は活きていると言うことでしょう。

 最初の磐梯登山は翁島の押立から登って、裏磐梯に下りたのが小学生の時でした。今回は、八方台からの往復のお手軽コースだったはずなのに、今日は筋肉痛に悩まされています。年は取りたくないものですね。

より以前の記事一覧