無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 北へ その3 | トップページ | 恒例の猪苗代湖一周  7/24 »

2016年7月18日 (月)

ウォーキング2題

裏磐梯 五色沼へ

 梅雨の終わりがなかなか見えません。天気予報は毎日雨模様なのですが、このところほとんど降らずに来ています。そこで、思い切って裏磐梯まで出かけてみることにしました。夏の終わりに自転車仲間を会津に呼ぶのでその下見もかねてです。
 五色沼の駐車場に車を置いて、喧騒な毘沙門沼の入り口を外して遊歩道に入りました。平日だから人通りもまばらです。
Ur1


 沼を一つ一つ見ながら歩いて行きます。
Ur2


 沼の色が皆微妙に違っています。イオンのいたずらでは片付けられないものがありますね。
Ur4


 ここからは、裏磐梯の噴火口が間近に見えるはずなのですが、残念ながら雲の中でした。
Ur5


尾瀬 沼山峠から尾瀬沼へ

 どういう訳か自転車仲間と尾瀬に行くことになりました。超有名どころの尾瀬ですが私はやっと3度目、それも40年ぶりぐらいの訪問です。普段は出歩かない3連休、混み混みだろうからと、3時起き、4時出発の強行軍でした。
 御池に車を置いてバスで沼山峠下まで入ります。
Oz1


 さて、沼山峠を越えて大江湿原へ、曇りがちですが燧岳がよく見えます。ところが期待のニッコーキスゲは寂しいものでした。時期が遅かったのか?それとも不作?
Oz2


 他にも花は咲いているのですが、名前がさっぱり分からないとねぇ。
 せっかく来たのだからと尾瀬沼北岸を沼尻平を目指して歩きます。もう少しで到着というところで、雨が激しくなって来たため戻ることにしました。
Oz3


 長蔵小屋付近に戻ると雨も止み、重いのを無理して背負ってきた水や火器やらを出してクッキングです。お腹もいっぱいになり尾瀬沼を後にします。お手軽コースでのはずなのに、帰りの沼山峠越えの厳しいこと、厳しいこと。
Oz4


 帰りのバスではうつらうつら、御池ロッジでお風呂に入って、今度は燧越えだ、と言ってはみたけれど・・・

« 北へ その3 | トップページ | 恒例の猪苗代湖一周  7/24 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォーキング2題:

« 北へ その3 | トップページ | 恒例の猪苗代湖一周  7/24 »