« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月25日 (水)

河東ポタリング

 会津は日本海側の気候のため、冬はどんよりと雲が立ちこめ、雪がチラリチラリと舞うのが普通の状態です。今年は雪が降らないものの天気が悪い日が続いていました。

Ka1_20191225212001

 それが今日は朝から晴天の予報です。このところ裏切られることも多かったのですが、雲一つないまたとない晴天に恵まれました。真っ青な空に飛行機雲が一つ二つと筋を作っていました。

Ka2_20191225212001

 朝の内こそ氷点下に冷え込み、霜で真っ白になっていましたが、この天気を逃す訳にはいきません。正面に見えるのは飯豊山、真っ白に雪化粧していました。

Ka3_20191225212001

 このような、古い道標を辿りながら、河東辺りをうろついてみることにしました。

Ka4_20191225212101

 タイヤは26×1.5、道が氷っていたりするとスリックでは危ないし、これならオフロードがあっても平気です。

Ka5_20191225212101

 チェンジもマイクロシフトの手元レバーなので、小気味よくカチカチとチェンジします。

Ka6_20191225212101

 河東の工業団地へと上がってみました。団地といっても数件だけで思いの他静かな所でした。

Ka7_20191225212101

 高速道路の下をくぐっていったら、磐梯山が綺麗に見えました。雪の量はまだまだ少ないようです。この赤白のポールは除雪用の目印で、冬になると道路脇にずううっと立てられています。

Ka8

 久しぶりに稲荷原(とうかはら)という所に行ってみました。立派な馬頭観音が建てられていました。

Ka9

 さて、最後は皆鶴姫の所に出て、飯豊山を眺めながら帰ることにしました。

 冬期間このような天気は、月に一度有るか無いかでしょう。半日位でしたがノンビリと楽しむことができました。

 

2019年12月21日 (土)

またまた予報がはずれて

例年12月の末には、自転車の走り納めと称してどこかに走りに行っていました。近年は雪が少なくなったので、会津の山里でも結構走れるようになりました。以前は雪の降らない浜通や関東まで出かけることも多々ありました。さて今年は・・・久しぶりに関東まで行ってみようと思い立ちました。関東と言っても一番近いところで、白河の関を越えてすぐの伊王野と言うところです。ここには道の駅もあるし、白河辺りが雪でも関を越えた向こうは雪がないことが多いからです。

朝早く車で出るとき会津は日が差していました。下郷からは甲子トンネルを越えるのですが、かなりの標高があるのに雪なし。ところが、下り始めてしばらくすると路面が濡れてきました。アレアレという間に雪になってしまいました。道の駅に着く頃には小雨となっていましたが、完全に機先を制されてしまいました。

Ha1

走ろうと思ったのは八溝縦貫線という勇ましい名前の舗装の林道です。

Ha2

これが林道マップなのですが、上ったり下ったりで30キロ以上もあるのです。抜け道も沢山あるのですが、寒さも手伝い走るのを止めてしまいました。

 

さて只帰るのも面白くないですね。何か無いかなと地図を眺めながらの帰り道。

Ha3

勢至堂峠に太閤道という古道があるのを思い出しました。勢至堂トンネルの脇から階段が付いています。この時期なのに会津の峠でもこのように雪がないのです。

Ha4

階段を上ると如何にも街道らしい幅広の小径になりました。雪はほとんどないのですが、上ってすぐに熊かなと思われるウンコがデッチリとありました。

Ha5

峠は太閤様が休んだのでしょう、結構広々としていました。地元の有志が立てたと思われる石碑と木柱がありました。

今回は様子見に徒歩で行きましたが、次回は自転車で長沼側に越えてみたいものです。果たせなかったラストラン、今年はまだ10日ばかり残っていますが。

 

2019年12月12日 (木)

天気予報が外れて

 輪友からお誘いが、先月走りそこねた松前街道を走って、帰りは会津鉄道のサイクルトレインで帰ってこようというものです。寒いのと、天気が下り坂なのが心配ですが、1人ではなかなか出かけられない時期なので、混ぜてもらうことにしました。

Yu1_20191212222501

 さて、朝方霧が深くて霧が晴れれば大丈夫と出かけたのですが、雨がパラパラパラと降り始めました。それでも大川ダム公園まで来たのですが、結構びしょびしょで寒いです。

Yu2_20191212222501

 ダム公園からの様子ですが、雨に煙って正面の山の上の方がちょっと白いくらい、写真でははっきりしませんが、その陰の小野嶽には積雪があるようです。12月も半ば近くですから天気は悪くても、この雪の少なさは暖冬と言えそうです。

Yu3_20191212222501

 もうひと頑張りして、湯野上温泉駅まで行きました。かやぶき屋根の駅には囲炉裏があったりして、ちょっとマッタリしてしまいました。

 晴れるかなと思ってもすぐに冷たい雨が、走るのはあきらめて、駅の近くの温泉に入ることにしました。一人500円で1時間貸し切りという面白い日帰り湯でした。

Yu4_20191212222501

 会津鉄道は自転車の持ち込みがOKなのです。タイヤがこんなに太い自転車だと今回の3台が限度でしょうか。早い早いあっという間に会津若松に戻ってきてしまいました。

Yu5_20191212222501

 湯野上温泉駅前でお昼を食べるところを探したら全然なし。若松に戻って行きつけの店に行ってみたら、本日休業、そしてラストオーダー終了・・・という訳で冷たい雨の中を彷徨ってようやく暖かいものにありつけました。今回はオーソドックスにラーメン+餃子です。

 さて、まだまだ走る計画があるそうですが、寒いし、天気が悪いし、会津はそろそろ走り納めかな。

2019年12月 9日 (月)

今年最後の里山歩き

Ao1_20191209184401

  このところ天気が悪くて寒い日が続いていたのですが、高気圧が張り出してきて朝から晴天の一日となりました。

Ao2_20191209184401

さて、久しぶりに里山の青木山に登ってみることにしました。晴れたのですが、さすがに朝は寒くて子どもの森の池には薄氷が、登山道は霜で白くなっていました。

Ao3_20191209184401

登るにつれて雪が見られるようになりましたが、踏み跡は溶けてはっきりしていました。

Ao4_20191209184401

会津盆地にはまだ雪が見られません。その向こうの飯豊山だけはもう完全な冬山です。

Ao5_20191209184401

頂上付近の展望広場です。ちょっとは雪がありますね。正面のうっすら雪を被った山は背炙り山です。左側にチラリと見えるのが磐梯山です。まだ初冬の装いです。

Ao6_20191209184401

頂上はこんな様子です。まだ水準点も頭を出しています。次に来るときにはどのくらい雪が積もっているでしょうか。

 

家から頂上まで丁度2時間ぐらいです。この程度のハイキングでも結構疲れるようになってしまいました。スノーシューやかんじきを履いての冬の山歩きは年々厳しくなってきましたね。

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31