無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« Fcycle 奥会津 西山温泉 | トップページ | 沼沢湖から玉梨へ 7/3 »

2019年6月27日 (木)

ニッコウキスゲの咲く雄国沼へ

 雄国沼へのルートは喜多方からのシャトルバスか、雄子沢からのコースが一般的です。私はもっぱら雄子沢からのコースを好んで使っていました。ところが雄子沢の駐車場は小さくて、ニッコウキスゲの時期は平日でも満車状態です。

Og01

早起きして出かける予定が、すっかり朝寝坊、急遽変更してラビスパ裏磐梯からの「雄国パノラマ探勝路」を使ってみることにしました。この道は長くて雄国山を経由するため人気が無くて広い駐車場に止まっていた車は1台だけでした。

Og02

人気の無い山道は怖いですね。熊鈴をチリンチリンと大きく鳴らしながら出発しました。そうしたら、このような面白い看板が・・・

Og03

何でしょうね。このブナの変な曲がり方は。自然のいたずらでしょうか。

Og04

天気が良くて気温も上昇とのことでしたが、このように立派なブナ林が続いて、日影になっていて助かりました。

Og05

雄国山の山頂が近づいてくると見晴らしが良くなってきました。これは磐梯山。噴火口が半分だけ見えました。

Og06

これは雄国山山頂からの展望です。喜多方のその向こうの飯豊山は、まだまだ残雪が多いようでした。

Og07

これがこれから行く雄国沼です。沼の向こうには遊歩道がかすかに見えましたが、ニッコウキスゲの黄色は見えませんでした。ここまで2時間ほど歩いてきたのに沼はまだまだ遠いです。

Og08

雄国山からの急坂の下りに、休憩所からの歩きにくい砂利道に、疲れ疲れて着いた遊歩道。ニッコウキスゲはどうだったでしょうか。

Og09

このように見事に咲いていました。

Og10

木道の外側には、ずっと咲いていたのですが、木道の内側はちょっと後退気味でしょうか。木道では湿原への影響はあるのかもしれません。

今回利用した雄国パノラマ探勝路、往復で15km6時間の行程でした。久しぶりに身体中が痛くて大変です。ちょっとしたハイキングとは言えないコースでした。このコースの人気が無いのがよく分かりました。

 

« Fcycle 奥会津 西山温泉 | トップページ | 沼沢湖から玉梨へ 7/3 »

コメント

ニッコウキスゲがこのように群で咲いているところは見たことがありません、沼とのコントラストが美しいですね。

ぱぱろうさん 雄国沼のニッコウキスゲは尾瀬より生息密度が高いそうです。以前は自転車でも行けたのですが、この頃はハイカーが多くなって、規制されてしまったようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Fcycle 奥会津 西山温泉 | トップページ | 沼沢湖から玉梨へ 7/3 »