無料ブログはココログ

リンク

« 恒例の猪苗代湖一周  7/24 | トップページ | 三ノ倉 向日葵畑 »

2016年8月22日 (月)

会津三十三観音巡り 番外 8/21

 西国三十三観音巡りというのが有名ですが、保科正之がわざわざ遠くに行ってお金を使うことは無いよ、と始めたのが会津三十三観音巡りです。これは会津盆地にあって手軽なため、あいづリンドウクラブというMTBのクラブをやっていた時、2003年から2005年に掛けて4回に分けて走破していました。それが今年、安積疏水と共に日本遺産に指定されたとか・・・調べてみると33観音の他に、番外が3つあってこれが抜けていました。
 そこで、暑い夏には夏休みを決め込んでいたのですが、思い切って出かけることにしました。まずは本郷大橋を渡って美里町へ。
Ai01


 晴れて30℃を越す暑さ、稲穂もたれてきています。正面は明神が岳、自転車乗り興味があるのはその脇の狭間峠でしょうか。
Ai02_2

 番外の第1番は高田龍興寺の浮身観音堂です。
Ai03_2


 龍興寺は蓮の花が有名で何度か訪れてはいるのですが、花は終わってこのようになっていました。
Ai04


 高田からは新鶴方面へと美里町を北上、根岸の中田観音入り口から左折します。この分岐には古い道標があって、銀山街道の入り口だった事を示しています。
Ai05


 銀山方面には行かずに、出戸田沢で会津盆地に別れを告げます。晴れて暑いのに、磐梯山は雲の中です。
Ai06


 入田沢からは、車用の快適な道が出来ているのですが、自転車には急坂なので棚田に沿った旧道を上がっていきます。
Ai07


 沼山トンネル、柳津トンネルと2つのトンネルを越して、軽井沢からの道に合流に柳津へと向かいます。只見線の下を抜けると柳津の町はすぐそこです。
Ai08


 柳津の圓蔵寺は虚空蔵尊で有名なのですが、観音様は無いね・・と探すと見つけました。虚空蔵尊の裏に観音様が飾ってありました。撮影禁止なので看板です。
Ai09


 さて、行程はまだ道半ば、柳津を後にして只見川の裏道を西方へと向かいます。49線が近いのですが、交通量が多くて絶対走りたくない道No1ですから。
Ai10


 西方の国道400号入り口です。ここにも古い道標が残っていました。さて、いよいよ最後の難所です。
Ai11


 峠を越えて西会津へ入ると、西方街道塩の道の標識が。普通は車がほとんど通らない400番なのですが、他県ナンバーの車やバイクがチラホラと、夏休みですからね。
Ai12


 番外の最後の鳥追い観音へ、これで33+番外の達成です。
Ai13


 400号杉峠が思いの外楽勝だったため、早めに西会津着です。列車まで1時間以上あったため、いつもの食堂でランチにしました。クーラーがよく効いていたので、熱いタンメンにしてみましたが、せっかく引いた汗がまた出てしまいました。
Ai14


 気温が上がってきているので熱中症に注意しましょうという、放送を聞きながら自転車をバラして磐西線の人となったのでした。
Ai15


 さていよいよ西国33観音への挑戦、それとも、四国88個所かな。

« 恒例の猪苗代湖一周  7/24 | トップページ | 三ノ倉 向日葵畑 »

コメント

ku-riさん

R49号はやめにして、坂下から柳津~(R252号)~只見川に沿って~只見~六十里越が楽しそうですね・・・後はどうなりますか・・・

NBsanさん
暑さが収まりませんね。それにしても今度の台風、普通なら、九州や西日本で一暴れして東北に来る頃には疲れが見えるのですが、北海道や東日本を直撃です。これで落ち着くと良いのですが。
コースについては後日連絡します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96080/67129225

この記事へのトラックバック一覧です: 会津三十三観音巡り 番外 8/21:

« 恒例の猪苗代湖一周  7/24 | トップページ | 三ノ倉 向日葵畑 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30