« ハンドメイドバイシクル展・多摩川サイクリングロード・BCC | トップページ | 最後の雪あそび スノーシューで裏磐梯 »

2019年3月 3日 (日)

雨屋から美里へ

Am1
今年は雪が本当に少なくて、梅のつぼみも随分膨らんできました。3月にもなったことだし地元の走り始めをしておこうと出かけました。


Am2
平坦部の雪はすっかり溶けたものの、盆地を取り巻く山々にはまだまだ雪が残っていて、吹く風がすごく冷たかったです。


Am3
水たまりにはこんなに氷が張っていました。朝方は氷点下でしたから。


Am4
国道を少し走って目指したのは、雨屋の薬師堂です。国道沿いだったのを少し奥に移したようで、新しい建物でした。それにしても薬師堂の周辺がやたらとほじくり返されていました。イノシシの仕業なのでしょう。


Am5
国道を離れて雨屋の駅へと。会津鉄道の駅なのですが、旧駅名をそのまま使っている駅はほとんど無くなりました。若松に近いから利用者はほとんどなさそうです。


Am6
大川の橋を渡って美里町へと入りました。この辺りの山肌は岩がむき出しになって見事でした。


Am7
湯陶里という日帰り温泉の近くにあるせせらぎ公園で一休みしました。キャンプ場もあって広々とした公園なのですが、3月いっぱいはまだ冬休みのようでした。


Am8
蟹川橋の袂に置いてあった大きなタイヤの除雪車。郡山ナンバーでしたが今年はあまり活躍の場が無かったことでしょう。


Am9
午前中のポタリング程度で家に戻ることにしました。磐梯山は終始霞んだまま、春霞かな。この頃から気温も上がって身体も温まってきました。昼頃から走り出した方が良かったかな。

« ハンドメイドバイシクル展・多摩川サイクリングロード・BCC | トップページ | 最後の雪あそび スノーシューで裏磐梯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨屋から美里へ:

« ハンドメイドバイシクル展・多摩川サイクリングロード・BCC | トップページ | 最後の雪あそび スノーシューで裏磐梯 »

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28