無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 里山開きの準備 4/22 | トップページ | 令和初日の里山歩き »

2019年4月25日 (木)

平成 最初で最後のキャンピング  4/23-24

Ca1

気温も上がって桜も満開。東山院内の吊り橋を渡ります。

Ca2

自転車はヒロセのランドナー。珍しくもフロントバッグにサドルバッグのフル装備です。荷物が重くてダートでふらついてしまいました。

Ca3

サドルバッグに詰め込んできたのはこんな装備です。サンダルまで持ってきたのは・・・

Ca4

キャンピングのためです。このテント知っていますか?京都のヤマネのサイクリングテントです。自立式と思っていましたが、一本ポールでペグを打たないと立ちませんでした。

Ca5

自転車も入る設計だったはずですが、入れるのは難しそうです。昭和の製品なのですが何故まだ生き残っていたかというと、ほとんど使わずにしまってあったからです。娘が野外ライブに行く時に持って行ったくらいで、多分自転車キャンピングには平成最初の登場です。

Ca6

久しぶりのキャンピングにアクシデントもいくつか。夕食はガス欠で生煮えのを食べることに。花見をしながら優雅なキャンプのはずが、思いの外気温が下がって寒い寒い、ほとんど眠れませんでした。

Ca7

 テント場も炊事場も独り占めですから、朝はテント等を乾かしながら朝食そして撤収です。

 

Ca8

 帰り道は菜の花や水仙の黄色い花を見ながら、自転車道へと、この頃は重い荷物にも慣れてスイスイと走れるようになりました。

 2日間の走行は22キロ、随分近くにキャンプ場がとお想いになるでしょうが、これも遠回りしたからで、まっすぐ行けば1.5キロほどの子どもの森に出かけたのでした。さて、最近のテントはもっとコンパクトになっているし、マットももっと良いものに・・・令和になっての自転車キャンピングの復活はあるのでしょうか。

 

« 里山開きの準備 4/22 | トップページ | 令和初日の里山歩き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 里山開きの準備 4/22 | トップページ | 令和初日の里山歩き »