無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月22日 (火)

阿武隈オフ 白米鉱泉  1/19-20

 阿武隈高原には鉱泉宿が多い、でもこのところ廃業する宿も多くなってきているようだ。時代の流れと言えばそれまでだが、古くからの渋い鉱泉宿こそツーリングの楽しさを倍加してくれる。今回のfcycleの阿武隈オフは勿来の白米鉱泉への集合ランであった。参加者は私を入れて3名、ほかほかと暖まる湯を楽しむことが出来た。

鉱泉宿

Ko01
 冬期間は輪行がやりにくいからどうしても車で行くことになる。勿来白米林の中という変わった住所にある鉱泉宿だが奥には結構大きな団地が出来ているらしい。


Ko02
 玄関前のマットの上には猫ちゃんが座していた。住み着いた野良猫らしいのだが6匹ほどもいて、朝にはこのマットの前で塊になって暖を取っていた。


Ko03
 宿から5キロほど離れた川部というところには、川部鉱泉というのがあり、湯治場的な建物であった。


Ko04
 川部ではもう一つ鹿の湯鉱泉という看板を見つけた。1キロほど山中に入るようなので行ってみなかったが、効用書きからして湯治場のようであった。


Ko05
 これは、北茨城の湯の網鉱泉、2014に一度泊まった事があって、赤茶けたゆだったことを覚えている。まだ、健在のようであった。

 第1日 白米→川部→四時ダム→南大平→旅人→林道井戸沢線→川部→白米

Ko06
 白米鉱泉から走り出してすぐ、瀬戸町辺り。火の見櫓に田園風景が広がり、阿武隈らしい風景となっていた。


Ko07
 急で苦しい上りにあえぎあえぎ到達した四時ダム。勿来の海もチラリと見えたのだが、反対側のダム湖の方が順光で綺麗に写っていた。


Ko08
 四時川渓谷はやはり通行止めのままであった。北上して林道井戸沢線というところに入ってみたら立派な杉林が並んでいた。阿武隈の林業はここでも健在のようであった。


Ko09
 鮫川沿いの県道を川部に向かって走って行ったら、これまた立派な竹林に出くわした。


Ko10
 川部の町中で見かけた、白壁の建物。「銘酒 四時川」とあった。いわきの酒は又兵衛ぐらいと思っていたのに・・・明治創業の古くからの酒造りであったらしいが現在は廃業してしまったようだ。


 第2日 勿来の関→勿来切通→関本町→阿吹林道→上小津田→関本町→勿来町→勿来の関
 2日目は、北茨城を走ってみようと思った。


Ko11
勿来の関に車を移動し、まず、勿来切通を抜けて茨城入りをした。この切通、3度目くらいと思うが年のせいかなんだってきつくなってきた。


Ko12
 関本町を西に向かった。冬枯れの台地の向こうには阿武隈の山並みが連なっていた。


Ko13
 県道10を走り途中から阿武方面へとハンドルを切った。阿吹林道、杉林が連なり林業用の道らしくなかなか厳しい道だった。


Ko14
 上小津田で県道に出る直前に、大きな住宅が有り、お城のように立派な石垣が続いていた。


Ko15
 その後、関本町から勿来町に戻り、勿来の関の坂をエッチラオッチラと上って、駐車場に戻った。

 大した距離を走ってはいないが、坂がどんどん辛くなってきているようだ。e-バイクならどうだろうかと思いを巡らすこの頃である。

2019年1月16日 (水)

いわき市三和町市萱の林道  1/14

Mi1
 いわきの市萱付近には面白そうな林道が沢山ある。林道案内板が出来ていて大いに興味をそそられる。


Mi2
 市萱のいわきふれあいセンターの駐車場に車を置いて、MTBを引っ張り出した。以前12月に来た時には路面に結構雪があった。雪上ランを期待してMTBを持って来たのだが。


Mi3
 上市萱まで走って、林道上市萱馬場平線に入った。入口付近に小さなお宮さんがあって雰囲気が良かった。


Mi4
 ちょっとした急坂にあえいだが、超ローを利用してゆるゆると上った。鬱蒼とした杉林が続いて林業が盛んなことが窺えた。このように林道が張り巡らされている理由もここにあるのだろう。


Mi5
 林道の頂から左折して高房線に入った。この林道は初めて走るのだが以前来た時は真っ白な雪に覆われていたのに、今回はカラカラであった。


Mi6
 舗装ながら落ち葉の降り積もった急なつづら折れが続いていた。家が一軒あると思って立ち止まったら、「佐太郎の湯」との標示が。休み処があってその奥に湯船があるらしいのだが人影は無かった。個人の?それとも村湯?


Mi7
 途中から高房線から分かれて、カオス線に入っていた。緩い下りの田舎道がずうっと続いていた。


Mi8
 かなり有名らしい桜の老大木が道端にあった。桜の時期は見事であろうがすっかり葉を落としていた。ロープを張った杭で保護しているのだが、一本倒れているのはイノシシの仕業のようであった。


Mi9
 県道をちょっと走ってから脇道に逸れてみた。これがなかなかの急坂で苦戦を強いられた。

 林道はいくらでも広がっているが、寒い時期のロングランは応えるから、早々に引き上げることにして、道の駅で温かい蕎麦を食べて帰路についた。陽気が良くなってからまた再訪してみよう。

2019年1月12日 (土)

雪の里山歩き 青木山

 この3連休は珍しく晴天が続きそう。恒例の雪の里山歩きを楽しもうといつもの青木山へと出かけました。

Yu1
 小田山を上り始めると、晴れ渡った会津盆地の向こうに飯豊山がくっきりと見えました。いつもながら飯豊山の雪は桁違いです。


Yu2
 昨日の予報では朝から晴だったのですが、今日になると曇りのち晴に変わっていました。そのせいかいつもよく見える磐梯山は雲の中でした。


Yu3
 小田山の山頂で一休みして、簡易アイゼンを付けました。小さな金具ですが効果はまあまああるようです。


Yu4
 いつもならこの先も踏み跡があるのですが、今回は無し。積雪量はたいしたことはなく、カモシカらしい足跡が点々と付いていました。


Yu5
 ヒメシャガの看板があるところまで来たら、こどもの森や明光寺林道を辿ってきた踏み跡がしっかり付いていました。これなら頂上まで行けそうです。


Yu6
 その先の峠と呼んでいるところでいつものようにワカンを付けました。


Yu7
 最後に急な上りがあったり、積雪量が多かったりで難儀するのです。今回は量は少ない物のふかふか雪が被っていて足を取られました。

Yu8
 無事723.3mの頂上に到着しました。三脚を忘れたので標識だけ撮って下山しました。

 帰り道で2人ほどの登山者とすれ違いました。家から往復10キロほどなのですが、雪道は疲れますね。

2019年1月 8日 (火)

走り初め & 日食 相馬・松川浦  1/6

 年が明けてから、気分が乗らずなかなか走り初めに行けずにいました。それが、1月6日に日食があるとの情報を掴み、日食観測と走り初めを兼ねてみようと計画しました。当初は天気の良い関東を考えたのですが、北の方が欠けが大きいと聞き、福島県の太平洋側の北端、相馬としました。松川浦大橋も通れるようになったらしく、走るコースにも事欠きません。

Ni01
 道の駅そうまに着いたのは10時少し前、前回の皆既日食騒ぎの時揃えた遮光板がまた役に立ちました。太陽の上野部分が見事に欠けていました。レンズの前に遮光板を置いて何枚か写真を撮ってみたのですが、全然駄目でした。


Ni02
 見えたのを良いことに、早速走り始めました。今年は頑張って旅に出ようと、最初から太いタイヤのランドナーにしてきました。


Ni03
 まずは、海岸沿いを目指し東へと向かいました。荒れ地のように見えますが、田圃で、会津では春に耕しますが、相馬では耕して冬を迎えるようでした。白鳥が群れて餌探しをしていました。


Ni04
 松川浦の西側を北へ辿りました。渡り鳥が沢山いてザワザワと騒ぎ立てました。雰囲気は良かったのに、風が冷たく厳しい・・・冬に北西方向に走るのは厳しいです。


Ni05
 岩子辺りの先の方までぐるっと回ってみました。浸食地形が松島みたいです(ちょっとだけだけど)。


Ni06
 湾の向こうに見えるのがこれから目指す松川浦大橋です。手前にはカモがいましたが、会津ではあまり見かけない種類が結構いました。


Ni07
 尾浜を過ぎて松川浦大橋を渡りました。本日最大の上りそして下りだったかな。


Ni08
 松川浦の東側の砂州の部分には、堤防が作られていました。堤防上を走ることが出来、幅も広いし海側の高さも低くて快適でした。南進で追い風だったせいかな。


Ni09
 途中一台のロードバイクとすれ違いました。向かい風を物ともせずに走って行きました。左手の茶色い囲いの中では、松の苗木が育てられていました。震災後枯れてしまった松林を復興したいのでしょう。


Ni10
海沿いからちょっと入った県道沿いの蒲庭というところに以前から気になっていた所がありました。蒲庭温泉、一度泊まったことがあって震災後どうなったか心配でしたが、現存していました。道路の看板は昔のままでしたが、宿は建て替えられたようで新しくなっていました。


Ni11
 さて、道の駅に戻ろうかと内陸の方に入っていったら、田圃の中でこのような浸食地形に出くわしました。昔は相当内陸まで海だったってことか。


Ni12
 道の駅の近くにため池らしき物があるのを地図で見つけて寄り道してみました。白鳥がいて声高に鳴いていました。その内の2羽が物欲しそうな目をして寄ってきました。餌が欲しかったのかな。

 距離は40キロほどでしたが、風が冷たく身体が冷え切ってしましました。道の駅で暖かい蕎麦を食べて、帰路につきました。さて今度はどこへ行こうかな。

2019年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

 本年もよろしくお願いします。

Ki2_3


 年末に荒れ模様になって降った雪が、思いの外たいしたことはなく会津としては穏やかな新年を迎えることが出来ました。


Ki1_2

 とは言っても会津は日本海側の気候ですから、どんよりと曇った空からは時折雪がちらついています。大きな道路の雪は消えていますが路面は濡れたまま、道路の正面に見えるのが鶴ヶ城です。


Ki3
 さて、毎年細々と続けてきているサイクルツーリングですが、このところモチベーションが下がってきたなと、この10年間をちょっと調べてみました。
   60から65歳の5年間  110泊234日
   65から70歳の5年間   90泊244日
 泊まりがけのツーリングが減ってきているのが分かります。年も年なのであまり無理は出来ませんから、マイペースで行くことにしましょう。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »