無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 烏帽子掛峠・花立峠  2/19 | トップページ | 雨屋から美里へ »

2019年2月25日 (月)

ハンドメイドバイシクル展・多摩川サイクリングロード・BCC

 2月23日(土)
 毎年出かけていたハンドメイドバイシクル展、今年は2月開催となりました。場所も科学技術館から東京流通センターへと変更です。出展者が増えてきて科学技術館では手狭になってきたからかな。こういう催しに人気が出てきたと言うことは良いことでしょう。


Ha01
 スタートは大森駅にしました。昨年品川水族館へ行っていたので土地勘があってここにしたのです。自転車は久しぶりにトレンクルにしました。乗ってみたら軽いだけで不安定それにギシギシと音がして焦りました。でもすぐ慣れてしまったのでした。


Ha02
 分かりにくい道を通って会場の東京流通センターへやっと到着しました。駐輪場の案内人もいるし、会場も広くて明るいしと今までとはちょっと違いましたね。


Ha03
 さて、早起きして一番電車で出かけた目的は、ビルダートークショーの広瀬氏です。身体の調子は悪いようですが、まだ自分で火を噴いているそうです。自分の考えで独学に始めたことで跡継ぎはいないとのこと。私が馴染んだビルダーは高齢になってきて寂しい限りです。


Ha04
 せっかく来たからにはちょっと走っておかなくてはなりません。鎌倉から来ていた輪友のT氏に案内してもらって川崎側の多摩川の河口へと。


Ha05
 そこからは、羽田空港へ離着陸する飛行機がよく見えるのでした。見ている間に次々と飛行機が飛び立ち着陸してきます。さすが羽田ですね。


Ha06
 T氏は途中から脇道を通って帰るからと土手の道から下りていきました。写真では小さいけれど家の前で三毛猫が2匹日向ぼっこをしている、のどかな道でした。


Ha07
 思いの外向かい風が強くて苦しみましたが、六郷の渡しの所から15号線で多摩川を渡って再び大田区へ・・・その日は孫の所に泊まったのでありました。

2月24日(日)


Ha08
翌日は、孫と多摩川沿いをサイクリングです。大きい方が7歳、小さい方が4歳なのにもう自転車に乗れるのです。私なんかは10歳過ぎだったと思うのですが、ペダル無しのストラーダの威力はすごいです。同じくらいの子どもたちがスイスイと乗っています。


Ha09
 お姉ちゃんにはなかなかついて行けずによろよろする場面も。ブレーキの問題もあって一般道を走るのは大変です。あまり早く乗れるようになるのも問題ですね。


Ha10
 でも、このおちびさんの方が砂利道でも何でもなかなか頑張ります。嫌いにならないようにあまり無理をさせずにやっていけば、良い跡継ぎになるかもしれませんね。


Ha11
 さて帰り際にBCCこと自転車文化センターにちょっと寄ってきました。前日のハンドメイドバイシクル展もBCCの企画だし、なにせ、自転車の蔵書数では一番ですからね。

 帰りの列車はちょっと混みましたが、ミニミニ自転車だったのでまあまあ楽ちんでした。今年は春が早いので本格的に走れるようになるのももうすぐで楽しみです。

« 烏帽子掛峠・花立峠  2/19 | トップページ | 雨屋から美里へ »

コメント

週末はお世話になりました。旧東海道やら昔の浜沿いやら下町やらを流して鎌倉へ戻りました。
私は・・・・だいぶ小さいころに車輪付きの自転車を買ってもらった記憶はありますが、恥ずかしくなって車輪を外して練習したのは小学校に入ったころと記憶しています。二人乗りで近所の下級生を大けがさせてしまい、今なら大ごとでしょうが、母が菓子折り持って謝ってそれでおわりでした。父親が勤める会社がその下級生の家(印刷所)に印刷を頼んでいたので向こうのお母さんに多少小言を言われたくらい。こちらはそんな大人の事情を後から知ったのですが、長い間傷を残させてしまい申し訳ない限りです。

としさん どうもありがとうございました。
2日目は1号線を五反田まで走りました。最初歩道を走ってみたら結構大変、車道に自転車模様があったので車道を快走することになりました。探せば裏道があったのでしょうが、時間も押していたので・・・
春には会津ランを企画するのでよろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンドメイドバイシクル展・多摩川サイクリングロード・BCC:

« 烏帽子掛峠・花立峠  2/19 | トップページ | 雨屋から美里へ »