無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 舟子峠 | トップページ | ニッコウキスゲの咲く雄国沼へ »

2019年6月24日 (月)

Fcycle 奥会津 西山温泉

  大内宿、金山滝の沢温泉と開いてきたfcycleの会津ラン。今回も宿集合の集中ランで場所は柳津町の西山温泉としました。梅雨入りが早まってしまい天気が心配でしたが、午前中曇りの予報が午後まで持ってしまい、奥会津の良さを楽しむことが出来ました。

6/22(土)

会津若松→美里町新鶴→銀山街道→銀山峠→久保田→西山温泉 老沢温泉旅館泊

6/23(日)

西山温泉→高森→緑資源林道→大岩→美里町高田→美里町本郷→会津若松

Ni01_20190624143201

 まず若松から西へ西へと進んで新鶴へ、吹上丘の上にある銀山街道の案内板まで来ました。何と足も軽くて快調でした。追い風だったのかな。

Ni02_20190624143201

 佐賀瀬川から県道53会津高田新鶴線に入ると、せいぜい農林作業中の軽トラに時折出会う程度となりました。上り坂が結構きついはずなのですが、F32×R36の超ローギアに助けられてか押さずにとろとろと上がっていきました。

Ni03_20190624143201

 だいぶ汗をかきましたが、軽井沢着。銀山峠に備えてパンで腹ごしらえをしました。

Ni04_20190624143201

 銀山の入口の標示から入った道は舗装はされていたもののなかなかの急坂で、喘ぎ喘ぎ上ったら、舗装が切れた向こうに銀山跡のトレードマークとなっている赤い煉瓦の煙突が見えてきました。

Ni05_20190624143201

 崩れそうな煙突の脇をそのまま上っていったら(もちろん押しです)採石場のような所で行き止まりでした。山々が連なって見晴らしは良かったのですが。

Ni06_20190624143201

 地図で確認したら、峠の登り口はもっとずっと下の方でした。古ぼけてはいますが銀山峠入口の標柱が立っていて、草深いもののかなりの道幅でした。

Ni07_20190624143301

 雪の押し倒されて曲がった豪雪地帯特有の木々の中を進む道は、峠ブームのイベント等が毎年開かれているだけあって、立派なものとなっていました。

Ni08_20190624143301

 ピークの脇に祠があって、これは峠だね。と勝手に決めて一休みしました。雰囲気は良かったのにこれが偽峠で、まだまだ上らされたのでありました。

Ni09_20190624143301

 この杉林が峠のようでした。何の標示も無く古くからの峠らしくはないような所でした。

Ni10_20190624143301

 下りは短くて、すぐに広い道に出ました。車も勇に入れそうな道でしたが、このように草ボウボウでした。

Ni11

 下りたところは、久保田といって三十三観音で有名なのですが、至る所にたっしゃ村という幟や標識が・・・棚田を解放しての稲作イベントも行われているようでした。

Ni12

 久保田から西山温泉までは随分と下りました。温泉に入る赤べこが描かれた案内板。その後ろが今回の宿、老沢温泉旅館です。

Ni13

 宿の温泉はユニークです。風呂場に温泉神社があって、湯船は三つ。上を流れる樋に石が置いてあって、湯船に入るお湯が微妙に調節されています。ぬるい、丁度良い、ものすごく熱い・・・ぬるいと丁度良いだけ入って、ものすごく熱いは止めておきました。

Ni14

 外側もちょっと古めかしい感じの建物で、宿泊は素泊まり自炊もOkと湯治場的でしたが、日帰り客も多くはなさそうでした。

Ni15

 さて、2日目は、宿を出て高森を目指しました。最初は新しい道が出来ていて面食らいましたが、細めの古くさい道になりました。このようなお堂が随所にあって、歴史を感じました。博士山の登り口になってるせいでしょうか。

Ni16

 旧大規模林道、今は緑資源林道に出ました。山の中なのに二車線の幅広道ですが交通量はありません。ここが最後のピークで後は下りです。

Ni17

 ようやく、会津盆地の南の端が見えてきました。高田本郷辺りです。まだまだ山並みが連なっていて、麓まではまだまだありそうです。

Ni18

 大岩にて、大岩観音をちょっとだけお参りしてきました。クマ被害のあったところで、このようなリアルな看板が取り付けてありました。

 高田兜へと真っ逆さまに下りて、皆と別れて会津若松へと向かいました。本郷大橋を渡るころから、雨がポツリポツリと降り出して、家に着くまでに結構濡れてしまいました。それでも、雨中走行を覚悟していた梅雨のまっただ中に、楽しく走れた方でした。

« 舟子峠 | トップページ | ニッコウキスゲの咲く雄国沼へ »

コメント

西山温泉ではお世話になりありがとうございました。あれから、若松で同じ快速で常任幹事Tさんといきあいました。博士峠はトンネル工事が始まっていました。1年半後には完成予定のようですが4.5kmもの長大なトンネルができると現在の国道は使われなくなるでしょうか。
6年ぶりの西山温泉でしたがやはり温泉旅館集中はいいものだと改めて思いました。また機会がありましたらどうぞよろしくお願いいたします。

ご無沙汰しています。

老沢温泉に奉納した僕たちの幟はあったでしょうか?
ナンネンカマエノ旅行雑誌には掲載されたので確認できたのですが、その後どうなったのか気になっています。

としさん ぐるっと回ったのに随分早かったですね。トンネルは冬でも通りたいという地元民の願いですから致し方ありませんね。旧道部分は心配です。林業などでの利用があると良いのですが。

ブリッジさん ちゃんとありましたよ。
風呂場の写真の正面左端がそうでした。近くからも撮ってみたのですが、ガラスが反射してだめでした。
でも、良い宿でしたね。女将さんは杖をついて仕事は出来ないようでしたが、息子さんとその子どもが切り盛りしていました。小さな曾孫もいたので今後も大丈夫でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 舟子峠 | トップページ | ニッコウキスゲの咲く雄国沼へ »