« 北へ  Ⅲ  サロマ湖・納沙布 | トップページ | 会津は初秋の装い  9/16 »

2017年9月16日 (土)

北へ Ⅳ 洞爺湖・支笏湖

洞爺湖一周
 どこへ行こうかと地図を見ていて、洞爺湖近くの昭和新山が目に留まった。湖畔にビジターセンターもあるようなので行ってみることにした。自転車には乗るつもりは無かったのだが、行ってみると湖畔一周道路でツーデイマーチとかゆうトレッキング大会をやっていた。歩いて回れる程度ならと一周してみることにした。
To1


 道が湖畔から離れると緑のトンネルとなりなかなか気持ちが良かった。
To2


 湖の中央には中の島という島があった。遊覧船が通っているようだった。
To3


 交通量が多かったのは国道や洞爺湖温泉付近のみで後は静かな道だった。
To4


 3分の1程回った辺りか、中の島の形が変わってきている。
To5


 3分の2程回った辺り、道が狭く車で走るには気を遣うが、自転車には気持ちよい道であった。
To6


 間もなく一周、温泉街の向こうに見える山々は有珠山かそれとも,昭和新山。昔のいわきのボタ山を見ているような感じがした。
To7


 一周36キロあまり、予定外で駆け足のランになってしまった。
To8

千歳・支笏湖自転車道
 千歳から支笏湖までは自転車道が通っている。北海道でも有名な自転車道なので走ってみることにした。道の駅千歳の臨時駐車場をスタートにした。
Si01


 支笏湖への県道を走っていくと、自転車道の入口があった。入口に北海道らしい黄色のヒグマの看板で熊注意とあった。昔はビビった標示だったが、今は本州でもどこでも見かける注意書きになってしまった。
Si02


 道は緩い上り坂であった。時折案内板があるお休み処や、車で来た時用なのか駐車場があったりした。
Si03_2


 落ち葉が濡れていて滑りそうな感じがした。自転車道は県道や林道にほぼ沿っており、時折離れて単独の道になっているようだった。
Si04


 カタツムリが数匹出てきていた。このように日当たりが良い所に出てしまうと、干上がってしまうからと数匹を救出してやった。
Si05


 このように一般道から離れた所の方が、緑が多くて走りやすかった。
Si06


 支笏湖はなかなか綺麗な湖だった。湖岸に出ることが出来るのはほんの一部のみで道路が湖から離れているのが良いのかもしれない。
Si07


 恵庭岳かな。
Si08


 奥にちょっとそびえる平らな山が樽前山、右手の裾の方しか写っていないのが、風不死山と思われる。
Si09


 ビジターセンターにはこのように沢山の自転車が止められていた。また、帰り道何台もの自転車とすれ違うこととなった。
Si10_2


 千歳川、なかなかの水量であり、鮭鱒が沢山上がってくる川のようであった。だから、熊も餌を求めてやってくるのであろう。
Si11_2


 自転車道は千歳川沿いにかなり町中まで入っていた。お陰で、車を気にせずに千歳市内まで戻ることが出来た。
Si12


 走り終えたところで、苫小牧港に電話したら、19時発の仙台行きフェリーに空きがあるという。だいぶ疲れてきたし予定ではもう1日余裕があったのだが、帰ることにした。北海道の締めはやはり「苫小牧発仙台行きフェリー・・」ある。

« 北へ  Ⅲ  サロマ湖・納沙布 | トップページ | 会津は初秋の装い  9/16 »

コメント

静かだと思っていたら 北海道を走っていたんですね。懐かしい名前と景色が映ってました。爽やかな空気を吸いながらの走りは気持ちがよかったことでしょうね。支笏湖一周は何度もドライブした懐かしい場所でした。ゆっくり休んで また ぼちぼち走って下さい。

台風はどうですか。こちらは雨が降り始め風も幾分吹き始めた所です。
札幌の南辺りは結構回ったことでしょう。一度車で連れて行ってもらったのですが、受け身だとあまり覚えていません。
今回は車で毎日かなり走って素通りの所が多かったです。もう一二度のんびりと出かけたい気はしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北へ Ⅳ 洞爺湖・支笏湖:

« 北へ  Ⅲ  サロマ湖・納沙布 | トップページ | 会津は初秋の装い  9/16 »

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31