無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ACF裏磐梯ラン 8/27-28 | トップページ | 蓋沼森林公園 9/4 »

2016年9月 3日 (土)

戸ノ口堰 飯盛山弁天洞穴

 9月になったとはいえ暑い日が続いています。夏の間ゴロゴロして過ごしてきたのですが、そろそろ身体を動かしておこうとウオーキングを計画しました。以前から気になっていた戸ノ口堰の飯盛山の洞穴、飯盛山側はいつも見ているのですが、入り口はどうなっているのか、滝沢で不動川と堰の水が交差するのですがどうなっているのか。その辺りを見るために出かけました。
To1


 自宅近くの野道にて、戸ノ口堰の下を、湯川からの堰の水が立体交差しています。上を流れるのが戸ノ口堰の水です。
To2


 慶山にて、水をせき止めて支流の小さな川へ分水しています。このように、戸ノ口堰の水は今も利用されています。
To3


 堰の水の水量はなかなかのものです。水源が猪苗代湖ですからね。この辺りは小さい頃から飯盛山へ行く時よく使った懐かしい道です。
To4


 飯盛山付近です。観光ルートから離れると静かな道です。
To5


 白虎隊が抜けてきたので有名な飯盛山側の出口です。かなりの水量でした。
To6


 反対側の滝沢側に回ってみました。下を流れるのが不動川です。石の橋が架かっていますが、これが戸ノ口堰橋といって堰の水を立体交差で流しているのです。
To7


 飯盛山の洞穴の入り口です。こちら側はコンクリートで整備されています。飯盛山弁天洞穴との表示がありました。
To8


 往復で1時間半、1万歩のウオーキングでした。自転車も良いですがこの程度だとウオーキングも良いですね。疲れてお昼寝のおまけがついてしまいましたが。

« ACF裏磐梯ラン 8/27-28 | トップページ | 蓋沼森林公園 9/4 »

コメント

行きたいと願いつつ、未訪の水路です。ブラタモリで見て、さらにその思いを強くしています。

赤鬼亭さん ブラタモリはなかなか良い番組ですね。地元にいてさえ知らなかったことが多くて、その後のウオーキングや自転車乗りの楽しみが増えています。赤鬼亭さんも是非会津へ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戸ノ口堰 飯盛山弁天洞穴:

« ACF裏磐梯ラン 8/27-28 | トップページ | 蓋沼森林公園 9/4 »