« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月21日 (金)

裏磐梯 雪遊び(スノーシュー)

 毎冬、裏磐梯に行って雪遊びをしている。MTBやシクロクロスのタイヤで遊んだり、スノーシューで雪原を歩いたりと。今年はとんでもない少雪で、会津若松では雪遊びもできなかった。2月も終わりに近づいてきたので天気の良い日を見計らって裏磐梯へと向かった。

 

Ur1

 とにかく少雪、猪苗代でも雪は無い、裏磐梯に上がっていっても道路には雪は無い。いつもの国民休暇村向かいのレンゲ沼の駐車場に車をおいた。さすがに雪があるようには見えるが、レンゲ沼の上は危険で立ち入り禁止になっていた。

 

Ur2

 持ってきたのはスノーシュー、1年に一度くらいは使わないとね。でも、朝方冷えたから堅雪になっていてスノーシューが邪魔になるくらいだ。

 

Ur3

 いつものように中瀬沼へと向かった。快晴のはずなのに、ちょっと雲が厚くて山頂にかかってしまっていた。下の中瀬沼も水面が見える。いつもならすっかり雪の中なのに。

 

Ur4

 展望の良い東屋でランチとする。インスタントの雑炊にコーヒーだ。誰もいないからと店開きしたら結構人が集まってきてしまった。

 

Ur5

 午後は気温も上がって、雪も裂けてきた。2㎞ちょっとのコースだから少し物足りない。次は不動滝あたりかな。

 

 

 

 

2020年2月19日 (水)

ACF新年会 Ⅲ 厳道峠  2/16

 夕べの宴会は結構盛り上がっていたが、疲れてもいたし少し早めに床についた。しかし、時折疾走する車やオートバイの音が響いて安眠を妨げられた。夏にやっていたACFの集まりもこのような交通事情から冬に持ってきたと言うが、少雪の今年は避けることがなかったようだ。
Ga1

 朝食はいつもの朴葉味噌、近頃は小食となり茶碗1杯で満腹となってしまうのだが、珍しくおかわりをしてしまった。

Ga2

 朝方小雨模様だったが、出発の頃には結構雨が強くなってきていた。これでは、厳道峠は止めて駅直行だろう思っていたのに、皆シコシコと急な林道を押し上げて結局厳道峠まで上がってしまった。峠に着く頃には雨はほとんど感じなくなっていた。

Ga3

 厳道峠からの富士が見たいと、何度か峠に立ったがまだ一度も見たことがない。今回も当然霧の中であった。
 

Ga4

 最初は濃い霧の中、急坂を下ることになったが、雪は全くなくて今までで初めてのことであった。三日で100㎞未満と距離は短いが、久しぶりに輪行ツーリングを味わうことができた。

  上野原の駅に着いて輪行支度をした後、皆は駅前の食堂で反省会とのことであったが、帰りの列車の夕方の混みを避けたくて直近の列車で帰ることにした。東京駅で乗り継ぎが悪くて待ち時間があったが、無事自宅へ帰り着いた。
 次回はみちのくラン、きついコースのようなのでもっとトレーニングしておかなければ。

 

 

2020年2月18日 (火)

ACF新年会 Ⅱ 明神峠・三国峠・山伏峠  2/15

Mi01

 朝起きたら寝床が合わなかったのか、腰が痛かった。峠越えがあるため不安になった。朝食前に自転車を組み立ててしまう訳だったが、朝が暗かったことも有り、朝食をとってからゆっくりと組み立てた。

 

Mi02

 二日目は、篭坂峠で山中湖に出るか、三国峠越えにするか迷いながらの出発となった。やはり交通量が多そうな篭坂峠はやめて、きついという三国峠越えを選んで246を走り始めた。30分ほど走った道の駅ふじおやまで一息入れた。富士がきれいに見えて良い旅になりそうだった。

 

Mi03

 途中から左折して明神峠口を目指す予定だったのに、工事中の所があったりして、駿河小山まで下ってしまった。そのため、急な登りに苦しめられやっと明神峠口に着くことができた。

 

Mi04

 明神峠へ向かう県道147は幅広の立派な道で、左白線の内側のブルーラインが自転車路側帯を示していた。

 

Mi05

 急な登りでほとんど押しの状態となった。舗装が丸く切られた急坂で、速度表示の左に見える切れ目が三国峠と思われた。まだまだ先のようであった。

 

Mi06_20200218214201

 明神峠からは足柄方面への林道が作られているが、いつも通行止めのようだ。事故が多いから自転車もダメとの注意書きもあった。だいぶ疲れていたし、ここで湯を沸かして早めの昼食をとってしまうことにした。

 

Mi07

 明神峠から先は勾配が少しは楽になるのではと踏んでいたが、そのようなことはなくて、16%なる表示が現れ押すのも難儀する始末となった。

 

Mi08

 県境の道が、一度神奈川県に入った。県境まで1.5kmとあって、勾配も緩くなり乗ってけるようになったが、まだまだ急坂が待ち構えていた。

 

Mi09

  路肩に雪が見られるようになってようやく三国峠に着くことができた。気温が高いから良かったが、寒ければ路面凍結で大変だったことであろう。

 

Mi10

 峠は展望もなくてがっかりして下り始めたら、富士山が雄大な姿を見せ始めた。山中湖も見えて思わず自転車を止めた。

 

Mi11

 下るにつれて富士山がよく見えてきた。やはり、今年の雪は少なめなのであろう。山中湖の向こうに見える雪をかぶった山々はアルプスであろうか。

 

Mi12

 最後は快適に山中湖に下ったもののかなり疲れていた。まだ山伏峠が残って不安になった。下ったところにあったコンビニで補給食を買って食べて、足をマッサージしたりして小休止をとることにした。休憩所には東京オリンピックのロードコースの説明があって、明神峠と三国峠の登りが勝負所と書いてあった。老ツーリストが押しになるのは当然の道であった。

 

Mi13

 山伏峠の道は国道なのに狭い上に車にバイクが多かった。何とか頑張って一度の休みで峠まで登り詰めた。途中で追いついてきたACFクラブ員のH氏に写真を撮ってもらった。さあ、後は宿まで下るだけだ。

 

Mi14

 宿まですぐと思っていたが、下りは思いの外長かった。途中の道の駅で一息入れたが、とんでもない数のオートバイが駐車していた。普通の冬なら雪で来ることができないのに、この良い天気に集まってきたのであろう。

 

Mi15

 やっと着いた日野出屋、わずか46㎞に7時間半もかかってしまった。熱い温泉に入って、一献酌み交わしながら、シビエ料理に舌鼓を打ちながら、旧知の友との自転車談義に花を咲かせることになる。

 

 

 

 

ACF新年会 Ⅰ 鎌倉・江ノ島ポタ  2/14

 例年2月の初めに開かれていた、道志日野出屋でのACF新年会が今回は2月中旬に開かれることになった。冬場ツーリングはなかなかきついから、過去数回は車で移動し参加していた。しかし、旅情を感じるのはやはり輪行、今年は雪も少なそう、一日早い14日(金)の出発としたもののなかなかコースがまとまらず、出発前日なってやっと御殿場までの切符と宿を確保した。

 

Ka1_20200218111201

 磐西線・新幹線・東海道線と心配した列車の混みもなく無事通過、11時半頃に大船駅で途中下車し、込み込みした駅前で自転車を組み立てた。

 

Ka2_20200218111201

 駅前から南下して鎌倉へと、円覚寺前あたりまで来ると鎌倉らしくなってきた。鎌倉は中学校の修学旅行以来か、下調べもなしに来たからどこへ行ったらいいのかも分からない。どうも自転車ツーリングで走る所ではなさそうだ。

 

Ka3_20200218111301

 知っていそうな所をと鶴岡八幡宮へと寄ってみた。ポンポンと柏手を打ってお参りし、写真を撮っただけで退散することにした。

 

Ka4_20200218111301

 その後は、人混みから逃げるようにして脇道を探して鎌倉駅に出た。

 

Ka5_20200218111301

 さらに南下して海を目指した。出たところは由比ヶ浜であった。驚いたのはサーファーの数、いわきの海岸の比ではない。暖冬とはいえ真冬なのにビーサンにウエットスーツ、水をしたたらせながら歩いているかと思うと。脇にサーフボードをつるした自転車で海へと向かって走っている。これがアメリカ西海岸のスタイルなのであろうか。

 

Ka6_20200218111301

 近所の行きつけの自転車屋さんも言っていたが、会津人は山より海を見るとうれしくなってくる。交通量が多い道で、台風被害の復旧工事の所もあったりしたが、海沿いを西へと走った。サザンの歌のように江ノ島が見えてきた。

 

Ka7_20200218111301

 橋を渡って島に入るという江ノ島は期待していたが、橋は人だらけだった。高台は敬遠して、灯台のある岬へと行ってみた。釣り人が多くヨットがのんびりと浮かんでいた。数羽のカモが波間に漂っていた。

 

Ka8_20200218111301

 道を間違って遠回りをしてしまったが、辻堂の駅から再び電車に乗り国府津へ、御殿場線に乗り換えて17時近くに御殿場の駅へとたどり着いた。駅には東京オリンピック・ロードレース会場の垂れ幕が掲げられていた。

 

 小雨が降り出した中、ホテルへと向かった。駅前と思ったら結構距離があって輪行袋を担いでは大変だった。

 

 

2020年2月 4日 (火)

立春 そして前代未聞の少雪

 会津では今頃が一番寒くて雪が多い時期なのですが、今年は本当に少雪なのです。

  大川沿いのサイクリング道路 

Sh1

 ここは除雪をしないので今頃の時期は雪で走れません。それが周辺にも全く雪を見ることができません。

Sh2

 これはサイクリング道路から北を向いたところです。左手にちょっと雪をかぶった山が見えますが、これが会津若松の最高峰、大戸岳(1415.4m)です。

 

豪雪地帯の奥会津

Sh3

  車で見に行ってみました。金山町の道の駅です。大きな除雪車が止まっていますが、雪はありません。後ろの山肌は急峻で雪崩の後がたくさんあるのですが、今年はほとんど雪がありません。

Sh4

 さて、会津で一番の豪雪地帯である只見町に入ります。入るとすぐの塩沢には河井継之助記念館があります。その駐車場には雪像(ネズミかな)が作ってありました。さすがに雪はあるようですが。

Sh5

 次は、会津のマッターホルン蒲生岳のある蒲生、只見町で雪が一番深いところです。ここの積雪が2m80cmを超えると豪雪対策本部が設置されるという計測点なのですが・・・(私がいた4年間には豪雪対策本部が設置されました)今年はこの程度です。

Sh6

 さらに進んで只見湖まで行ってみました。わかりにくいですが、正面が田子倉ダムで、その先の六十里越えは冬季閉鎖となっています。さすがにダムの向こうの会越国境の山々の雪は違いますね。

Sh7  

 ダムの反対側へと行ってみました。左の丸い屋根がブナミュージアム、右の建物が旧中学校、そして正面に白く頭をちょこんと出しているのが浅草岳です。これは、1585mと標高はさほどでも無いのに雪の量は別格ですね。

 この少雪、このままで終わるのかな。それとも、明日あたりから寒気が入ってくるというので・・・

 

2020年2月 3日 (月)

冬の青木山 2/2

 毎冬、近くの里山である青木山に、カンジキやスノーシューをはいて登っています。暖冬の今年は雪はどうでしょうか。念のためザックにカンジキを入れて登ってみることにしました。

 

Ao1_20200203223001

 晴天の日を選んで子供の森から登り始めます。ここは、スキー場にもなっているのですが、全く雪はありません。

 

Ao2_20200203223001

 キャンプもできるのです。寂しいところで夏場でもキャンプする人はほとんどいないのですが、何と他県ナンバーの車が止まっていてテントが張ってありました。ストーブを焚いていたから寒くなかったとのこと・・・

 

Ao3_20200203223001

 ヒメシャガの看板のあるところまで登りましたが、雪はありません。

 

Ao4_20200203223001

 中腹を過ぎる頃から、路面に雪が出てきました。でも、歩きにくいほどではありません。晴れたせいか気温が低くて、木の枝には霧氷が付いていて、風でバラバラと音を立てて落ちてきました。

 

Ao5_20200203223001

  枝をよく見てみると風上に向かって氷が伸びています。

 

Ao6_20200203223001 

 見晴台からの会津盆地、下界には雪は全くありません。

 

Ao7_20200203223001

 谷を隔てた背あぶり山方面も雪は少ないようです。

 

Ao8

 723.3mの山頂の碑、ほとんど隠れていません。もちろんカンジキは不要でした。以前来たときには、これが雪ですっぽり埋まっていたこともあったのですが。

 

 雪が無くて楽ちんだった・・・かというとそんなことは無くて、とにかく疲れた疲れた。トレーニングしなくては、でももう年だしね。

 

 

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31