無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 謹賀新年 | トップページ | 里山スノーハイク 青木山(奴田山) »

2018年1月 8日 (月)

スノーシューで初詣

 年が明けてもう一週間経ってしまいました。昔は松の内も15日ぐらいまでだったようなので、遅まきながら雪国ならではの初詣を企画してみました。スノーシュー仲間何人かに声をかけてみたのですが、「仕事です。」とのことで自転車仲間でもあるI氏と二人で出かけることになりました。
 まずは、背炙り山への遊歩道である、石山遊歩道を登ります。
Ha1


 天気は下り坂との事ですが、何とか持ちそうで時折日も差す天候です。会津若松市内がよく見えました。
Ha2


 これはカモシカの足跡でしょうか、雪の中にかなり深く付いていて、二本の爪がくっきりと。遊歩道沿いもあれば横切って急斜面へとかなり活発な動き方でした。
Ha3


 一番分かりやすいのがこのウサギの足跡です。その他の小動物は??でした。
Ha4


 朝の気温は氷点下5度くらいだったのですが、登り出すと汗ばんできて上着を脱ぐことになりました。
Ha5


遊歩道はいったん県道に出ます。県道とは言っても未除雪区間ですから野生動物と我々のような物好きのみの世界です。
Ha6


 背あぶり山頂へも行けるのですが、今回は初詣が目的ですから、羽黒山をぐるっと迂回して羽黒神社奥の院へ向かいました。奥の院と言ってもこのような小さな祠があるだけです。木に付けられた目印と動物の足跡を頼りにようやく到着しました。
Ha7


 奥の院でランチのあと、羽黒山山頂を目指します。夏場だと狭い道なのですが、冬なら結構広い山頂です。
Ha8


 山頂からの急坂も、雪ならつづら折れで下りることが出来るので思いの外楽でした。
 さて、下りは一気に下って、松平家の御廟にも立ち寄ってきました。
Ha9


 7キロちょっとのスノーシュー初詣でしたが、雪の抵抗が大きくてヘトヘトになってしまいました。今度は、トレーニングを積んでもうちょっとハードな所に挑戦してみますか。

« 謹賀新年 | トップページ | 里山スノーハイク 青木山(奴田山) »

コメント

流石は豪雪地域でありますね~
若松市内が見渡せる地域で此の雪ですから・・・
奈良の地域では最南部の大台地域でないとこれだけの雪は無いです。。。山靴履いて豪雪地域へ行たいな~

NBsanさん 
家から歩いて往復7キロ程のハイキングでしたが、疲労困憊で夜に足がつってしまいました。雪のない所のハイキングの方が気分も楽で良いですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スノーシューで初詣:

« 謹賀新年 | トップページ | 里山スノーハイク 青木山(奴田山) »