« 紅葉シーズンを前に山道の整備 | トップページ | 柿もぎ »

2020年10月28日 (水)

林道小田達沢線  10/27

  10月になりだいぶ気温が下がってきたのですが、これぞという秋晴れの日にはなかなかなりません。天気予報では晴れてお出かけ率90%という良き日を選んで出かけてはみたのですが、朝方は何となく曇りがち。

Od01

 それでも、10時近くなると日が差してきました。スタートは猪苗代道の駅、初めて利用ですがロードバイクを組み立てて出かけていった御仁がおりました。出るときは結構すいていたのですが、帰り着いたときには駐車場はほぼ満車、GOTO何とかの影響なのか平日でも人出があるようです。

Od02

   川桁方面へと走り出します。薄雲は広がるもののほぼ快晴となり、磐梯山も中腹辺りまで色づいています。稲刈りはほぼ終わっていますが道端にコスモスが咲いていたので撮影タイムです。

Od03

 以前走っていた軽便鉄道の駅跡です。あいづしもだて駅といって前回通ったときはレトロなトイレが残されていたのですが、いつのまにか取り壊されていました。

Od04

 小田の部落に入ります。冬間近ということで、除雪用の赤白のポールが立てられていました。写真でははっきりしませんが赤い部分にはカメムシがいます。他にも日向ぼっこをするハチ、テントウムシなどを見かけます。どういう訳か自転車にちゃっかり乗っかっているのはカメムシばかりです。

Od05

 大きな養魚場らしきものがあって、そこから林道小田達沢線に入ります。これからがe-バイクの本領発揮というわけです。

Od06

 入るとすぐに林道の起点となります。予想はしていたものの荒れ放題で延長9.5キロ余とあります。昔は喜び勇んで進入したのですが、この頃は熊が出そうだとか途中でこけて動けなくなったらどうしようとか、気弱になり一人で来たことを後悔するのでありました。

Od07

 紅葉もまずまずの状態で、ダートの林道としてはそこそこの状態でした。(軽トラなら何とか走れそう)

Od08

 藪漕ぎまではいきませんが、結構草がおいしがっているので、とってもとっても草の実がくっついてきます。

Od09

 日が当たると紅葉が映えるところがぽつぽつと現れます。

Od10

 上ったり下ったりがあって、ようやく下に達沢の部落が見えてきました。さすがにホッとしました。

Od11

 後は先日車で見に来た達沢不動滝に立ち寄り。平日なのに結構な人出でした。

Od12

 中ノ沢には軽便鉄道を歌った、高原列車は行くの歌碑が建てられていました。ドウダンツツジが色づいていますが手前のモコモコと耕したのはイノシシのようです。

 猪苗代までの下り道の国道をすっ飛ばす訳ですが。こういう道ではアシストがさっぱり効かず、単なる重い自転車となっていまうのでありました。

« 紅葉シーズンを前に山道の整備 | トップページ | 柿もぎ »

コメント

こんにちは。荒れた林道をひとりで通るときの不安な気持ちがよくわかります。とくに最近は熊の被害がニュースになっているので、余計心配ですよね。無事通過できて何よりでした。

ぱぱろうさんも一人走りが多いから、野生動物との遭遇も多そうですね。何故か自転車乗りが熊に襲われたという話はあまり聞きませんね。多分山道をガタガタ走る音に気づいて先に身を隠してしまうのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅葉シーズンを前に山道の整備 | トップページ | 柿もぎ »

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30