無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2019年3月14日 (木)

アイズラリー番外編

 3/11


Ki01
 1日かけて真っ直ぐ家まで帰ったのでは、あまりに味気ないからと、YHを出て車で周山街道をウッディ京北に向かった。道の駅に車を置いて国道477を走り始めた。この日も雨で昨日の雨支度のままであった。紅梅が綺麗に咲いていたのでまずパチリと。会津よりは遥かに早いね。


Ki02
 国道477は、交通量も少ない静かな道であった。以前来た時に泊まった小塩を経て、花脊峠に向かう道である。


Ki03
 常照皇寺のところから県道61に入った。道はぐっとローカルになってきた。


Ki04
 結構きつい上りだったが井戸峠には地蔵様が安置されていた。旧道もあって遊歩道になっているようで天気が良ければ辿ってみたかった。


Ki05
 峠を下りて国道に出るところに、熊野神社御旅所というのがあった。まあ神様で無くとも一休みしていくことにした。


Ki06
 国道をちょっと走ってから、県道366に入った。番号からしても杉林が連なりぐっとローカルさを増す道であったが、井戸峠と比べるとそこそこの交通量であった。


Ki07
 峠は狭間峠と言った。狭間という程狭くは無いし、井戸峠と比べると遥かに楽な峠越えであった。番号は大きいが楽だから地元の車が通るということか。


 車の戻って、国道162で小浜に出て更に北上して石川県のホテルに宿をとった。

3/12
 石川県に泊まったのは、ツーリングで泊まったことが無い県だったことと、海沿いに自転車道があってちょっと走ってみたかったからだ。


Ki08
 サイクリングターミナルもある松任公園をスタートにした。時折晴れ間も覗くが曇りがちで、雨がぱらついたりと落ち着かない天気だった。


Ki09
 サイクリングロードは、このように砂浜のすぐそばにあった。砂浜にはプラスチック系のゴミが沢山あって、人間が如何に自然を脅かしているのかと痛切に感じた。


Ki10
 太平洋岸もそうであるが、このような海沿いの道は砂に覆われてすぐに走れなくなってしまう。早々に引き上げることに下が、せっかくの自転車道、なんとかならないものか。


 往きの車移動時だけが晴天で、後は雨にたたられてしまった。距離は少なかったがいろいろなところが走れて楽しかった。帰ったら、寒くなってまた雪、汚れた自転車の洗車もままならない状況である。

アイズラリー

3/9
 京都の自転車屋さんグランボアでアイズラリーがあるという。普通なら輪行で行くところだが、今回は車で行ってみることにした。距離は600キロ以上あって、車でこんなに走るのは北海道行き以来かな。まあ自転車でも600km位走る催しがあるくらいだから長い距離とは言えないかも。

3/10


Ai01_2
 泊まりはグランボアのすぐ近くの宇多野YHに前泊後泊とした。ここは2度目の利用だが、大きなYHで外人さんが多くてそこそこ混んでいるようだ。


Ai02
 9時ちょっと前にはグランボア到着、雨模様で開催が危ぶまれたりして、キャンセルがあったりしたようだが、かなり多くの参加者が集まっていた。さすが関西の中心地クラシカルなスタイルが多いね。


Ai03
 走り始めは道が分からないから皆に付いていった。京都らしいところもあったけど、皆さん早いので写真も撮らずにやっと付いていった。鴨川沿いに出た所で一休み。


Ai04
 この先の県道61は分かりやすいので、写真を撮ったりして一人旅となった。北山と言えば北山杉。その貯木場があったのでいつものようにパチリと・・


Ai05
 20数年前、ランドナーオフで初めて北山を走った時にその美林に驚いたものだった。今回再訪してみると荒れ果てているところも多かった。このように倒木が放置されたままの所もあった。台風等が来ると倒木で通行止めとなるところも多いようであった。林業がもてはやされた時代が終わって、里山が荒れてきているのは日本中どこでも同じなのかなと感じた。


Ai06
 このように道端で巨木に育っているところもあって、時折足を止めるなどした。


Ai07
 雲ヶ畑辺りの有名な高雲寺前。この辺りから予報通りというか、予報より早くというかポツリポツリと雨粒が当たるようになってきた。


Ai08
 県道107に入り、とんでもない急坂を押し上げたところが、持越峠であった。ここがチェックポイントになっており、コーヒーやケーキが振る舞われていた。雨がちょっと強くなってきて、ポンチョを着たりして早々に出発する人たちが多かった。


Ai09
 私も雨具の上下を着て、バッグにも雨カバーをした。グランボアのC君が店に戻るというので着いていくことにした。途中鬱蒼とした杉林の所も通ったが、カメラはバッグに仕舞い、写真を撮ったのは京見峠くらいで下りに下った。


Ai10
 21%なんて下り坂もあって慌てたが、赤シューにしてからは雨天時のブレーキもよく効くようになったようだ。写真はブルベも走るというC君の自転車、極太のタイヤを使うところなどがアメリカンスタイルかな。


 昼少し過ぎに戻ってきたが、食事をしてきたりと皆自由な行程で、全員が戻ってきたのは3時頃であった。その後6月に催されるJBTの話を聞くなどして、宿に戻ったのは5時過ぎであった。

2015年10月26日 (月)

全国サイクリングクラブラリー in 福井 Ⅳ

10/19 大野→温見峠→樽見→岐阜羽島=会津若松
全国CCRが福井でと知ったとき、まず頭に浮かんだのが温見峠越えでした。この峠は国道157の峠ですが、豪雪地帯で半年が雪の中で、それ以外にも通行止めがほとんどという難所です。最初は樽見から温見峠越えで大野に入り、永平寺経由で福井市へと考えて調べたら峠は通行止めとの事でした。直前になって前半のコースがほぼ本決まりになってから、念のためネットで調べたら、福井側に工事個所が一個所あるだけで通行可能とのこと。それではとこの難コースを最終日に持ってきたのでした。
前日は早寝してまだ暗いうちから起き出しました。大野から峠越えで樽見まで70キロ、帰りの便を良くするため岐阜羽島まで更に40キロ走って新幹線に乗ってこの日のうちに家まで帰らんがためです。
Nu01


樽見までは商店らしきものはないので、コンビニでおにぎりや補給食を買い込みました。出発前にコーヒーを飲みながら心を落ち着けるうちに明るくなってきました。
Nu02


振り返ると蕎麦畑の向こうに大野市街が見え、山城もかすかに見えたのですが写真には無理でした。
Nu03


前方はこれから向かう山々です。山が幾重にも重なり不安が増してきました。
Nu04


真野川に沿って道はじわりじわりと上り始めました。
Nu05


徐々に上りと思っていたのに急坂が続きかなりきつくなってきました。真野ダムへの上りでした。大きなダムの下に噴水が、多分ダム湖の水圧を利用しているのでしょう。
Nu06


ダムサイトに出たら山の陰から日が差してきました。ダム湖は摩耶姫湖といって生け贄になった娘にちなんで名付けられたらしいのです。近代的な人工高なのに。
Nu07


湖沿いの道はほぼ平坦で距離が稼げました。湖水端の山々には雲がかかり幻想的な佇まいでした。
Nu08


摩耶姫湖の外れの中島という所には、青少年旅行村があり芝生のキャンプ場が整えられていた。
Nu09


ここまで大野市から21キロ、これから本格的な峠道の上りが更に20キロ続くことになる。
Nu10


福井側は整備されているとは聞いてきたが、道は思いの外広かった。振り返ると山がV字に切れ込み山深くなってきたことが窺えた。
Nu11


川幅も広く道幅も広いが、出会う車の数はぐっと減った。
Nu12


いよいよ道幅が狭まってきた。地名は熊河とかいてkumanokoと表示してあった。
Nu13


小さな峠をひとつ越えて河が折れ曲がってきた。この辺りからが、峠名の由来の温見の部落後ではないだろうか。
Nu14


道がいよいよ険しくなってきた。正面のV字の切れ込みがいかにも峠らしいのだが、随分と遠くてかなり上らなければならない。
Nu16


急坂の後、平坦で沢を渡ると、また急坂で沢越えと続き、とても乗れず押しが多くなった。振り返ると山々が幾十にも重なっていた。
Nu17


峠下のつづら折れは傾斜も緩み疲れた身体にむち打ち何とか乗ってのぼることができた。最後の直線の向こうが温見峠であった。
Nu18


峠からは登山道があるらしく数台の車が駐車してあった。岐阜側の景観はまた福井側とは違った山深さだった。
Nu19


岐阜側はすごいと聞いていた。ひとつは「洗い越し」と呼ばれる道路を横切る沢水。これが何カ所もあった。
Nu20


道はかなり狭く悪いと聞いていたが、自転車には上の範囲であった。
Nu21


熊出没の看板も足跡だけであった。まあ、熊そのものを見ることはまず無いのだけれど。
Nu22


黒津を過ぎてから上り返しがあって、谷がぐっと遠ざかり岩肌に刻まれたクネクネとした道は、なかなかスリリングであった。この部分がかなりの難所のようだった。そこにあった祠の中の像はマリア観音ではないかと思われた。
Nu23


樽見の駅で一息ついた。ここへは樽見鉄道が来ており大垣へ出ることが出来る。
Nu24


下りだからと岐阜羽島まで走ったがただ走るだけの辛い行程であった。無理をせずに樽見から輪行すれば良かった。
Nu25


走り終えてからの輪行袋は、いつもの事だがぐっと重さが増す。ひかり、やまびこと乗り継いだ新幹線の座席では居眠りが出て自分のいびきで目が覚めたりした。

2015年10月23日 (金)

全国サイクリングクラブラリー in 福井 Ⅲ

10/18 すかっとランド九頭竜→福井→永平寺→勝山→大野(泊)
朝の集合写真撮影の前に、出発の準備が始まる。自転車は各クラブ事に置かれているが、100台以上の自転車があって、ガード無しは1割にも満たない集まりはこれだけでしょう。
Ei01


ウエハラのクラブモデルと並ぶSWのクラブモデル、黒く大きい革製のサドルバッグは迫力がある。これだけのバッグを付けるとリアにはかなりの補強が必要らしい。
Ei02


集合写真撮影の後、三々五々と出発していく。我々も一路福井市を目指した。70年代のツーリング車ブームを彷彿とさせる風景だ。
Ei03


共に走っていたいくつかのグループは目的地が違うのか散り散りになっていった。また二人旅が始まった。福井市内で迷ったり、近道と思っていたトンネルが自動車専用だったりして、かなりの時間を要してしまった。
Ei04


永平寺への上り道の途中で廃線跡が遊歩道になっているのを見つけた。所々にバリケードがあったが走らせてもらった。なかなか楽しい道であった。
Ei05


自転車で来ると観光地は素通りしたくなる。せっかくの永平寺だからと駆け足で見学(参拝ですね)してきた。
Ei06


昼を回ったので、ランチタイムに。おろし蕎麦に名物のごま豆腐を付けてもらった。
Ei07


帰り道は廃線跡を永平寺駅まで走らせてもらった。車の来ない道は本当に気持ちが良い。
Ei08


勝山までは九頭竜川沿いの緩い上り道のはずが、やけに快調に足が回った。止まってみると強い追い風に助けてもらっている事が分かった。途中三重のT氏が合流するなどして到着した勝山駅は恐竜の町であった。大野まではあと僅かと、駅舎内の喫茶室でおいしいコーヒーを堪能したりした。
Ei09


日も傾いてきたので、勝山の名所の奈良より大きい大仏、五重塔、勝山城は遠望で駆け抜けた。
Ei10


大野城はすばらしいと聞いていたので是非寄ってみたかったが、驚くべき高台で夕闇も迫っておりこれも遠景で我慢することになった。
Ei11


今回一緒に走ってきたI氏とは同じ大野市だが別の宿を取ることになっており、大野駅でお別れとなった。
Ei12


別に仲違いしたのではなく、翌日から二人は別コースで、翌朝早出したかった私は、市内唯一のビジネスホテルに宿を取ったためです。

2015年10月22日 (木)

全国サイクリングクラブラリー in 福井 Ⅱ

10/17 糠→越前岬→柳原→すかっとランド九頭竜(全国CCR)
宿の前は小さな港になっていて、朝早くから小舟が出入りしたり、定置網が引き上げられたりしていた。ご相伴に預かろうと、カモメやトビが飛び回っていた。
Is01


赤いウエハラのクラブモデルに革製の重厚なサドルバッグ、奈良の超ベテランサイクリストのI氏が今回の同行者である。I氏には宿の手配や全国CCRの申し込みまで全てお世話になった。
Is02


この日も海岸沿いを走った。とにかく海が綺麗だ。山育ちだから飽きないのだ。
Is03


今回の旅の天気は当たりで、4日間とも晴天の予報だ。青い海、岩に砕ける波がすがすがしい。
Is04


道は海すれすれに作られていた。小さな岬があると、回り道をせずにトンネルで抜けてしまっていた。
Is05


フロントバッグとサドルバッグどちらが良いかな。私の自転車のハンドルが高いのが話題に、I氏の首の痛いのはハンドルを上げれば直りますよ。
Is06

「魚は飽きたね」と話しながら走るうち、立ち寄り湯にラーメンの看板を見て早速入ってみた。ラーメンだけのつもりが、チャーハンに餃子付きのラーメンセットに。自転車乗りは腹が空くから。
Is07


午後は向かい風がきつくなった。I氏はなかなかの健脚で、私が前を走っていてもすぐに逆転、そしておいて行かれてしまった。
Is08


海辺の景色は飽きないね。後半はこのように角張って亀裂の入った岩が多くなった。東尋坊もこんなかな。
Is09


柳原からちょっと内陸に入りすうと下っていった所がすかっとランド九頭竜だった。一風呂浴びてミーティングをして、いよいよ演会。100名を越すクラブサイクリストが一堂に会した。
Is10


来年の全国CCRはいわきで9月中旬とのこと、今から楽しみです。

全国サイクリングクラブラリー in 福井 Ⅰ

10/16 会津若松=敦賀→杉津→しおかぜライン→糠(泊)
昨年は神奈川県の足柄で開催された全国サイクリングクラブラリーが今年は福井県で開催されるという。滅多に走れないところだからと、長期ランを計画したが諸用が重なり、前後1日追加の3泊4日の行程となってしまった。
会津若松駅から輪行して郡山・東京・米原と乗り継いでスタートは敦賀駅とした。自転車はトラブルを急遽復旧させたヒロセにして、このように縦型の輪行とした。縦型は車内に置くときのスペースが小さくて済むが、担ぎにくいのが難点である。諸氏はどのようにして担いでいるのだろうか。
Si01


今回は輪行袋に比較的きっちり収まり、トラブルはなくストーと出来ると思ったが、分割ガードを止めるネジを無くしてしまった。さてどうなるかと思ったが、ヒロセの分割ガードは抜くのも大変なぐらいきついので、このままの状態で何のトラブルもなく走りきってしまった。
Si02


出発時間は2時を回っていたが、初日は海岸沿いを30キロ程度だからと慌てずに、敦賀港に出てみた。巡視船が2艘ほど停泊していた。
Si03


湾沿いを走って行ったら、赤煉瓦の建物があった。海沿いにはよく見かける倉庫利用の施設のようだった。
Si04


地図ではそこからフェリー発着所方面に抜けられるようであったが、道がなく8号線に出てしまった。これが狭い上に大型車が多くとても安心して走れる道ではなかった。天気が良く海を眺めれば海原の向こうに対岸の半島が見えるなかなかの景観であったのだが。
Si05


杉津から8号線を外れ、しおかぜラインに出たら車も少なく快適な道になった。
Si06


日も傾いてきて、待望の日本海の夕陽を見ることが出来そうになってきた。
Si07


学生時代に木曽路を走り、新潟まわりの列車で帰った折り、柏崎で見た日本海に沈む夕陽は見事なものであった。その後、北海道から九州まで日本海の名所を走ったが、とんとすばらしい 夕陽に巡り会うことが出来なかった。ようやくそれに出会えそうだ。
Si08


泊まりは、カニ旅館がズラリと並ぶ糠の「はま屋」である。2階の風呂場からは海が見え、汗を流しているうちに、太陽は日本海に沈んでいった。
Si09


夕食は海の幸が並んだ。越前ガニは11月からで、今は北海道産のカニであった。シーズンになれば値段が倍になると言うから、良いときに来たと言うべきか。
Si10

2014年4月 6日 (日)

旅の目的

平戸から204を走って15:15に松浦市から伊万里市に入りました。この瞬間に47都道府県すべてに轍を残した事になりました。学生時代から数えて45年近くの年月を要したことになります。

2014年4月 5日 (土)

旅に出てきています。

熊本からフェリーで島原に渡り、長崎県を北上しています。暖かさを求めて来たのに雨風寒さに悩まされています。今日はどしゃ降りの雨の中佐世保の駅前のホテルに飛び込み一息ついたところです。

2012年6月13日 (水)

中山道の旅

旅はまだ続いています。
今日は恵那市から十三峠を越えて岐阜へ、そして大垣市まで来て、駅前のホテルに泊まっています。できれば京都まで行って中山道を走破したいのですが、これからは、車の多いところなのでどうしようか迷っています。

2012年4月25日 (水)

小浜市にて

山口県、島根県、鳥取県、兵庫県、京都府と裏日本をズット走って今日は福井県の小浜市まで来ました。これで、本州の全県を走ったことになります。
後は、鯖街道で京都を目指します。終盤なのですが、天気が下り坂のようです。