« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月19日 (木)

お彼岸の会津  坂下・高田

 このところお彼岸に会津を走っている。冬の長い会津だからお彼岸あたりが丁度良い走り始めとなる。ちょっと調べてみると

2019.3.20 喜多方からサイクリングロード

2018.3.24 会津五薬師巡り

2017.3.20 本郷山

2016.3.21 湯川渓流

2015.3.21 塩川

2014.3.19 喜多方ポタ

2012.3.20 大塚山・河東・塩川

 

Oh01

さて今年はどこを走ろうかと思っているうちに梅が咲き始めて、寒の戻りで雪が降ったりと変化の激しい天気になった。

Oh02

 天気予報を見て晴れて気温も上がりそうな日。ちょっと墓参りをして、河東へと抜けた。今頃は雪をかぶった飯豊山がきれいだ。

Oh03

 あまり走ったことがない田舎道を走っていったら、馬頭観音に出会った。石碑だけではなく大きなお寺だ。

Oh04

 そこには、このようにニンジンが備えてあった。関東の輪友が、馬頭観音のニンジンをブログに載せていたが、会津にもあったとは・・・

Oh05

 もう少し走って湯川村に入ると、大きな厩嶽山の石碑があった。厩山も馬頭観音の本山みたいなところだから、この辺り一帯は広大な農耕地帯で馬がいかに重要であったのかうかがえる。

Oh06

 腹ごしらえを兼ねて、道の駅ゆがわに立ち寄った。コロナ騒ぎで人の出足は少なめだったが、自転車に乗った若者たちが数名休んでいた。

Oh07

 坂下に入って、飛露喜で有名な廣木酒造の脇を通ります。地元では壁面に書いてある泉川の方が有名です。

Oh08

 気温が上がってちょっと疲れてきました。坂下から新鶴へそして高田へと入りました。

Oh09

 伊佐須美神社へ寄ってみると、まだ冬休み気味のようでしたが、池の石の上では亀さんが首や手足をいっぱいに伸ばして日向ぼっこの最中でした。

Oh10

 さて、ほどよく走ったので家路へと急ぎます。会津盆地の周辺は飯豊山はまだ真っ白、磐梯山は少し真っ白、近くの山々は雪解けも終わって春を待つばかりかな。

 

2020年3月12日 (木)

松の目林道

 今年は雪が無いから、早くに走れると思うばかりでさっぱり走れず、3月も半ばになって重い腰を上げた。自転車屋さんで見た衛星写真に、未知の林道らしいものが写っていた。道があるかどうか分からないがとにかく行ってみることにした。

 

Ma01_20200312215201

 自転車は当然登りにめっぽう強いe-バイクだ。まずは舗装の滝沢峠を登る。気温が予想以上に低いようだが、登りで汗ばんできた。

 

Ma02_20200312215201

 強清水を過ぎていつもの磐梯山は、ちょっと雲がかかっている。この時期にしては雪が少ない。

 

Ma03_20200312215201

 途中で右折して笹山原を目指す。オフロードを探しながらといったところだ。

 

Ma04_20200312215201

 猪苗代湖畔に出た。天気が良いとのことで出かけてきたのに、寒くて時折霰が舞う。冬型だと帰りが向かい風になって大変だ。

 

Ma05_20200312215201

 中田浜で、湖岸を離れて湊方面に向かう。相変わらず風が強くて霰が舞う。

 

Ma06_20200312215201

 トンネルを抜けたところで、かなりの数の白鳥が餌をついばんでいるところに出くわした。北へ帰る準備なのか、いつもなら田んぼは雪だらけで餌探しに苦労していただろうに。

 

Ma07_20200312215201

 湊を過ぎて、左折して目的の道路の入り口に着いた。目指す林道が松の目林道であることをここで知った。**林道と言うことはかなり手強いということだ。

 

Ma08_20200312215201

 ちょっと登って吉ヶ平ダムへと着いた。静かで何もない・・・この時期にカモもいないのは珍しい。

 

Ma09_20200312215301

 林道はかなりどろんこで、周囲に雪も見られるようになってきた。道脇の最後の山小屋風の家、車が止まり煙突から煙が出ていた。

 

Ma10_20200312215301

 道はどんどん荒れてきた。アシストがなければ押しになるところだがハイモードにして駆け上がる。

 

Ma11_20200312215301

 結構雪が出てきたところで本日は止めにした。更に2.6キロほど林道が続くようだが、国有林の保全のための道で、どこかに抜け出ることは出来ないようだ。

 

Ma12_20200312215301

 自転車はこのように泥だらけになって・・・楽しい泥遊びというところか。

 

Ma13_20200312215301

 帰り道は予想通り冷たい向かい風になって難儀したが、山沿いのオフロードを選んで帰ってきた。帰り道の水路にこのように沢山の蛙の卵を見つけた。蛙は水中に隠れてしまい姿を見つけることは出来なかったが、かすかに鳴き声も聞こえていた。

 

 山国にも例年になく早く、春が訪れてきている。

 

 

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31