« 山本不動尊から塙  花粉飛ぶ阿武隈へ | トップページ | いよいよ春が »

2022年3月21日 (月)

寒かった!お彼岸の会津

 2013年から続けてきたお彼岸の会津ラン、今年は丁度10回目となる。しかし、今年のお彼岸は天気が悪くてこれぞという日がない。昨日も出ようとしたら、小雨がぱらつきだし、みぞれっぽくなってきてあきらめてしまった。

Oh01_20220321213801

 今日も朝方日が差したものの、曇ってきてしまった。それでも出かけようとしたら、前輪がパンクしていた。慌ててチューブ交換をした。この自転車前輪がナット止めだからスパナが必要であった。危ない危ない。

Oh02_20220321213901

 湯川沿いに西向きに走っていくと、向かい風が冷たい。湯川と大川の合流点辺り、道路には雪は無いが河原には残雪が残っていた。

Oh03_20220321213901

 自転車道を北へ向かうと小雨がぱらついてきた。防寒を兼ねて上下の雨具を着てきたからかまわず進。自転車道に新しい標識が出来ていた。熱塩28kmとあるがそんなに行くつもりは無い。

Oh04_20220321213901

 今回はポタに徹しようと、14インチのミニで来ている。15年ぐらい前のトレンクルでいろいろと改造してある。DAのクランク、リアメカはカプレオの9S、ブレーキはメーカー不明だがデュアルピポット等々・・久しぶりに乗ってみたが結構良い調子だ。

Oh05_20220321213901

 高速道路をくぐる手前にサギが沢山巣を作っているところがある。何組かが巣作りの最中の様だった。

Oh06_20220321214001

 風は冷たいままだが、晴れ間も見えてきた。正面に架かる宮古橋の袂に、目的地の道の駅あいづがある。

Oh07_20220321214001

 3連休でもあり車は結構混んでいたが、自転車は1台のみであった。まだシーズン前ということか。人混みを避け中には入らずに持参したおはぎをぱくついた。

Oh08_20220321214001

 帰り道は大川を渡って、対岸を帰ることにした。今度は追い風だから比較的楽だ。正面奥が磐梯山だがずっと雲の中だった。

Oh09_20220321214001

 蟹川橋を過ぎた所に、除雪車が戻っていていた。今年はもうお役御免なのかな。小径車と比べるとタイヤがデカいね。

Oh10_20220321214001

 正面の雪を被った山が、会津若松市の最高峰大戸岳である。今度は霰見たいなのがぱらついてきた。この辺で帰ることにしよう。

 今年のお彼岸ランは30キロほど、ちょっと物足りなかったかな。

 

« 山本不動尊から塙  花粉飛ぶ阿武隈へ | トップページ | いよいよ春が »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山本不動尊から塙  花粉飛ぶ阿武隈へ | トップページ | いよいよ春が »

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30