« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月27日 (日)

市萱から差塩 2/26

 いつもなら1月早々に自転車を乗り出すのだが、今年はオミクロン株の流行に加えて、雪が多くてぐずぐずしているうちに2月も末になってしまった。

Sa01_20220227145801

 天気が良さそうな日を狙って、車にe-バイクを積んでいわきの三和町市萱に来た。昨年まではe-バイクは自転車とはちょっと別扱いにしていたが、もういい年だし積極的に乗っていこうと思う。

Sa02_20220227145901

 根古屋から差塩に抜けようと思っていたが、入り口に全面通行止めの標識が。そこで、少し遠回りして舘下から入ろうとしたら、林道石窪線なる標識を見つけた。どうせだからと進入してみた。

Sa03_20220227145901

 これが思いの外、急坂で悪路。途中道を間違えるなどして進うちに道が雪に塞がれてきた。乗れなければ重いだけのe-バイクだからとあえなく敗退した。

Sa04_20220227145901

 県道に戻って一山越えることになった。気温が上がって春の様なという予報だったが風が冷たくて下りで震え上がることになった。

Sa05_20220227145901

 永井坂に到達するも、火の用心の幟がハタハタとはためいていた。

Sa06_20220227150001

 永井坂から差塩へと川沿いの道がなかなかきつかった。差塩の交差点脇の人家の庭に沢山の福寿草が咲いているのを見つけた。

Sa07_20220227150001

 暫くして脇道にそれると、急坂で日陰はテカテカの凍結路だった。スリップしないようにと恐る恐る登ることになった。

Sa08_20220227150001

 日当たりの良いところは雪が無い。草原の先にそびえる岩山は「一本山毛欅」である。久々の訪問であったが岩山は立ち入り禁止になっていた。

Sa09_20220227150001

 下り道も日陰が多くて雪が残っていた。轍は滑るからと雪のあるところを選んで慎重に下った。昔の様にわざと後輪を滑らせてなんて芸当は出来なくなってしまった。

Sa10_20220227150101

 以前いわきに居たときに良く通っていた差塩湿原にも立ち寄ってみた。となりの牛たちは元気の様だが湿原の木道が随分老化してしまっていた。

Sa11_20220227150101

 湿原からちょっと行ったところの地蔵堂も健在で、地元の人たちの信仰がまだ続いている様であった。

Sa12_20220227150101

 根古屋に出る道に未練があったが来た道を戻ることにした。ひさしも強くなり気温も上がってきて、道端に四輪だけだが大きく花開いた福寿草を見つけた。いわきは春爛漫といったところか。

Sa13_20220227150101

 今回気になったのは、40キロ程度の走行だったのに、バッテリーの残量が30%しかなかったことである。寒さでバッテリーの性能が落ちたのだろうか。それとも、人間エンジンの性能が落ちてバッテリーに頼りすぎたのだろうか。

 

2022年2月 9日 (水)

雪の話題

 南岸低気圧が通るとかで、普段雪が降らないところでも降雪がありそうとのこと。でも今日は高気圧に覆われていて久しぶりに良い天気になりました。

Yu1_20220209170501

 以前にも紹介したのですが、3回目のワクチン接種日ということでお医者さんに行ってきました。雪道をてくてく歩いて行ったので大変でした。往復で1万歩ちょっとあって足首が痛くなってしまいました。

 

Yu2_20220209170601

 帰りに通ってきたのが、お城の南側、天神橋袂にある市の「雪捨て場」です。捨てられた雪で河川敷が埋め尽くされています。

 

Yu3_20220209170601

 ダンプカーがひっきりなしにやってきて雪を捨てていきます。

 

Yu4_20220209170701

 川の中にはショベルカーがいて雪を掻き出して。

 

Yu5_20220209170701

 川に流して(溶かして)います。

 市では、大川沿いにも雪捨て場があって、それはもっと大規模のようです。春になればどうせ消えるのに、大金をかけて除雪しないと生活が成り立たないのです。

 

2022年2月 4日 (金)

立春 まだまだ雪が・・・ワカンの出番です

 暦の上では立春なのですが、まだまだ雪予報が続いています。昨日は近くの小田山に出かけたのですがコースが雪に埋まってしまっていて、長靴で頑張ったのですが途中で帰ってきてしまいました。

Wa1_20220204174201

 そこで、今日はワカンを用意しました。左右で大きさが違って見えますが全く同じものです。小田山の入り口でワカンを付けました。

 

Wa2_20220204174201

 昨日は全く踏み跡がなかったのに、スノーシューで誰か歩いた跡がついてました。でも、雪が柔らかいのでそのまま履いて登ります。

 

Wa3_20220204174301

 折角だからと、踏み跡のない脇道に踏み込みました。雪が柔いので結構埋まります。やはり立春ですね、法面の雪の影からは土も見えてきています。

 

Wa4_20220204174301

 昨年末に重機を入れて木々の伐採をしたので見晴らしが良くなっています。お城がよく見えます。

 

Wa5_20220204174301

 ようやく山頂に着きました。標高は372mです。実際の高さは100mぐらいだと思うのですが、雪を鯉で上がったので普段より30分は余計にかかりました。

 

Wa6_20220204174401

 長靴にワカンを付けたので締め付けが弱かったのか、靴底が前にずれてきてしまいました。

 

Wa7

 さて下りに入ります。この辺りは踏み跡がないし、西側斜面なので風も強くて厳しいです。明日からはまた寒気が入るというし、立春とはいえまだまだ雪遊びが続きます。

 

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30