無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 青木山麓 山辺の道 | トップページ | 大雪警報発令 »

2017年12月10日 (日)

戸ノ口発電所巡り  12/9

 だいぶ寒くなってきました。今年は雪の降り出しが早くてなかなか出かけられずにいました。夜には行きつけの自転車屋さんの忘年会があったので、昼間ちょっと走りに出てみました。コース案としては、自宅→金堀→横向林道→杉山集落跡→役行者→不動川→自宅 と考えたのですが・・・
滝沢からいつもの滝沢峠を上ります。上り初めの戸ノ口発電所前で何となくパチリと。 この時は発電所巡りになるとは思っていませんでした。
To01


 滝沢峠から会津盆地を見る。雪も薄らと積もっているぐらいでした。
To02


 金堀から林道へ入ると雪が出てきました。でも邪魔になるほどでは無く快適です。冬眠しそこねた熊がいると大変ですからハンドルに鈴を付けてきました。
To03


 南新道への別れを過ぎて、滝沢遊歩道への分岐点です。路面は真っ白ですが新雪で気持ちが良いです。
To04


 会津盆地の南側が開ける所です。博士山とか明神岳が見えるはずなのですが、山には雲がかかっていました。
To05


 ちょっと雪が深くなってきました。あるのは小動物の足跡だけでした。
To06


 今年は台風が多かったので、倒れた老木が多いです。これは下をくぐれるので楽でした。
To07


 林道終点です。道標も壊れたままで訪れる人も無いのでしょう。ここから山道に入ろうと思ったのですが、ずっと前に降った雪がかなり積もっていて大変そう。若い頃なら平気で踏み込んだのですが、今回は引き返すことにしました。
To08


 金堀の北側にはちょっとした農地が広がっています。この辺りから松長団地方面に下れる道があるはずなので入ってみることにしました。
To09


 農地の外れにあるのが戸ノ口第1発電所です。ずっと昔にこの発電所の鉄管脇を自転車を担いで上ったことがありました。ものすごく苦労した思い出があります。
To10


 すぐ脇のちょっと広めの落ち葉だらけの道を入ってみましたが。廃道状態だったので・・・
To11


 水路に沿った小径を入ってみました。水路は第2発電所用となっていました。
To12


 そのまま走っていったら、雪に轍が付いていました。MTBの跡のようです。同好の士がおられるようで、誰でしょうか?
To13


 戸ノ口第2発電所の鉄管の所に出ました。道が広くなってすぐ下に発電所がありました。
To14


 発電所からの小径にも引かれたのですが、時間も11時半を回ってしまったので、広めの道がどこへ続くのか行ってみることにしました。
To15


 道は何と金堀のすぐとなりの石ヶ森の部落に通じていました。ほんの近くにもまだまだ走ってない道があるようです。

« 青木山麓 山辺の道 | トップページ | 大雪警報発令 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戸ノ口発電所巡り  12/9:

« 青木山麓 山辺の道 | トップページ | 大雪警報発令 »