« 里山の春 | トップページ | 山仕事入門 »

2020年4月15日 (水)

桜花爛漫の候

 例年になく早く桜が開花したものの、新型コロナ騒ぎで自粛ムードが続き、人混みへの出歩きがはばかられるこの頃です。それに、日々の寒暖の差が激しくて、暖かかったり寒かったりと体の調節も大変です。今日は気温も上がって良い日和ということもあって、半日ほどのお花見に出かけることにしました。

 

Ha01

 まず、東山のレアな吊り橋を渡ります。橋の袂の桜はまだ3分咲きというところでしょうか。

 

Ha02

 それからいつもの子供の森へ、ここはやっと咲き始めで1~2分咲きくらいです。正面奥の飯豊山は真っ白でまだまだ冬山です。

 

Ha03

 小田山をおりてその裾野の建福寺へ、ここのしだれ桜は有名です。

 

Ha04

 しだれ桜の奥には、白っぽい花の桜が咲いていました。何という桜かな。

 

Ha05

 更に下って、湯川沿いに出てみると、川沿いの桜は満開の様子です。

 

Ha06

 川沿いの桜の下へと行ってみました。見事な桜並木なのに人は一人二人程度、もともと人気の場所ではないのですがもったいないですね。

 

Ha07

 南側から鶴ヶ城へと入ってみました。小さな公園にはベンチで語らう老人が二人、滑り台で遊ぶ親子連れが一組。立派な桜のトンネルなのですが。

 

Ha08

 お城の中はそこそこ混んでいるでしょうから、周囲を回ってみます。旧陸上競技場の多目的広場です。ここも大きな桜の木が満開で、右端奥に見える山は磐梯山です。

 

Ha09

 お城の東側、博物館脇の三の丸の桜は、早咲きなのでもう葉桜気味です。

 

Ha10

 お城付近はもう良いからと郊外へと足を向けます。下の見えるのは会津五桜の一つ石部桜です。高台から見てみましたが警備員が一人に写真を撮る人が一人。平日とはいえこの時期にこの少なさは・・・大河ドラマのオープニングに使われたことも有り、例年人人人でごった返すのですが。

 

Ha11

 郊外にはもう一つ、新しい桜の名所が出来ています。会津大学の桜です。開学してそろそろ30年、桜にとっては元気な年齢なのかもしれません。

 

 20キロほどのポタリング、昼飯前の2時間半ばかり、天気も良くて良いリフレッシュになりました。

 

 

 

 

« 里山の春 | トップページ | 山仕事入門 »

コメント

久しぶりに会津の桜で花見ができました。せっかくのいい季節なのに新型コロナでどこにも出かけられません。会津でも外出自粛の影響あるようですね。自転車で郊外にいくのはいいらしいので楽しんでください。私は毎日家に籠ってマスク作りしてますよ。

やっと桜が咲く良い季節となったのに、コロナ問題で散々です。近くをちょこちょこと走っています。人出のないところにも良い桜がありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 里山の春 | トップページ | 山仕事入門 »

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31