無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月24日 (月)

会津磐梯山は  9/23

 磐梯山は、南側の表磐梯は綺麗でなだらかな形をしているのですが、北側の裏磐梯は噴火口の跡も荒々しく険しい山容をしています。会津磐梯山と盆踊りにも歌われる名峰なのですが、10年、20年と遡ってみても登った記憶がないのです。子供が中学生の時の登山行事の時辺りかな?・・・・
 それではと、久しぶりに登ってみることにしました。お彼岸の3連休の中日の23日が好天の予報です。早出の予定が朝方霧が掛かっていたこともあり、1時間ほど出発を遅らせました。7時半頃には登り口の八方台に着いたのですが、駐車場はすでに満車で500mほど下の臨時駐車場からのスタートになってしまいました。


Ba01
 登山口は数々あるのですが、八方台からが高低差も少ないお手軽コースになっているのです。登山口を過ぎるとブナ林に囲まれた静かな道に、山の神様が奉られていました。


Ba02
 中ノ湯という旅館があった所です。廃業してしまって久しいようでほぼ骨組みだけが残っているような状態でした。温泉はまだ湧いているとのことなのですが。


Ba03
 緩やかな道をだらだらと歩いて行ったという記憶があったのですが、何と石だらけの道で登りも結構厳しくて、景色の良いところがあると休みを兼ねて立ち止まってしまいました。天気は当たりで、檜原湖やその向こうの西吾妻山辺りまでよく見えました。


Ba04
 その内に人が多くて行列登山のようになってきました。狭い山道なので行き違いも大変で、何せ立ち止まって休むこともままならず、早く着かないか早く着かないかと待ち望んだ弘法清水にやっと到着した時には、清水の水を何倍も飲んでしまいました。本当の上りはここからというのに、かなりへばってしまい景色の良いところに腰を下ろしてパンを食べたりして一休みしました。


Ba05
 さて、山頂までの本格的な上りが始まるとこれまた大変、足がなかなか上がらず、これが最後もう来ないぞと思うほどでした。この辺りから木々がちょっとずつ色づき初めて、赤い小さな実が沢山なっていて見事でした。


Ba06
 裏側は噴火口もチラリと見えて、小野川湖・秋元湖などもよく見える絶景でしたが。


Ba07
 表側は、中腹に雲がかかって黄色の田園とその向こうの猪苗代湖が隠れてしまってちょっと残念でした。


Ba08
 頂上は人がいっぱいでしたが、山頂の祠の前で写真を撮ってもらいました。


Ba09
 西側の景観ですが、猫魔辺りのスキー場は多すぎでしょうね。喜多方方面の盆地には黄色に実った稲穂が見えたのですが、飯豊山方面は雲の中でした。


Ba10
 帰路は最初こそ、そこそこ元気だったのですが、最後の2キロ当たりから膝に来て苦しい行程になってしまいました。中ノ湯の所の道端の水たまりからブクブクと泡が出ていました。水温は暑くないのですが硫黄臭が漂っていました。吾妻山ほどではないが火山は活きていると言うことでしょう。

 最初の磐梯登山は翁島の押立から登って、裏磐梯に下りたのが小学生の時でした。今回は、八方台からの往復のお手軽コースだったはずなのに、今日は筋肉痛に悩まされています。年は取りたくないものですね。

2018年9月16日 (日)

会津は初秋の装い

 9月も半ばとなると朝晩はぐっと涼しくなってきて、会津盆地は初秋の装いとなります。
庭の草刈

Sh1
 刈っても刈っても生えてくる庭の草、勢いも収まってきたようで、最後の頑張りでの草刈です。


Sh2
 数年前に買った電動草刈り機(草刈正雄の草刈り機)が活躍してくれます。長袖長ズボンに長靴。ゴーグルも欠かせません。マスクもすれば尚良いようです。


Sh3
 30分もやればこの通り、熊手で集めて45リットルのポリ袋に入れて明日のゴミに出すのです。
 後4・5回で今年の草刈はお終いかな。でも、またすぐ落ち葉の始末が・・・

門田ポタ
 予報の雨が外れて晴れたり曇ったり、会津盆地の南端の門田方面へと自転車を乗り出します。いつも行く往復で20キロほどのポタリングコースです。


Sh4
 青々していた稲は稲穂を垂れて田圃は黄色に彩られていました。


Sh5
 最近は蕎麦を作るところも増えてきました。会津鉄道の踏切脇には白い蕎麦の花が沢山咲いていました。


Sh6 border="0" style="display: block; margin: auto;" />
 門田地区は身知らず柿で有名で柿畑が多いところです。柿の実はまだまだ青くて取り入れは1ヶ月先かな。


Sh7
 大川の河川敷にある自転車道に出てみました。休みの日だけあってロードバイク、クロスバイクやMTBのサイクリストに何人か出会いました。正面左手の高い山が会津若松の最高峰「大戸岳」です。


Sh8
 堤防の河川敷側は荒れ地でススキが沢山穂を出していました。もう秋の装いですね。

 最後は小雨がぱらついてきて慌てましたが、大した降られずに助かりました。

2018年9月14日 (金)

五色沼をちょっとハイキング  9/13

 猛暑猛暑で明け暮れた8月も終わり、あっという間に9月も半ば近くなってきてしまいました。ぐっと涼しくはなってきたのですが、天気がなかなか落ち着きません。朝から出ようと思ったら雨模様、晴れ間が見えてきたので、早お昼にして久しぶりに裏磐梯まで出かけてきました。

Ur01

 五色沼はいつもなら下の五色沼入口から入るのですが、たまには逆からと檜原湖の駐車場に車を置いて遊歩道に入ってみました。入口にある大きな沼が柳沼です。沼面に木々がきれいに写っていました。色付いた気の早いところもありますね。


Ur02

 すぐに熊注意の看板が・・・2年ほど前に、この遊歩道でばったり出会っているのですが、また熊鈴を忘れてきてしまいました。出かける前までは熊鈴必携と思っていたのですが。


Ur03

 遊歩道に入るとすぐに、裏磐梯を作った遠藤翁の碑があります。距離もたいしたことはないし、多分今まで行ってみたことが無かったような気がしたので行ってみることにしました。


Ur04

 結構大きな岩の前にその碑はありました。きれいに整地されていましたが、どん詰まりの所でかなり寂しいところでした。


Ur05


 遊歩道を更に進んだところにあるのが青沼です。名前の通りきれいな青色をしていました。夏の渇水の影響なのか水が少なめでした。


Ur06

 その先のるり沼です。これもきれいな色をしていました。正面に磐梯山の荒々しい噴火口が見えるのですが曇りがちで残念でした。


Ur07
 9月というと花もない時期で寂しいのですが、小川の脇に紫陽花が一輪だけ咲いていました。


Ur08

 これは、ちょっと大きめな沼で弁天沼です。水も多くてきれいな青色をしていました。

Ur09

 不思議なのは沼に流れ込む水は、火山特有の赤茶けた鉄色をしています。それなのに沼の色は何故青いの・・・


Ur10


 案内板にはこのような簡単な説明がされていました。イオンのなにがしとか言う難しい説明はなかなか馴染みませんからね。

 今回は足慣らしを兼ねての1時間ほどのハイキングでした。帰り道にはレークラインを回って来てみましたが展望は今ひとつでした。次には秋の早いスカイライン辺りを狙いたいのですが、吾妻山が活発化しているとの情報も有りどうなることでしょうか。

2018年9月 1日 (土)

久しぶりの更新です。

 8/19ですから2週間ほど前のことになります。猛暑も一段落してきたからと自転車を乗り出しました。
 いつものように滝沢峠を上ります。早めに出たせいか大した汗もかかずに快適でした。
Ji01


 笹山ヶ原から猪苗代湖畔に出ました。この日はサンモーも猪苗代湖一周の日だったのですが、マイペースで走りたいからと早出してきました。
Ji02


 磐梯山もよく見えました。
Ji03


 中田浜と崎川浜の間の15%の激坂も珍しく押さずに上ることができました。
Ji04


 崎川浜からは国道へは出ずに、林道に入りました。まずは小さなリスが道路を横切ってお出迎えです。
Ji05


 熊鈴を付けてきたから大丈夫だろうと、ゆっくり登っていくと、左の急斜面がカサコソと。急斜面をズルズルと滑り落ちてくるのは小さな子熊でした。目と目がチラリと合ってしまいました。写真を撮りたかったのですが、親熊がいたらやられてしまうからと必死で走り林道ピークの郡山市との境界に無事付いたのでした。
Ji06


 ちょっと不気味な鬼沼を走り、舟津浜を走り、・・・
Ji07


 浜路のちょっと有名なパン屋さんで軽いランチを。ここでいつものサンモーの連中と合流しました。
Ji08


 猪苗代湖の東岸でいつもはへばってくるのですが、今日はまずまずと調子よく走っていたのですが・・・
Ji09


 ゴムで止めてあったフロントバッグの取付が悪くて、振動で飛び出したバッグに前輪が絡んでスッテンコロリン。自転車は前輪のスポークが一本折れ、後輪のガードがグシャリと。 とりあえず、すぐ近くのコンビニまで走って応急手当を・・・丁度家にいた娘に車で迎えに来てもらい帰りました。
Ji10


 写真のように転んですぐは、たいしたことはないようでしたが、目の周りが晴れて内出血が有りすごい顔になってしまいました。だいぶ良くなってきましたが、完治にはもうしばらく掛かりそうです。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »