2020年10月19日 (月)

紅葉シーズンを前に山道の整備

 高い山は紅葉が盛りのようです。あと半月もすれば会津盆地にも紅葉が降りてきそうです。紅葉シーズンを前にいつもの里山の様子を見に行ってきましょう。

Te1

 いつもの子どもの森に集合です。やっと色づきはじめという所でしょうか。子ども連れの家族が数十組集まって芋煮でもやるようです。

Te2

 天気が良くなるという予報なのですが、この時期特有に朝から霧が出てなかなか晴れてくれません。夏の間の生い茂ってきていた草をチョンチョンと切りながら進みます。

Te3

 いつもなら青木山までなのですが、その先の縦走路をちょっと整備しておきましょう。

Te4

 妙見様には、大きなキノコが生えていました。傘が反っくり返って水がたまっています。もちろん食べられないキノコです。

Te5

 今年は道も整備したので、倒れかけた祠もまっすぐになり、お供え物もありました。

Te6

 その先の茅の原は、夏に刈り払ったのですがもう自然に帰ろうとしています。ここはちょっと丹念にチョンチョンと切っておきます。

Te7

 展望台まで来ました。昼近くなってきたので一休みして早お昼とします。

Te8

   色づきはまだまだですが、下には東山ダムが見えます。そこの降りていくのが十八曲がりです。正面奥の平らな山が布引山で、写真では分かりにくいですが風車が沢山立っていて回っているのが見えました。

Te9

 90度ほど眺めを変えると、雲間から頂を出しているのが磐梯山です。そのすぐ横のアンテナが立つ嶺は背あぶり山です。写真では距離感が無く見えますね。

 晴れる予報だったのに太陽は顔を出さないままでした。吹矢山まではまだまだ先なのですが体力的にはこの辺りが限界なので戻ることにしましょう。吹矢山までの縦走は無理な年になってしまいました。

2020年10月 3日 (土)

不動滝 2題 10/2

 会津には不動滝と呼ばれる名所がいくつかあるのですが、その中でも特に著名なのに行ったことが無いというのがあって、季候も良くなってきたので出かけてみることにしました。

小野川不動滝

 裏磐梯の小野川湖のほとりにある不動滝です。グランデコに向かう道を入って小野川湖を過ぎて左手に入った所に駐車場があります。道が狭いので対向車があったらと冷や冷やします。休日は大変でしょうね。もう少し上にも第二駐車場が出来たらしいです。

Hu01

 入り口には朽ち果てた鳥居が立っていて、熊注意の看板も。もちろん熊鈴はちゃんと用意してきました。

Hu02

 石の灯籠が二つ立っている所から石段になります。かなりの段数です。いわゆる不動様への参道です。

Hu03

 石段を登り切ると平らな遊歩道になります。先に古ぼけた社が見えてきました。不動明王が奉られていたのでしょうが、中はほぼ空でもう信仰は途絶えてしまっているのかもしれません。

Hu04

 川には立派な橋が架かっていて、見事な不動滝を見ることが出来ました。冬景色も見事だというのですが、駐車場が閉鎖されてしまうのが難点です。

Hu05

 帰りは、石段を通らずに遊歩道を歩いて駐車場に戻りました。小野川湖遊歩道など他にも歩くところはありそうです。

達沢不動滝

 小野川不動滝は1時間ほどで切り上げて、次は猪苗代町沼尻の近くにある達沢不動滝に車を走らせます。達沢の部落を過ぎると地道になりやはりちょっと狭い道を走らせられます。

Hu06

 ここは名所になっていてそこそこ観光客が来ているようです。ストックにザック姿で行ったのですが、タウンスタイルでOKでした。

Hu07

 道は達沢川沿いの平坦な道で気持ちは良いのですが、トレッキングで行くほどのことは無いようです。

Hu08

 あっという間に不動様に着いてしまいました。鳥居があって、右の建物はお休みどころのようで、滝の前に不動明王がいかめしい格好で立っていました。刀がいっぱい置いてありお酒も沢山備えられていて、こちらは信仰も継続中のようでした。

Hu09

 滝は二つあって、正面の大きいのが雄滝で水量もありました。小野川より小さめですが。

Hu10

 左側の滝は雌滝でこちらは水量がほとんどありませんでした。春先なら雪解け水でザーザーなのかもしれません。

 歩く距離はほとんど無くて、物足りない感じです。冬ならもっと下から歩いてとなるのですが、やはり駐車場が問題ですね。

2020年8月26日 (水)

裏磐梯 五色沼へ 8/25

 毎日暑い日が続いています。「危険な暑さです!」の報道に、自粛を決め込んでしたのですが、8月も末となりそろそろ動き始めることにしました。最初は手軽でしかも涼しいところと裏磐梯を選んでみました。会津若松は連日30度を超す暑さですが、裏磐梯は涼しかろう25度以下は間違いないだろうと思ったのです。

Ur1_20200826115301

 着いてみると、若松と1・2度違うだけで涼しくありません。しかも入り口には熊注意の看板の前に、ソーシャルディスタンスの標示が、まあ、歩く人はパラパラで疎の世界でしたが・・・

Ur2_20200826115301

 涼しくないと言っても、遊歩道は木の葉のトンネルで日差しをしっかり防いでくれて助かりました。

Ur3_20200826115301

 その分、湖沼はよく見えないのです。やはり見通しの良い、冬とか秋がおすすめですね。

Ur4_20200826115301

 五色沼の駐車場からゆっくり歩いて1時間15分ぐらいで、檜原湖へと出ることが出来ました。帰りはいつもなら遊歩道を往復するのですが、自動車道を通ってみました。30分ちょっとかな、歩いて楽しいみちではありませんでしたが。

 往路の車の中から見ると、道端を歩く小動物が、タヌキ?ネコ?追い越すとき見たらサルでした。途中あった猿注意の看板には、「目を合わさない」とありました。野生動物に会ったときは目を離さずににらみ返すことと思っていましたが、猿は「ガン付けたな」とやられてしまうとは、やはり人間に一番近いと言うことか。

2020年6月28日 (日)

18曲がり から 雌沼へ

 若松市内から東へ、東山温泉街を抜けると東山ダムがあります。このダムに沈んだ川渓という所がありました。そこの生活の糧(林業)が吹矢山でした。そこではかつての生活道路が埋もれてしまっています。

 

Me1

 5月にも通った18曲がりの道を上ります。急な斜面に付けた道なのでくねくねと18曲がっているというのですが、数えられないほど曲がっていました。

 

Me2

 梅雨時に入ると草木が一気に生い茂り道を阻むことになります。元気な仲間がいて、剪定ばさみでチョンチョンとやりながら進みます。見習わなくてはなりませんね。

 

Me3

 ブナの幹に縦にいくつもの傷が、ブナの実を食べに来た熊がツーッと滑ったのでは。大きな糞も路上にありました。

 

Me4

 尾根道に出るまでに2時間ちょっと掛かってしまいました。なかなか大変な道です。

 

Me5

 前回も来た、学校林の碑です。これは、山の反対側の門田地区の学校のもので、海軍大将が書いた文字のようです。ここから、青木山へは一歩き、吹矢山へは二歩きのはずだったのですが、

 

Me6 

 藪漕ぎ藪漕ぎで、道無き道を進むことになってしまいました。目指したのは山の中の神秘的な沼の雌沼です。もう一つ雄沼もあったのですがほぼ干上がって山の動物たちの泥浴び場となっていました。

 

Me7

 この沼まで無理していったのは、モリアオガエルの産卵時期だからです。このように沢山の卵塊がぶら下がっていました。冬の少雪の渇水の影響はあまりないようでした。

 

 朝7時にスタートしたのに、沼でお昼になってしまいました。帰り道は来た時付けた目印を頼りにわっせわっせと峠越えです。行きは良い良い帰りは怖いで、かなりくたびれてしまいました。

 

 

 

 

2020年5月 3日 (日)

吹矢山道普請

 会津若松の東南に位置する吹矢山は(819.8m)は、以前東山地区と門田地区を結ぶ交通の要所で十文字山とも呼ばれ、峠道や作業道が交差していたのだが、今はほぼ藪の中に没している。

 昨年は東山の奥の廃村大巣子から亀石を経由し何とか山頂まで到達することが出来たがなかなかハードな道だった。その後、東山ダムの山王神社のところから直登を試みたが藪に阻まれ断念していた。

 その時の山仲間から、ダムサイトからの別の道を切り開いて、山頂までもう少しの所まで到達していると誘われたので、同行してみることにした。

 

Fu01

 ダム湖が出来て昔の部落は沈んでしまっていますから、道は橋の所から下に一度降りてから登り始めます。

 

Fu02

  急な斜面をジグザグに登っていきます。昔、十八曲がりと呼ばれていた道かもしれません。

 

Fu03

 このあたりは何度か刈り払いに来ているようで、赤布の目印もあって踏み跡もはっきりしています。

 

Fu04

 尾根筋に出て二手に分かれました。青木山方面に二人、我々は吹矢山方面に向かいました。すぐに道ばたに大きな石碑が、「門田中の学校林の跡地」です。山沿いの中学校はこのように学校林を持っていて山仕事の学習をしていたのでしょう。今の子供たちはこのような学校林があったことも知らないのです。

 

Fu05

 最初はこのようななだらかな尾根筋の道でした。

 

Fu06

 山頂が近づいてきて一つ手前の山を巻くあたりから道が険しくなってきました。昔は生活道だったからでしょうが、斜面に杭を打って丸太を渡して整備していたようですが、ほとんど崩れてしまっています。

 

Fu07

 藪を刈り払いながら進みます。

 

Fu08

 このあたりは、大きな木が根こそぎ倒れていて、道を寸断していました。

 

Fu09

 だいぶ山頂が近づいてきました。踏み跡を見失わないように笹藪を刈り込みながら進んだのですが。

 

Fu10

 時折道を見失ってしまいました。藪漕ぎをしながら山頂を目指します。

 

 朝、7時発と頑張ったので、昼少し前には吹矢山の山頂に着くことができました。この日は夏日が予想される暑い日で、水は十分にと持って行ったのですが、帰り道もなかなか大変で完全にくたびれてしまいました。関東付近ならハイカーで賑わいそうな良いコースだと思うのですが。

 

 

 

 

 

2020年4月 8日 (水)

里山の春

 新型コロナにより明るいニュースがありません。天気が良いので近くの里山を散歩してきました。

 

Sa1

 いつものように、路傍の山の神様にご挨拶です。

 

Sa2

 雪が無かったせいか花の咲きも早いようです。ショウジョウバカマが咲いていました。

 

Sa3

 麓山神社の鳥居です。重い鳥居をどうやってここまで持ってきたのかな。信仰の力でしょうか。

 

Sa4

 晴れてはいても春霞でしょうか。遠景がはっきりしません。左の遠くが磐梯山、中景のアンテナがある山が背あぶり山です。

 

Sa5

 会津盆地、その向こうの雪をいただく山々が飯豊連峰です。

 

Sa6

 カタクリも咲いていました。まだ数輪で盛りはまだまだこれからでしょう。

 

Sa7

 カタクリの近くにあるのがイチリンソウです。どういうわけかカタクリの近くには必ずありますね。

 

 これから、山々は良い季節を迎えるのですが、山開き等のイベントはほぼ中止のようです。早く終熄に向かうと良いですね。

 

 

 

 

2020年2月21日 (金)

裏磐梯 雪遊び(スノーシュー)

 毎冬、裏磐梯に行って雪遊びをしている。MTBやシクロクロスのタイヤで遊んだり、スノーシューで雪原を歩いたりと。今年はとんでもない少雪で、会津若松では雪遊びもできなかった。2月も終わりに近づいてきたので天気の良い日を見計らって裏磐梯へと向かった。

 

Ur1

 とにかく少雪、猪苗代でも雪は無い、裏磐梯に上がっていっても道路には雪は無い。いつもの国民休暇村向かいのレンゲ沼の駐車場に車をおいた。さすがに雪があるようには見えるが、レンゲ沼の上は危険で立ち入り禁止になっていた。

 

Ur2

 持ってきたのはスノーシュー、1年に一度くらいは使わないとね。でも、朝方冷えたから堅雪になっていてスノーシューが邪魔になるくらいだ。

 

Ur3

 いつものように中瀬沼へと向かった。快晴のはずなのに、ちょっと雲が厚くて山頂にかかってしまっていた。下の中瀬沼も水面が見える。いつもならすっかり雪の中なのに。

 

Ur4

 展望の良い東屋でランチとする。インスタントの雑炊にコーヒーだ。誰もいないからと店開きしたら結構人が集まってきてしまった。

 

Ur5

 午後は気温も上がって、雪も裂けてきた。2㎞ちょっとのコースだから少し物足りない。次は不動滝あたりかな。

 

 

 

 

2020年2月 3日 (月)

冬の青木山 2/2

 毎冬、近くの里山である青木山に、カンジキやスノーシューをはいて登っています。暖冬の今年は雪はどうでしょうか。念のためザックにカンジキを入れて登ってみることにしました。

 

Ao1_20200203223001

 晴天の日を選んで子供の森から登り始めます。ここは、スキー場にもなっているのですが、全く雪はありません。

 

Ao2_20200203223001

 キャンプもできるのです。寂しいところで夏場でもキャンプする人はほとんどいないのですが、何と他県ナンバーの車が止まっていてテントが張ってありました。ストーブを焚いていたから寒くなかったとのこと・・・

 

Ao3_20200203223001

 ヒメシャガの看板のあるところまで登りましたが、雪はありません。

 

Ao4_20200203223001

 中腹を過ぎる頃から、路面に雪が出てきました。でも、歩きにくいほどではありません。晴れたせいか気温が低くて、木の枝には霧氷が付いていて、風でバラバラと音を立てて落ちてきました。

 

Ao5_20200203223001

  枝をよく見てみると風上に向かって氷が伸びています。

 

Ao6_20200203223001 

 見晴台からの会津盆地、下界には雪は全くありません。

 

Ao7_20200203223001

 谷を隔てた背あぶり山方面も雪は少ないようです。

 

Ao8

 723.3mの山頂の碑、ほとんど隠れていません。もちろんカンジキは不要でした。以前来たときには、これが雪ですっぽり埋まっていたこともあったのですが。

 

 雪が無くて楽ちんだった・・・かというとそんなことは無くて、とにかく疲れた疲れた。トレーニングしなくては、でももう年だしね。

 

 

2020年1月 8日 (水)

観音沼森林公園スノーウオーク  1/7

 今までは、冬のウオーキングとしては裏磐梯か近くの里山が主だったのですが、南会津の方へも行ってみることにしました。

Ka1_20200108204001

 自転車で松川街道を走りに行ったとき立ち寄った観音沼です。今年は雪が少ないとはいっても、標高が高いので路面には雪があって、車の運転には気を遣いました。装備は長靴にかんじきを持って行ったのですが、かんじきの出番はありませんでした。

 

Ka2_20200108204001

 さすがに気温が低くて雪はサラサラ、そして沼は完全に氷結していました。

 

Ka3_20200108204001

  観音沼というだけあって、立派な観音堂がありました。

 

Ka4_20200108204001

 雷神社があるという案内板を見て上ってみたら、こんなに小さな祠でした。私としてはこのような方が好みなのですが。

 

Ka5_20200108204101

 さて松川街道の入り口をのぞいてみたら、結構雪が少なくて自転車でも走れそうじゃないですか。

 

Ka6_20200108204101

 今回はそのちょっと先の三倉山湿原なるものを歩いてみました。雪だらけで何も無いのですが、木道ができていて春には水芭蕉などが楽しめるようです。

 

Ka7_20200108204101

 木道の上にウサギの足跡が転々と付いていました。動物も自然保護に協力して木道を歩いているのかな。

 

 さて、このぐらいの雪なら松川街道を自転車で走ろうという計画もあるようですが・・・

 

 

 

 

2019年12月 9日 (月)

今年最後の里山歩き

Ao1_20191209184401

  このところ天気が悪くて寒い日が続いていたのですが、高気圧が張り出してきて朝から晴天の一日となりました。

Ao2_20191209184401

さて、久しぶりに里山の青木山に登ってみることにしました。晴れたのですが、さすがに朝は寒くて子どもの森の池には薄氷が、登山道は霜で白くなっていました。

Ao3_20191209184401

登るにつれて雪が見られるようになりましたが、踏み跡は溶けてはっきりしていました。

Ao4_20191209184401

会津盆地にはまだ雪が見られません。その向こうの飯豊山だけはもう完全な冬山です。

Ao5_20191209184401

頂上付近の展望広場です。ちょっとは雪がありますね。正面のうっすら雪を被った山は背炙り山です。左側にチラリと見えるのが磐梯山です。まだ初冬の装いです。

Ao6_20191209184401

頂上はこんな様子です。まだ水準点も頭を出しています。次に来るときにはどのくらい雪が積もっているでしょうか。

 

家から頂上まで丁度2時間ぐらいです。この程度のハイキングでも結構疲れるようになってしまいました。スノーシューやかんじきを履いての冬の山歩きは年々厳しくなってきましたね。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31