« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月22日 (火)

全国サイクリングクラブラリー 小諸菱野温泉

10/19(土)

 全国サイクリングクラブラリーは今年で50回を数える歴史ある大会です。今回の開催地は小諸市の菱野温泉常磐館です。輪行前日発で行きたかったのですが、台風19号の影響で列車や道路状況に不安があったため、車に自転車を積んで出かけました。高速が止まっていて軽井沢で渋滞に引っかかりましたが、昼過ぎには何とか会場に着くことが出来ました。

Hi01_20191022181901

 今年の担当クラブは浦和サイクリングクラブです。名誉会長さんがお出迎えしてくれました。

Hi02_20191022181901

 心配された雨も上がってきたので、周囲を少し走ってみることにしました。小さな牧場にポニーが遊んでいます。

Hi03_20191022181901

 1000m林道を走っていくと、ACFの仲間とばったり会ってしまいました。2014年のあしがら退会時にも道志でACFと出会いがあり、私がACF入会のきっかけとなったのでありました。

Hi04_20191022182001

 ACFN氏に勧められて、水出林道を走ってみることにしました。なかなかの悪路です。幸いなるかな晴れていた空が曇りだしポツリポツリと・・・木陰で雨宿りするも一行に止まず雨具を着て宿へと逆戻りしました。

 宿の常磐館には、ケーブルカーで行く展望風呂があったり、宴会場も120名も入る大きな物であったりといつものように参加者との旧交を温める内に夜は更けていきました。

 

10/21(日)

Hi05_20191022182101

 翌日は朝霧が出てはいましたが、参加者は朝食後出発の準備を始めます。今回も私は奈良クラブとしての参加です。会長のI 氏と記念撮影です。

Hi06_20191022182101

 どこを走ろうかと迷いながらの参加でしたが、1200m林道を走るというACFに着いていくことにしました。まずは、昨日も走った1000m林道を軽井沢方面へと走ります。

Hi07_20191022182101

 地道を1200m林道へと登っていきます。台風余波で枝が落ちているところもありましたが、まずまずの上り道でした。

Hi08_20191022182201

 枝ばかりで無く、栗も沢山落ちていました。実もちゃんと入っています。42bでもサイドの薄いタイヤだからパンクにも注意かな。

Hi09_20191022182201

 ようやく1200m林道へと登り付きました。さすがにこれだけ標高が上がると紅葉した木々も見受けられました。

Hi10_20191022182201

 さてそれからが大変、倒木が道路をふさいでました。途中で折れた木、根こそぎひっくり返った木が次々と現れました。

Hi11

 折れた枝が絨毯のようになっていて、その先には倒木もあって・・・

Hi12

 いつの間にか空は晴れ渡って、浅間山も顔を出してきました。時折見える小諸方面の谷間も綺麗に晴れ渡ってきています。

Hi13

 途中崩れた崖を直しているところがあって、そこからは倒木も枝木も綺麗にかたされて走りやすくなりました。木材の収集所らしきところが分岐点になっていて、昼食をするという仲間達と別れて下へと下ることにしました。

Hi14

 1000m林道に下って車を置いた宿を目指します。舗装をされているとはいえ車が少なくてこの道もなかなか快適です。

Hi15

 広がるキャベツ畑に、小諸の町並み・・・反対側の蓼科方面は残念ながら雲の中のままでした。

Hi16

 さて常磐館まで戻ってきました。車を使う便利さはありますが、帰りの運転は辛いものがありますね。

 

2019年10月10日 (木)

磐梯町 林道北堰赤枝線

 今年一番の台風が近づいていて、今度の3連休は大荒れになりそうだ。風がちょっと強いものの嵐の前の晴天を逃してはと、オフロード走りに出かけてきた。

Ba01

 いつものように滝沢峠を上るが、e-バイクだと上りが楽で強清水も休まずに通り抜けてしまった。蕎麦畑も刈り入れの次期を迎えて、磐梯山も綺麗に見渡せた。

Ba02

 会津レクリエーション公園で一休みした。公園向側に赤く色づいた植物があったが何だろうか。

Ba03

 公園前から裏道をダダダダーっと下って、磐梯町へ。今回は道の駅に立ち寄ってちょっと腹ごしらえをした。

Ba04

 新装なった慧日寺の脇を通って上りに入った。熊注意の看板があったが、熊鈴はちゃんと付けてきたし・・・

Ba05

 なかなかの急坂なのだが、ハイモードにすると、足がクルクルと回ってしまう。

Ba06

 調子よくダートの林道北堰赤枝線へと出てしまった。砂利はまかれているが小粒なので走りやすい道だ。

Ba07

 林道の眺めの良いところから、すぐ下が磐梯町。正面の山は会津若松の背炙り山、左手の平らなところが布引山である。右手奥の高い山は何だろうか。那須甲子辺りなのか?

Ba08

 道は舗装になって一気に赤枝へと下りていった。カーブでスピードが出すぎてブレーキをかけたら後輪が滑って危ない危ない、舗装路は要注意だ。

Ba09

 道の脇に、陣の山館跡の看板を見つけて上がってみた。芦名を攻めた伊達政宗が陣を築いた所らしい。e-バイクでもなかったら素通りするところだ。

Ba10

 最後はいつものように、会津観音裏の旧道を下ったが。草ぼうぼうに蜘蛛の巣だらけ、それにイノシシの掘り返しもあって大変。抜け出してからの草の実取りが大変だった。

 

2019年10月 8日 (火)

青木山麓 山辺の道

 門田町青木の山裾に、山辺の道というのがあります。

Ya1

 クネクネと続く農道の両側には、柿やリンゴの木が植えられています。小さな花畑もあるようです。

Ya2 

 門田地区は、会津身知らず柿の産地です。渋柿を焼酎でさわして渋抜きをするので、まだ実は青いようです。下に積んである丸いわら束は、柿の木の堆肥かな。あちこちに積んでありました。

Ya3

 西側に目をやると、会津盆地が広がり、その向こうには美里町高田の山々が見渡せます。ちょっと高い尖ったのが明神が岳です。

Ya4

 野菜畑に柿畑、その陰に屋根がちょっと見えるのが、大洞山龍澤寺です。

 なんということは無い田舎道ですが、「右 たしま 日光」などの石の道標などもあって、古くからの道のようです。町中を歩くよりはすがすがしい、市民憩いの散歩コースです。

 

2019年10月 3日 (木)

紅葉狩りの準備

10月にもなると高い山々からは紅葉の便りが届き始めます。この付近はずっと遅くて、例年11月3日に里山「青木山」の紅葉狩りを実施しています。丁度1ヶ月後になったので山の様子見に出かけました。

Ao1

今年は、夏場は猛暑で全く登っていないのでちょっと心配です。

Ao2

いつものことですが、山の神様には手を合わせてお参りしていきます。

Ao3

分岐点にて、標示は大丈夫のようです。ここのモミジは綺麗なのですが、まだまだ緑のままです。

Ao4

723mの頂上に到着です。以前は楽勝だったのですが、かなり疲れてしまいました。そろそろ限界かな。

Ao5

この標識熊にかじられて倒れてしまい、数年前に補修したのですが、またちょっとかじられたみたいです。

Ao6

秋は、もうちょっと奥に入った「妙見様」までをコースにしたいと思います。

Ao7

予報では曇りだったのですが、気温は高めで時折パラパラッと小雨が降ったりしました。会津盆地も霞んでいました。

山頂付近に草深いところがあったので、今度は仲間を誘っての草刈です。天気が良い日があると良いのですが。

 

2019年10月 1日 (火)

尾瀬 大江湿原

ご近所さんに誘われてのハイキングです。先週は天気が悪そうなので「やめようか」などと言っていたのですが、数日前から予報が好転してきて「やっぱり行こう」という事になりました。

Oz1

車で田島、檜枝岐と走って御池へ、そこからはこの電気バスで沼山峠口まで来ました。

Oz2

そこから、沼山峠を越えてやってきたのは大江湿原です。新聞には草紅葉が見頃と出ていたのですが・・・

Oz3 

尾瀬沼から燧岳がよく見えました。こんな天気なら上っても良いかなと思うのですが、木道での沼山峠越えの3キロちょっとでフウフウいっているようでは無理でしょうね。

今回は尾瀬沼の往復だけで、帰りは燧の湯で汗を流して帰ってきました。尾瀬でさえ紅葉にはまだ間があるようでした。行楽の秋、天気が良ければまたどこかに行きたいですね。

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31