無料ブログはココログ

リンク

« 阿武隈オフ 横川鉱泉  1/28 | トップページ | 裏磐梯 イエロー・フォール »

2017年1月31日 (火)

阿武隈オフ 横川鉱泉 1/29

 さすがに朝は寒くて、「朝食です」と呼ばれるまで布団から出ることが出来なかった。朝食後朝風呂に入ったりして出発は9時を回ってしまった。宿のすぐ近くの道の駅さとみから走り始めた。
Ab01


 349を少し南下して、河原野というところから左折して東へと向かった。
Ab02


 この道は上りはきついが静かで良い道だった。野仏や馬頭観音などの古い石塔に、メルヘンな道標などが道ばたに置かれていた。
Ab03


 犬に吠えられながら田平の部落を過ぎ、急な坂道を上っていくと急にローカルな雰囲気になってきた。
Ab04


 道は、これで良いのかというほどの細い地道になってきた。あちこちで土手がほじくり返されてその土が道路を覆っていた。恐らく、イノシシが餌を探した跡だろう。彼らの冬の食生活が如何に厳しいかを物語っていた。
Ab05


 黒坂に出たら道は舗装路となった。分岐がいくつかあったが標識を便りに走っていった。
Ab06


 黒前神社という大きな神社の入り口からまた道が地道となった。この神社は堅破山という山の頂上付近にあるようであった。
Ab07


 そこから道は再び悪くなった。一度溶けた雪が氷結していて歩くのも大変な所もあった。
Ab08


 高萩との境が峠になっているようで、そこまでが黒坂林道でその先が米平林道になっているようだった。
Ab09


 道が下りになり米平からは舗装にもなって行程がはかどるようになった。米平には石仏が沢山並んでいた。馬頭観音が多いようで、かつては林業が中心で馬が重要な役を担っていたのであろう。
Ab10


 古くからの道なのか、中戸川にも地蔵や馬頭観音が立ち並んでいた。
Ab11


 高萩の近くまで下るつもりでいたが、随分時間が押してきていた。下田代を過ぎたところで右折して十王町方面を目指すことにした。
Ab12


 軽快に下って高原で県道60に出た。
Ab13


 県道にはピークがあったが、緩い上りで休まず何とか越えることが出来た。国道349に出た所で、大菅温泉の看板を見つけた。これもその内泊まってみたい宿だ。
Ab14


 道の駅に戻ったのは2時近くなっていた。帰路の途中矢祭で日帰り温泉に入り30分ほどゆっくりしていった。
隣栃木には馬頭町といって馬にちなんだ土地があるが、茨城もその流れをくんでいるのだろうか、馬頭観音を多く見かけた。また馬力神というのも同じ目的であろうが、自転車乗りはこれに手を合わせて上りに備えてはどうだろうか。
Ab15


« 阿武隈オフ 横川鉱泉  1/28 | トップページ | 裏磐梯 イエロー・フォール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96080/69439870

この記事へのトラックバック一覧です: 阿武隈オフ 横川鉱泉 1/29:

« 阿武隈オフ 横川鉱泉  1/28 | トップページ | 裏磐梯 イエロー・フォール »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31