« 2022年7月 | トップページ | 2022年10月 »

2022年9月30日 (金)

慶徳峠・一ノ戸川橋梁 9/30

天気の良い日が続いているので、又出かけることにしよう。ちょっと気温が高すぎるのが気になるが、e-バイクなら大丈夫だろう。

Ke01

喜多方まで車で行って、

押切川公園→舞台田→慶徳→慶徳峠→一ノ戸川橋梁→一ノ戸川沿北上→藤沢→上藤沢→牧野柏葉平牧場→国道459→見頃→押切川公園

といった周回コースを考えた。

Ke03

 走り始め、風を切るとちょっと肌寒いぐらいだった。田圃の稲穂は黄色に染まって、稲刈りが始まっているところもあった。遠くに見える飯豊連峰には雪が残っているように見える所もあった。

Ke04

 サイクリング道路に出て、8月の豪雨で壊された磐越西線の濁川橋梁を見に行った。昨日のニュースでは来年3月を目処に復旧が決まったようだ。川の中には重機が2台ほど入ってもう工事がはじまっているようだった。

Ke05

 線路の下をくぐって川下の方から見ると、反対側の鉄橋部分が完全に落下しているのが分かった。

Ke06

 喜多方も酒蔵が多いところで、大和川酒造の飯豊蔵という大きな建物があった。

Ke07

 まほろば街道を走って、途中で右折して慶徳峠を目指した。県道16号線になっていて、以前来たときに比べて、道幅も広く拡張されていた。

Ke08

 峠の下りは思いの外長くて、随分走ったと思った頃、磐西線の一ノ戸川橋梁に出た。この橋梁が磐西線では一番有名なところで、明治時代に作られたこの橋梁を通る列車の音が「うつくしま音の30景」に認定されている。この橋は大丈夫だった物の、先の橋が落ちているからいくら待っても列車は通らない。

Ke09

 この橋梁上の車窓から見る飯豊山も見事というのだが、望遠レンズ辺りで狙わないと山は随分遠いようである。

Ke10

 その後は一ノ戸川にそって北上してみた。田畑が続くのどかな道であったが、やはり水害の後遺症が至る所に残っていた。

Ke11

 相川の分かれ道にあった通行止めの看板。この先は飯豊トンネルで山形に抜ける道があるのだが、やはり通行止めのようであった。

Ke12

 国道を離れて上藤川を目指した。地図で見つけた細道で牧野柏葉平牧場へと出られそうだとやってきたのだが。

Ke13

 細い林道を何とか上ってきた物の、大きな山崩れで道は完全に塞がれて後戻りするしかなかった。

Ke14

 国道459は行きの県道と比べるとぐっとローカルな道路であった。ピークの所で一休みしていたら、軽自動車で来た老人(私より10歳以上年上であった)に話しかけられ、マイタケご飯までごちそうになった。移住で喜多方の奥も奥の五枚沢に住んでいるという。赤崩の様子など聞くことが出来た。

 後半は気温も上がってちょっとくたびれたが、山中の峠道を楽しむことが出きた。

 

2022年9月26日 (月)

赤留峠  9/25

調子が出ないままにダラダラ過ごしていたら、秋の彼岸も終わりに近づいてきてしまった。台風が来たりして悪天候が続いていたが、どうやら晴れの日が来るようだ。

Ak00

行き先は、近場で走って行ける舗装の峠である美里町高田の赤留峠とした。

Ak01_20220926175101

久しぶりに本郷大橋を渡る。体力が落ちてきているからもちろんe-バイクだ。乗り心地はあまり良くないのだが。

Ak02_20220926175101

焦らずにゆっくり行こうと、橋爪の薬師寺に立ち寄る。ずらりと並んだ地蔵様は親子地蔵というらしい。前回来たときはコロナ禍で赤いマスクをしていたのだが、日常が戻りつつあるのかノーマスクとなっていた。

Ak03_20220926175101

次は高田の町中にある龍興寺に立ち寄った。お彼岸ということで墓参りの人が多かったので、裏の蓮池の方に回るとヒガンバナが咲いていた。

Ak04_20220926175101

9月ですからハスの花は完全に終わって、お寺の軒下に並べられていました。

Ak05_20220926175201

天気は上々、田圃も実りの季節で黄色に染まっています。正面が峠の入り口の赤留の部落です。いつもなら熊目撃の注意書きがあるのですが、今年の高田の熊はおとなしいようで、目撃情報はないようです。

Ak06_20220926175201

つづら折りが始まって、去年の6月に来たときはほぼ押しだった所も登っていけます。でも、スポーツモードに超ローにしての上りです。下に、会津盆地の端っこが見える辺りです。

Ak07_20220926175201

  赤留峠に到着です。出会った車は1台だけ。それでも県道なのです。ちょっと遠回りでも楽な道があるのでそちらに回ってしまうのでしょう。

Ak08_20220926175301

ちょっと下った所が佛沢の部落です。下の道に出るまで曲がりくねった急坂が続いて気を使います。

Ak09_20220926175301

その後は緩い下りを一気に下って佐賀瀬川から吹上公園へ、そこで、ランチとなりました。小さなポットにお湯を入れてきて、レトルト食品をいただきます。カルボナーラとなっていますがマカロニみたいな物で、非常食ですからあまり美味ではありません。

Ak10_20220926175301

さて、後は若松までまっすぐ帰ります。磐梯山もよく見えて初秋の感じです。

今回は肩が痛くなって思いの外きついランとなってしまいました。やはり、アルミよりクロモリかな。

2022年9月18日 (日)

秋の花 コスモス

コスモス(秋桜)

 秋というと、紅葉の季節で花はもうおしまいという感じがしますが、近頃コスモスが咲いたというニュースをよく耳にするようになりました。近くに名所はないかなと探してみると、喜多方の三ノ倉というところにコスモス畑があるようです。そこは、春の菜の花、夏のひまわりが有名で何度か行ったことがあるところです。

Ko1_20220918173101

 上りに入ると、ひまわりは終わりましたという看板だけで、コスモス咲いていますという案内はありません。大きなひまわり畑はもう耕されていて、影の方にコスモス畑がひっそりとありました。

Ko2_20220918173101

 ピンクの花が中心で、小さな虫さんも蜜を吸いに来ていましたが、密集して咲いているわけでもないのであまり見栄えがしませんね。

Ko3_20220918173101

 最近はこのようなオレンジ色の花も出てきたようで、見た目はパッとしますがコスモスらしさとしてはどうでしょうか。

Ko4_20220918173101

 山の向こうの方に、高山か採石場らしきところが見えましたがどこでしょうか。このあたりは、猫じゃらしが元気で、コスモスに負けじと背丈を伸ばしていました。

Ko5_20220918173201

 更に、山の向こうに小さく部落が見えていましたがどの辺りでしょうか。喜多方の市街からは随分離れているようです。

 

番外 8.3豪雨

Ko6_20220918173201

 喜多方といえば8月に豪雨の被害があった所です。幸い今日行った三ノ倉山は大丈夫だったようですが、国道121の大峠道路は通行止めとなっています。

Ko7_20220918173201

 写真が載っていましたが、道路の下が完全に流れてしまっています。復旧は11月とのことですから、冬になってしまいますね。

Ko8

 こちらは、喜多方を出てすぐの濁川に架かる、磐越西線の橋梁です。右手が川上なので、足下をすくわれて川上に崩れた格好です。明治時代に作られ100年以上も無傷だったのでよほどの水量だったのでしょう。赤字路線のおまけが付いて復興の目処は立っていません。

 JRの代行バスも見かけたのですが、連休なのにお客はいないようでした。利用するのは通学の高校生位でしょうから。

 

2022年9月13日 (火)

小田山ウオーキング

 体力回復にはウオーキングが良いようです。ここ1週間で病院・保健所・お買い物と歩いてみたのですが、1回で3000歩程度、それでも結構疲れました。

Od1_20220913115601

 ここで、一気に難易度を上げて小田山に挑戦です。小田山は市の南東にあって標高は372mです。我が家は240mあるので上りはわずか130m、距離も1.5~2km位です。

Od2_20220913115701

 小さな山ですが、もちろん熊注意の表示があります。しかも、日本語、英語、中国語、韓国語と国際的です。ストックに熊鈴(カウベル)を付けてきました。

Od3_20220913115701

 あまり知られていませんが、小田山には800年から400年ぐらい前に芦名氏の山城があったところで、麓には芦名氏の御廟も残されています。鶴ヶ城が出来る前の時代です。

Od4

 変な形の屋根は、鶴ヶ城体育館。その左後方に鶴ヶ城の天守閣が見えます。この辺りに西軍が鶴ヶ城を狙って砲台を築いたところと言われています。ちなみに、体育館があるところには、昔競輪場があったということなどはほぼ忘れられてきています。

Od5

 舗装こそされていませんが、このように車も上がれる道です。入り口に車止めがありますが。NPO法人が手を入れて、木々を伐採し、藪を刈り払ったりしたので見通しが良くなっています。これなら熊には出会いませんね。出会ったのは同じく散歩中のじいじが5人ほどでした。

Od6

 頂上付近に、江戸時代の家老、田中玄宰(はるなか)の墓があります。江戸時代には墓地としても利用されていたようです。

Od7

 372mの頂上に到着です。中腹に雲がかかっていますが磐梯山がよく見えました。

Od8

 ちょっと方向を変えると、会津若松の市街地が。遠方の山々は飯豊山です。写真でははっきりしませんが、雪も少し残っています。

 時間にして1時間40分ほど、7600歩ほどのウオーキングでした。これでもかなり疲れて、ぐっすりとお昼寝をしてしまいました。

 

2022年9月10日 (土)

久しぶりのポタリング

長すぎた夏休み

 79日以来、更新が途絶えて二ヶ月ぶりの書き込みです。その一は例年になく早かった梅雨明け、そして猛暑。7月はじめには2度ほど無理して走ったものの、ダウンしてしまいました。その二は、お盆明けに朝晩は涼しくなってきたからそろそろ始動と思い始めた矢先、コロナをいただいてしまいました。そんなこんなで、9月になっても調子が上がらないままに長すぎた夏をダラダラと過ごしてきてしまいました。

熊多し

 さて、久しぶりのポタリングに出発です。負担がかからないように、e-バイクで南下します。平地主体なのにスポーツモードで、速度も20キロ前後でアシストを十分効かせて出発です。

Na1_20220910183701

 家から4キロほどの運動公園に到着。何と、黄色のバリケードが出来ていて裏門が閉まっています。7月下旬にこの近くで熊による死亡事故があったため、設置されたようです。反対側の正門は開けているようで、中を走っていた自転車仲間のおなじみさんが「出れないよう。」と困っていました。

実りの秋

Na2_20220910183701

 家から5キロ、何時もの堤沢からの田園諷詠です。夏の初めは緑の田圃だったのに、随分稲穂が黄色く実ってきています。

Na3_20220910183701

 この辺りは農協の刈り頃の○印の旗が立てられていました。稲穂がたれてきてこうなると季節はもう秋ですね。

自転車道へ

Na4_20220910183801

 門田の田園の中を走り抜けて、中島の所で踏切を渡ります。これは会津鉄道、第3セクターの鉄道です。

Na5

 自転車道に入って小さな坂を上がって河川敷の土手に上がります。ブルーの矢印があっていかにも自転車道という感じがします。

Na6_20220910183901

 土手に上がるとすぐに、大川喜多方サイクリングロードの標識が立っています。中島橋の標示があります。前方に見える赤白の鉄塔の所で家から8キロです。

Na7_20220910183901

 キンコンと踏切の音がするので見ると、あまや駅に会津鉄道の赤い列車が止まるところでした。田圃の中の無人駅です。待てよ、先日JR只見線復興の試運転のニュースで、電車との字幕がありましたが列車の誤りでした、との訂正がありました。電化されてないから列車だが、これみたいに1両編成なら?車。

Na8

 丁度家から10キロの所、この辺りでいつものように戻ることにします。後方の雲のかかった山は会津若松の最高峰大戸岳です。

さて、次は

 平地にe-バイクのハイモード走だったので、リハビリランも楽々でした。

Na9

帰り道で見つけたのはこんな蕎麦の花。もうすぐ黒い実が付いてしまいますが、白い花畑がまだ楽しめそう。次は蕎麦畑を狙ってかな。

 

« 2022年7月 | トップページ | 2022年10月 »

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30