« 檜原湖一周 | トップページ | 雄国沼 »

2020年5月20日 (水)

ヒメシャガの咲く季節

 シャガに似ているので、ヒメシャガと呼ばれる花があります。シャガより半月遅れぐらいで咲き始めるのですが、レアな花で、ほとんど見かけることがありません。

 

Hi01_20200520174201 

 どういう訳か、近くの里山に群生地があるので、天気の良い日を見計らって、今年も行ってみました。

 

Hi02_20200520174301 

 これがヒメシャガの花です。シャガより一回り小さい紫色の花で、ちょっと弱々しいのがヒメシャガの名の由来でしょうか。

 

Hi03_20200520174401

 後の赤い山ツツジはほぼ満開ですが、ヒメシャガはつぼみが多くてまだこれからというところです。雪が少なかった割には春になってから気温が上がらず、開花は思いの外速くなかったようです。

 

Hi04_20200520174401

 木が茂る藪が苦手のようで、このように登山道の脇に固まって群生しています。

 

Hi05_20200520174501

 花ばかり見ているわけにはいきません。道端には、このようにデカいウンコも落ちているのです。最近、熊が出るとかでよく花火が上がっているし、もちろん熊鈴は忘れずにチリンチリンと鳴らしています。追い越していった方は、右手に熊スプレーをしっかり握っておりました。

 

Hi06_20200520174501

 山頂近くからの展望です。左の雲の中から磐梯山がちょこっと顔を出しています。正面のなだらかな山は背あぶり山、秀吉が奥州仕置きに超えてきた峠道があります。

 

Hi07_20200520174601

 さて、今回は山仲間が草刈りをしてくれたという、青木山から吹矢山方面への縦走路へ行ってみようと思います。

 

Hi08_20200520174701

 まず小さな祠のある妙見様へと。この祠は西の門田方面では無く、東の東山方面を向いています。

 

Hi09_20200520174701 

 展望が良くて東山ダムがよく見える所まで来ました。ここまでは以前に来たことがあります。だいぶ疲れてきたのでこの辺りで引き返すことにしました。

 

Hi10_20200520174801

 気温もぐんと上がって、帰り際には開花もぐっと進んだようです。見頃は今週いっぱいでしょうか、弱い花なので天気が崩れてのこの雨ですぐダメになってしまうのです。

 

 

 

 

« 檜原湖一周 | トップページ | 雄国沼 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 檜原湖一周 | トップページ | 雄国沼 »

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31