2021年1月10日 (日)

初乗りは運動公園に

 新年になってから寒い日が多くて、なかなか出かける気になれません。せいぜい1時間ちょっとの散歩に出かけるくらいでした。この3連休にはまた大きな寒波が来て大雪になるという予報だったのですが、思いの外降らずに峠を越したようです。しかし氷点下の真冬日で寒い寒い。

Yu1_20210110183001

そんな時は雪質が良いので走りがいがあるのです。セミファットのe-バイクを引っ張りでしました。車体は重いのですがむしろ雪道では安定感があり走りやすそうです。

Yu2_20210110183101

目指すは門田の運動公園です。この頃は通学路の歩道は小さなロータリー車で除雪するので、雪があまり積もっていないので走れます。下は踏み跡が固まっていてボコボコですが。

Yu3_20210110183101

青木山はすっかり冬景色です。麓は雪の無いときに走り回れる柿畑になっています。

Yu4_20210110183101

運動公園のドームの前です。自転車が立つほどの雪なのですが、走路は除雪してあるので雪上を楽々走れます。

Yu5_20210110183201

公園内も散歩できる遊歩道になっているので除雪してありそこそこ走れます。E-バイクは雪が深くなければハイモードよりエコとかノーマルの方が雪をかんでスリップせずに走れるようです。

Yu6_20210110183201

陸上競技場の前です。リムブレーキだと雪が付いて効かなくなるのですが、ディスクは雪に強いです。音鳴りはします大丈夫です。ただし、フリーやディレイラーが雪まみれになってちょっと異音がしました。

Yu7_20210110183201

池の周りのお気に入りのコースです。木の枝に雪が付いて花がしたようになっています。

Yu8

  ここは子どもの遊び場にもなっています。雪で閉鎖状態ですが、ソリ遊びをする親子連れが結構来ているので要注意です。

帰り際にいつもの自転車屋さんに立ち寄ると、MTB乗りの若い仲間は滝沢峠を越えてきたとか、これだけ雪が降ると山道は登れず下れずで、どこか良いとこは無いかとぼやいていました。

2021年1月 1日 (金)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

Si1_20210101173301

本年もよろしくお願いします。

Si2_20210101173401

昨年は、泊まりを入れて大いに走ろうと思い、2月にはオリンピックの勝負所といわれている明神峠・三国峠を越えてきました。(超えたと言ってもほぼ押しでしたが)

ところが、その後はコロナに猛暑が重なり、1年間で2泊26日1093.kmという悲しい結果に終わってしまいました。

今年もまだまだ見通しが暗いのですが、少しでも好転することを願っています。

Si3

強い味方は、セミファットのe―バイクです。結構ハードな林道の登りを苦にせずばんばん走ることが出来ます。

Si4

オンロードのツーリングもe-バイクにすれば楽なのですが、輪行やバッグを付けてののんびり宿泊ラン等を考えると、なかなか触手が動きません。

2020年12月15日 (火)

冬到来

 大きな寒気が入ってきているようで、日本海側は大雪の予報です。気温もぐっと下がって氷点下です。

Fu1_20201215203101

 心配しましたが、積雪はこの程度です。車や屋根の上に少し積もった位で、道路にはなし。

Fu2_20201215203201

 除雪の心配もありません。雪に備えて様々な除雪道具を玄関先に備えたのですが、幸い使わずにすみました。数日前に腰を痛めていて、雪かたしは辛いところだったのです。

Fu3_20201215203201

 庭もうっすらと積もった位で、池も氷っていません。氷と言ってもこの辺りは雪が溶けきらずに積もって氷ってしまうのですが。

Fu4_20201215203201

 寒い中鶴ヶ城がライトアップしているので見に行ってきました。夜景モードにしたのですが、ピントが合いません。

Fu5_20201215203201

 本丸に入るとまあまあ良くと撮れました。それにしても人が居ませんね。コロナ禍だから、それとも寒いから・・・

 電気の無駄使いのようにも思えますが、静かなのは良いことでもあります。

 

2020年11月 9日 (月)

大木伐採のお手伝い

 会津若松市の小田山にこどもの森という公園があります。

Ko01

 水道や竈の設備もあって、野外フィールドとしては良いところです。今日は朝から竈の煙が上がっています。

Ko02

 高台に上がってみました。紅葉が真っ赤に色づいています。紅葉もきちんと下刈りをしてやらないと綺麗に色づかないそうです。山中でほったらかしではダメだそうです。

Ko03

 本日のメインははしごが架かっているこの桐の大木を切り倒すことです。すでに周辺の木々は切り払われ準備が整っています。

Ko04

 大きさが分かるように、木に抱きついてもらいました。大木に蝉ですね。

Ko05

 今年は利用団体が増えて予算がついたとかで、新しいチェーンソーを買ってもらったそうです。エンジンは使い込むほど調子が出ると聞きますから、新品はどうなのでしょうか。

Ko06

 昔プロだったという年配の方が切り始めました。新しいからか負荷がかかっているからかオイルが燃えて白煙が上がります。

Ko07

 写真でははっきりしませんが、ワイヤーを掛けてウインチで引っ張って右側に倒そうとしています。

Ko08

 メリメリ、バキバキと音がして大木は見事に倒れました。慌てているように見えますが、誰も下敷きになってはいません。

Ko09

 この大木を下へ下ろすのが大変です。下にコロを入れたりしながらウインチで引っ張ります。ウインチが重くなってほとんど動きません。代わる代わるやってみたのですが・・・

Ko10

 そんなところに、「芋煮が出来ましたよ」となってランチタイムです。

 さて、腹ごしらえが出来たところでもう一仕事、という方は誰もおられず。腰を落ち着けてのおしゃべりタイムが続いて、雪が降ったら滑り落とそうなどなどで解散となってしまいました。

 用途としては、半開きにして長椅子にする予定とか。

 

2020年10月31日 (土)

柿もぎ

 秋も次第に深まってきました。我が家の柿も収穫の時期を迎えています。昨年の記録を見たら1031日から柿もぎを始めたとなっていますが、今月はかなり早くて24日から初めてそろそろ終盤を迎えています。

Ka1_20201031210101

 会津みしらずとい柿といって、枝にわさわさと沢山の実を付けます。柿農家ではきちんと摘果して、一枝に一個二個ぐらいしか実らせませんから、大きくて立派な柿が出来ます。家ではほったらかしなので、数はあっても小さくて形が悪いのばかりです。

Ka2_20201031210101

 でも、採って並べてみるとなかなかのできです。家族で食べる分には十分です。

Ka3_20201031210201

 渋柿ですから渋抜きをしなければなりません。こんな風に段ボールの箱に詰めて焼酎で渋抜きをします。ですから、食べられるようになるにはもう暫くかかります。

 昨年は、干し柿も随分作ったのですが、今年はその分があるでしょうか。明日も天気が良さそうなのでもうひと頑張りです。

 

2020年10月17日 (土)

鶴ヶ城ライトアップ

 新聞に紅葉シーズンを前に鶴ヶ城のライトアップが16日から始まると載っていました。紅葉前線はまだまだ高い山の上で会津盆地に降りてくるのは半月ぐらい先ようですが、ちょっと様子を見に出かけてみました。

Tu1

 ライトアップが始まったのは夕方の丁度5時で、まだまだ明るいです。手前の松の木にも照明が当たっていて、お城も薄紫に輝いています。

Tu2

 黒金門前にもこんな灯籠が置いてあって、

Tu3

 石垣を点々と照らしてくれています。

Tu4

 こちらはちょっとモダンな、あかべえと起きあがり小坊師の灯籠です。

Tu5

 やはり庭内を点々と照らすようになっています。

Tu6

 もう一時間ほど粘れば、暗くなって見栄えがするのでしょうが、寒くもなってきたので早々に帰ることにします。最後に廊下橋からお城を振り返って見ました。

 夜桜も良いけど、紅葉ライトアップもこの頃多くなってきたよう。紅葉は日の当たる昼間の方が暖かくて好みですね。

 

2020年9月 2日 (水)

9月になったし ボチボチとトレーニング

 8月は今までに無い猛暑とかで、全く自粛の毎日でした。さて、もう9月になってしまいました。いつまでもゴロゴロしてはいられないので、涼しい時間帯を使ってトレーニングを始めることにしました。

 門田ポタリング

Po1

 若松の南側は門田という田園地帯です。耕地整理された田圃が広がり気持ちよく走ることが出来ます。

Po2

 稲穂も随分たれてきました。刈り入れまでひと月ちょっとかな。下に電線が見えますが、野生動物の被害がだんだん増えてきているようです。これからの台風も心配ですね。

Po3

 もう少し走ると大川沿いのサイクリングロードに出ます。家から往復で16から20キロの良いポタリングコースです。

 

 お城ウオーキング

Po4

 町中ウオーキングでよく行くのは、鶴ヶ城です。東口から入って廊下橋を渡り入城です。

Po5

 私は閉館時間を狙って行くのですが、検温所が出来ていたりコロナ対策がなされています。例年と比べれば人出はかなり少ないと思いますが。

 夕方行ったので、カラスがカアカアと集まっていました。お堀端は静かでしたが、カルガモが集まっていたし、水辺や木の上にはサギが沢山いました。家から1時間ちょっとの散歩コースです。町中にしては自然にあふれています。

 

2020年7月25日 (土)

山道の整備

1.練習会

 長雨が続いています。天気が良い日を狙って、子どもの森に集まりました。

Se01

 山道の整備のために草刈り機を購入したのです。広場の伸びた草を利用してベテランから指導を受けます。一番安いやつを買ったのですが、調子は上々で使いやすそうです。

Se02

 次は、チェーンソーです。これは昨年末に購入したのですが、あまり使っていなかったせいか、エンジンの吹けが悪くて、もっと使ってやらないととご指導を受けました。 

2.実地

 忘れない内にと、早速山道の整備に出かけました。予報では曇りがちで気温があまり上がらずということだったのに、朝から日差しがあって暑くなりそう。

Se03

 場所は、青木山から吹矢山までの縦走路です。結構歩いた方がいて評判は上々のようです。

Se04

 草刈り機とチェーンソーを持っての山登りは大変です。まずは、チェーンソーで倒木の撤去です。この太さなら楽勝です。

Se05

 これはなかなか太くて大変です。例年だと冬の雪で倒れる古木が多いのですが、今年は雪が少なかった分、今頃になって倒れるのがあるようです。

Se06

 次は茅場の刈り払いです。小型なので馬力不足が心配でしたが、手作業の比でなく仕事がはかどります。

Se07

 笹藪も一気に刈り払って道を作ることが出来ました。カタログ上は運転時間80分となっていましたが、負荷をかけてワンワンと切るせいか燃料切れが思いの外早かったです。

Se08

 広くなった道を帰ります。仕事の後は機械の重さが応えます。

3.植物編

 この時期にはあまり上っていなかったからか、おもしろいキノコを教えてもらいました。

Se09

 タマゴダケと言って、白い卵の殻のようなものからキノコが生えています。どう見ても毒キノコ色なのですが食べられるとのことです。

Se10

   これが出始めです。白い殻から赤い実がポロリと出てきた感じです。

Se11

 これは、若くて傘が帽子のようにまだ開いていないやつです。ネットで見るとおいしいと出ているのですが、植物を大切にする私は採ってきませんでした。

 

2020年7月10日 (金)

会津松平氏庭園 御薬園

 家の近くにある大きな庭園なのですが、有料ということも有りめったに中に入ることはありません。ところが、市政便りにハスの花が盛りだからと、市民の無料券が付いていました。せっかくだからと、人混みを裂けるべく平日で天気もいまいちという日に行ってきました。

Oy1

 さてお目当てのハスの花は・・・

Oy2

 庭園の池の中かと思ったら、脇の四角な池の中にありました。まだちょっと早いてのかあまり咲いていませんでした。残念!

Oy3

 庭園とはいえ、御薬園の名の通り薬草園ですから、薬草も栽培されています。庭ばかり見てあまり見たことが無かったのですが。

Oy4

 珍しいのでは、ハアザミといって、葉はアザミなのですが花はアザミでありません。止め血に効くようです。

Oy5

 庭にはどこにもあるのでしょうか。お稲荷さんがありました。普通の南向き稲荷です。

Oy6

 水路には葉にっぱになっていますがミズバショウが。これは観賞用、それとも薬用?冬眠明けの熊はこれで胃腸を整えると聞いたことがありますが。

Oy7

 御薬園のビュースポットからの眺めです。市民無料日だからかそこそこの人出です。

Oy8

 御薬園は戊申戦争時には療養所として使用されたそうで、古い建物がそのまま残っています。家の中央にある楽寿亭には刀痕がありました。

 国指定の名勝なのですが、こんなことでもないと近くにあってもわざわざ足を運ぶことがないのです。

 

2020年5月27日 (水)

雄国沼

 毎年のように足を運ぶ雄国沼ですが、今年は山開きも遅れているようです。普通なら6月になるとマイカー規制が行われ、バス輸送が始まるのですが今年はどうなのでしょうか。とりあえず喧噪を避けて5月中に行ってみようと、天気の良い日を狙って出かけました。

Og1

 金沢峠の見晴台から見ると、湿原には人の影無し。普通なら数名でも人影が見られるのですが。

Og2

 湿原の入り口には、鮮やかな黄色い花が咲いていました。何という花なのでしょうか。

Og3

 人がいないのも分かりますね。湿原内はまだ寂しい状態でした。でもよく見るとショウョウバカマと小さなスミレが・・・ショウジョウバカマの色が近くの里山のものと比べるとずいぶん濃いようです。

Og4

 これはコバイケイソウです。ショウジョウバカマとスミレもちょっと写っています。

Og5

 湿原も沼も本当に静かでした。対岸の堤辺りにちらりと人影が見えたのですが、猫魔ヶ岳方面へでも登るのでしょうか。

Og6

 このコバイケイソウが咲く頃には、ニッコウキスゲも咲き出して沼はぐっと賑やかになると思うのですが。

Og7

 今回はアプローチにはeバイクを使いました。これだけダイナミックな林道はなかなか無いと思うのですが、ほとんどが通行止めです。

Og8

 もう一つの目的は、北塩原への林道を久しぶりに下って見ることでした。ロングダートのままの林道と思っていたのに、ダートは3キロほどに短縮されてしまっていました。その代わり、雄国滝なるものを見つけました。雄国沼からトンネルで水を抜いているようで、近代産業遺産に指定されているようでした。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31