無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月24日 (水)

里山 二題

 朝晩の冷え込みが厳しくなってきて、次第に秋らしくなってきました。夏の間敬遠しがちだった近くの里山へも出かけてみることにしました。

青木山(徒歩)
 11月3日には青木山で毎年「紅葉狩り」を計画しています。今年は麓の子どもの森でいも煮もやろうと準備中です。それにしても、今年の夏の暑さに、台風の到来と登山道が荒れてしまっていました。

 草刈り機を使って登山道の整備をしました。機械があると仕事がはかどります。
Sa01


 でも細かいところは、手仕事、鎌を使って刈っていきます。
Sa02


 予報は晴れなのですが、会津盆地には雲海が掛かっています。晴れの日でも午前中ぐらいは霧が掛かることが多いのです。でも、山頂は晴れていて、雲海の向こうには飯豊山の山並みも見えます。
Sa03


 反対側の磐梯山もこんなによく見えます。青木山は海抜700mちょっと、まだまだ緑が多くて秋はもうちょっと先のようです。
Sa04


 道も綺麗になって登りやすくなりました。山頂で記念撮影をしてからくだることに。
Sa05


金堀辺り (自転車)
 さて、今度は滝沢峠を上った金堀辺りを訪ねてみましょう。石ヶ森の外れからちょっと脇道に入った所。半月ばかり前に来た時は橋を渡らずに水路沿いに行きました。今回は橋を渡ってみましょう。
Sa06


 橋は結構古ぼけていて踏み抜きそうな状態でした。どうかなと思って行ってみたら、数百メートル程で藪になっていました。この時期の藪漕ぎは辛いので引き返します。
Sa07


 やはり堰沿いの道に入りました。金堀の部落に入った辺りからイノシシの傷痕が目立ちました。何かあるなと思ったら、突然警告音が・・・イノシシ除けの装置に引っかかってしまいました。
Sa08


 金堀からは、滝沢の南新道を下りました。最初は草も刈り払われて快適だったのですが、台風が多かったせいか倒木が目立ちます。
Sa09


 この辺りが、前方が開けて背炙り山が見えて好きなところです。ちょっと色づいた木々も見ることが出来ました。
Sa10


 2時間ちょっとで15キロほどの山サイが出来るのですから恵まれていますね。

2018年10月17日 (水)

雄子沢から雄国沼

 そろそろ紅葉のシーズンだし、雄国沼辺りの草紅葉もどうかなと思って、裏磐梯へと出かけました。いつものコースで雄子沢から雄国沼へと入るコースです。
Og01


 上り始めると立派なブナ林が続きます。アレッ!まだこんなに緑だ。
Og02


 1時間ほど登ると、ようやくちょっと色づいた木々が見え始めました。
Og03


 休憩小屋から沼の間でようやく色づいたもみじを見ることが出来ました。
Og04


 これは、黄色いもみじです。赤でなくてもなかなか綺麗でした。
Og05


 さて、沼の木道へ入ってみました。歩いているのはほんの数人で静かなものでした。
Og06


 木道の上にあったウンチです。あまり大きくないし何の糞かな。動物もちゃんと木道を歩いていると言うことでしょうか。
Og07


 雄国の湿原は草紅葉とではなく、背丈のある穂の付いた草が一面に生えていました。
Og08


 沼の周辺の山々の紅葉もまだ早いようです。遠くに見えるのは西吾妻辺りでしょうか。
Og09


 休憩小屋に戻ってお昼にしました。久しぶりにガスストーブでお湯を沸かしてクッキングです。インスタントの簡単なものしか作らないけどそれでも面倒。コンビニ調達の便にはかなわないね。
Og10


 帰り際に、日帰り温泉を探して一風呂浴びてきました。ちょっとぬるめの露天風呂でした。
Og11


 随分気温が下がって寒々しい天気となりましたが、紅葉最盛期にはもうちょっと掛かりそうです。年々遅くなってきているような気がします。

2018年10月14日 (日)

会津盆地の北半分

 本来ならこの土日は琵琶湖辺りを走っているはずだったのですが、用事が出来て行けなくなってしまいました。
 日曜日の予報は、昨日は雨模様だったのに朝になってみると大丈夫そう。久しぶりに自転車屋さん主催のサンデーモーニングライドに参加してみることにしました。コースは会津盆地の北半分を走るというのでちょっとハードそうです。
Ai1


 いつものように、若松を後にして広田、東長原と走って熊倉へと入りました。この頃の田圃は米作を止めて蕎麦を作る所が多いです。去年は夏ゾバも見られたのですが、今年は秋蕎麦に戻っています。新蕎麦になるにはもうちょっと掛かりそうです。
Ai2


 いつもの恋人坂へ。会津盆地の見晴らしが良いのでいつも立ち止まります。写真が小さかったのですが手前で座り込んでいるのは、パンク修理の講習会です。
Ai3


 店長さんは自転車を立てかけて良いアングルを狙っています。まだ稲刈りが終わっていない田圃も結構ありますね。
Ai4


 いつもなら、熊倉へと一気に下ってしまうのですが、盆地の縁を走ろうと狭い農道へと分け入ります。
Ai5


 それでも、最後はダダダーッと喜多方へのダウンヒルです。
Ai6


 その後は、道の駅喜多方、喜多方市内でランチ、道の駅湯川そして自転車屋さんでだべってきました。73キロですからよく走った方です。来週は盆地一周で100キロほどというので私はお休みです。

2018年10月 7日 (日)

滝沢峠付近のオフロード

 昨日、行きつけの自転車屋さんに顔を出したら、滝沢峠付近に新しい道を見つけたとのこと。毎週のように来る台風が通り過ぎたばかりで曇りがちで強風が舞っていましたが、早速滝沢峠登ってみました。
今までは気がつかなかったのですが、石ヶ森の部落を過ぎた所のピークを右に入ると、水路があってこの水路に沿って金堀まで行けるというのです。橋を渡って右に上がっていく道もあるようなのでこれは次回の楽しみに取っておくことにします。
Ta01


 でも、すぐに熊の糞がありました。ここは俺の縄張りだとの主張かな。
Ta02


 この水路は猪苗代から来る戸ノ口堰のようです。水路脇の堤は狭くて走るには気を遣います。川に掛かる倒木は杉の木の手入れに入るための橋のようです。そのせいか水路脇の草はそれなりに刈ってありました。
Ta03


 それでも、靴下には草の実が沢山付いてしまいました。まあ、秋の山サイにはこの程度の覚悟は必要ですね。
Ta04


 金堀で車道に戻ってとりあえず強清水へ。落ち葉が散って清水に沢山浮かんでいました。
Ta05


 同じ道を走らないようにと、沓掛峠の旧道を下ります。道幅はあるのですがこのように倒木が道をふさいでいたりします。
Ta06


 白河街道との追分を過ぎた辺りから道の脇が掘り返されていました。イノシシの仕業でしょう。今まで見た中では一番広範囲に掘り返されていました。頭数が増えてきたのかそれても美味しいものが沢山埋まっていたのか。
Ta07


 これは台風の仕業でしょう。山の上の方で木が根こそぎひっくり返って道をふさいでいました。
Ta08


 ようやく金堀の滝に到着しました。自然の滝と思っていましたが、これも戸ノ口堰の水のようです。
Ta09


 金堀からは右下の台地に下りて、戸ノ口第1発電所の所から水路に沿った小径に入りました。
Ta10


 水路が消えて綺麗に刈り払われた走りやすい地道に出ます。水路は地中に埋められた太い管の中を流れているようです。
Ta11


 ズウッと長い鉄管が現れてこの下に戸ノ口第2発電所があるのです。
Ta12


 前回来た時は第2発電所から石ヶ森へと戻ったのですが、今回は手前を右に折れて日向に出て、作業道を松長まで下ってみることにしました。
Ta13


 この作業道がなかなか厳しくてMTBでも手こずるほどで、ようやく松長の人家が現れた時はホッとしました。後は走り慣れた道を自宅へ戻るだけ。お世話になった熊鈴も外すことにしましょう。
Ta14


 地道は楽しいけど疲れますね。25キロほどの行程に4時間ほど要してしまいました。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »