« 久比岐自転車道 6/13 | トップページ | 猛暑 »

2022年6月20日 (月)

林道一ノ渡戸・四ツ屋線  6/19

 先週暫くぶりに泊まりで出かけたら、気分が乗ってきて次はどこへと考え始めた。所が、疲れがとれずにゴロゴロして過ごしてしまっていた。そこで、天気の良さそうな日を選んで意を決して走りに行くことにした。

Ic01_20220620174801

 会津若松で一番長い林道に一ノ渡戸・四ツ屋線というのがある。総距離16キロほどで道も悪いからなかなか走りがいがある。家からも近いので、この年になってもe-バイクなら走りきれる。まずは東山ダムまで上がってきた。ここで家から5キロほどだが随分山深い感じがする。

Ic02_20220620174801

 林道口の一ノ渡戸。家屋は残っているが、住民は下に降りてしまっていて、畑仕事に通っているだけの廃村である。

Ic03_20220620174801

 林道口の看板。会津若松市の管理で20キロで走れなどの注意書きが書かれている。

Ic04_20220620174801

 梅雨時だから道の脇は草ボウボウで、モンシロチョウが花の蜜を吸ったりしていた。

Ic05_20220620174901

 春の花はもうとっくに終わっているが、名もなき花が結構咲き乱れている。もう少しすると紫陽花が咲き出すのだが。

Ic06_20220620174901

 この辺りは、砂利が少なく道は良いのだが木々がうっそうとしており、ガサゴソと獣らしい動きがあったり、急に鳥が飛び立ったりすると、その度ビクッとする。

Ic07_20220620174901

 林道も後半に入り通る人もないのか、随分草深くなってきた。反対側の沢筋に架かる高川橋が見えてきた。

Ic08_20220620174901

 高川橋を渡ると大戸トンネルに入る。この前後にかなりの急坂が続くのだが、トンネルの先は所々舗装化が進んできていた。

Ic09_20220620175001

 四ツ屋(普通は闇川と呼ばれている)に出た。さすが本場だから熊注意の看板もしっかりしている。市役所発行の見慣れた注意板の他に、地元の駐在所の注意書きも添えられていた。

Ic10_20220620175001

 帰り道はまったりとサイクリングロードを通って帰ることにした。熊鈴さんのおかげで無事に帰ることが出来た。

Ic11_20220620175101

 森の中ではあまり気づかなかったが、気温が相当上がっていて真夏日だったようだ。そんなわけかアシストがあっても結構疲れてしまった。

« 久比岐自転車道 6/13 | トップページ | 猛暑 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久比岐自転車道 6/13 | トップページ | 猛暑 »

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31