« シャガの咲く季節 | トップページ | 檜原湖一周 »

2020年5月10日 (日)

久しぶりに喜多方へ

 会津では未だに感染者が出ていないものの、自粛ムードでここ一ヶ月ばかりの間会津若松市から外へは出ていませんでした。アウトドアフィールドには恵まれているので、家に閉じこもりばかりでは無いのですが・・・そこで久しぶりに喜多方あたりまで出かけてみることにしました。

 

Ki1

 市内を出ると田舎道になって人も車もぐっと少なくなります。会津大学脇の道端の街路樹に白やピンクの花が咲いていました。今頃になるとよく見かけるのですが何という花なのでしょうか。

 

Ki2

 河東に入ると磐梯山がよく見えました。雪もほんのり残っているだけで春の装いです。いつもならそろそろ山開きなのですが。

 

Ki3 

 喜多方に入りました。春の農作業が行われています。田んぼの代掻きの準備や早いところでは田植えも始まっていました。ちょっと霞んでいますが、奥の雪をかぶった山々は飯豊山です。喜多方に入るとぐっと近くに見えてきます。

 

Ki4

 喜多方の市内へはこのようにレアな木の橋を渡って入りました。初めて渡ったと思って帰って地図を出してみたらちゃんと赤線が入ってました。走ってない道はなかなか見つかりませんね。

 

Ki5

 喜多方駅前で一休みです。どこでもそうですが人通りはほとんどありません。丁度入ってきた列車も乗り降りは無いようでした。いつもなら、喜多方ラーメンといくのですが、開いている店も少ないようだし、今回は店に寄らずにとパン持参でした。自販機の缶コーヒーで流し込みました。

 

Ki6

 帰り道は県道の自転車道を使いました。こんな時期だからと自転車に乗る人がチラリホラリと、静かな自転車ブームでしょうか。途中道の駅あいづにも寄ってみましたが、中は開いているものの、外のベンチは片付けられていてあまり休めない状態でした。

 

Ki7

 自転車道をひたすら走って帰りを急ぎます。飯豊山もだいぶ小さくなってきました。

 

Ki8

 湯川沿いに出ると家までもう一息です。正面が東山方面の山々です。藤棚の藤はまだ花を付けていません。すぐ隣の花春酒造では高濃度のアルコールを出したと新聞には出ていたのですが、工場の入り口には自粛の看板が出ていました。

 

 最初はちょっと肌寒かったのに、後半は気温も上がって暑くなってきました。マスクは最初と最後の市内のみで後はノーマスクで走ってみました。この時期になるとマスクをして走るのはなかなかきついですね。

 

 

« シャガの咲く季節 | トップページ | 檜原湖一周 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シャガの咲く季節 | トップページ | 檜原湖一周 »

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28