« 寒の戻り | トップページ | 山本不動尊から塙  花粉飛ぶ阿武隈へ »

2022年3月11日 (金)

春の陽気

 雪とか寒いとか、そのような話題ばかりだったのですが、いよいよ春らしい陽気に。予報では4月中旬の暖かさだとか。

Ai01_20220311222001

 出発は10時を過ぎてしまったが出かけることに。久しぶりにフロントバッグを付けたランドナーです。春の陽気というものの後方の梅の木の蕾は小っちゃい。

Ai02_20220311222001

 ひとまず何時もの様に南下して門田方面へ、回りの田圃は雪だらけですが、春らしい風景が。前方の国道121では防雪柵の取り外し工事が行われています。

Ai03_20220311222001

 天気はすこぶる良いのですが、雪に囲まれた中を走っているので、冷や冷やします。後方に小さく磐梯山が見えてきました。

Ai04_20220311222101

 会津若松・熱塩温泉自転車道線の標識が。いつもなら左折してこれに入るのですが、数日前の下見で雪が残っていたので、正面のちっちゃな建物「会津鉄道門田駅」を覗いてみます。

Ai05_20220311222101

 小さな駅舎の中にはこのような張り紙が。シクロツーリストのT氏向けでしょうか。

Ai06_20220311222101

 次に、ハンドルを南向けると心なしか風が冷たく感じます。ここは一の堰、地酒「会津娘」で有名な高橋庄作酒造店、冬の風物詩雪釣りもあるし軒下には杉玉が並びます。

Ai07_20220311222201

 門田の工場地帯の辺りで自転車道に上がってみます。日当たりの良いところは走れそうです。

Ai08_20220311222201

 大川の河原沿いに走ります。左手奥黄色い重機があって、黒く汚れているようなところ。会津若松市の雪捨て場です。早く溶ける様に重機でかき混ぜているのです。

Ai09_20220311222201

 日当たりの良いところは良いのですが、JR只見線の下を抜けるところはこのようで快適に走ることが出来ません。

Ai10_20220311222201

 蟹川橋袂の「会津浪漫輪道」の碑の前でランチとします。暫くぶりで火器持参です。インスタントラーメンですが、持参のお稲荷さんとともにパクパクズルズル・・。

Ai11

 更に北へと進み神指へ。雪の溶けた田圃で白鳥がお食事中でした。北帰行の準備でしょうが、空腹では帰れない、食べ過ぎて重くなっても帰れない・・と大変なことでしょう。

Ai12

 最後に、神指城跡の大ケヤキを見て帰路につくことにしましょう。

Ai13

 終始天気は良かったのですが、磐梯山はちょっと霞み気味。春霞かな?

Ai14

   市内に入る手前の踏切で、キンコンカンと止められてしまいました。めったに出会わない只見線です。運が良かったとしておきましょう。

Ai15

 さて、春らしい陽気ということで出かけたのに雪景色ばかりになってしまいました。お彼岸まで10日あまり、お彼岸ランはどうしましょうか。

 

« 寒の戻り | トップページ | 山本不動尊から塙  花粉飛ぶ阿武隈へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒の戻り | トップページ | 山本不動尊から塙  花粉飛ぶ阿武隈へ »

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30