無料ブログはココログ

リンク

« 大戸の林道 | トップページ | 今年最後の里山歩き(麓山神社を探して) »

2016年12月21日 (水)

旧陸羽街道 12/20

 冬になると会津は寒いけれど、浜通や関東へ行くと天気が良くて冬でもサイクリングのシーズンです。年末も押し詰まってきてどこか良いところはないかと地図を眺めていたら、那須町から大田原にかけて旧陸羽街道というのを見つけました。天気の良さそうな日を狙って早速出かけてみました。
 スタートは伊王野の道の駅にしました。車で一般道を使っても丁度2時間ぐらい、冬の甲子越えが大変ですが丁度手頃な場所です。
Ri01


 北へ向かって走り出してすぐに、「堂の下の岩観音」という標識を見つけて立ち寄ってみました。これはその下にあった石像群、双体道祖神まで奉ってありました。
Ri02


 国道294を離れて県道72へと入りました。大田原21kmとありますがこれが旧陸羽街道です。
Ri04


 小さな上り下りがあって、久しぶりに走ったせいかなかなか調子が出ませんでした。古物を期待して走ったのですが、一里塚が2つ3つ残されていました。
Ri05


 道路脇に青線が引かれていました。自転車路側帯なのでしょうか。自転車マークにChamp Road って?
Ri06


 越堀というところで那珂川を渡りました。この先は目立ったものもなく大田原に向かいました。
Ri07


 大田原市街に入る手前で左折して国道461に入りました。新しく出来た広い通りで、国際医療福祉大辺りは、だだっ広い畑が広がっていました。
Ri08


 お昼を兼ねて立ち寄った道の駅那須与一の里。どういう謂われなのでしょうか。伝承館もあったのですが、有料なので止めにしました。やっぱり見てくれば良かったかな。
Ri09


 道の駅にあった案内板を便りに、関東ふれあいの道を走って黒羽に向かいました。みちのくに入る前に、芭蕉がこの辺りに滞在していたようです。
Ri10


 黒羽は八溝山とか馬頭町とかの起点になるので何度が通過していました。今回はふれあいの道を辿ってきたせいで、歩道しかない橋を渡ることになりました。川は午前中に渡った那珂川です。
Ri11


 県道を使って道の駅まで戻ろうかと思ったのですが、なかなか道が捕まらずに結局は国道294を使って道の駅まで戻りました。たいした距離も時間も走ってなかったのに結構疲れが出て、帰りの運転が眠くなってしまったので、下郷に入ってから、弥五島・郷の湯で一風呂浴びて帰ってきました。
Ri12


« 大戸の林道 | トップページ | 今年最後の里山歩き(麓山神社を探して) »

コメント

こんにちは。アレ⁈デモンタですか?新しく造ったのですか?

おみずさん
小さな写真でよく分かりますね。カップリング式のデモンタです。高めのハンドル、フロントシングルのお年寄り仕様です。デモンタは思ったほど小さくなりませんね。やはり、輪行は日本式が良いです。

やっぱりですか!私もカップリング式のデモンタを持っているのですが一度も輪行した事が無いんです( ; ; )アイズさんのデモンタ用輪行袋や「リンカー」と言う(前後輪のハブシャフトを連結させて押し歩きが出来る)金具迄購入したのに。

ナニワ銀輪堂リンカーで検索してみて下さい。URLのコピペが出来ませんでした。

おみずさん どうもありがとうございます。車輪の連結具があったのですね。早速調べてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96080/68935293

この記事へのトラックバック一覧です: 旧陸羽街道 12/20:

« 大戸の林道 | トップページ | 今年最後の里山歩き(麓山神社を探して) »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31