無料ブログはココログ

リンク

« サンモーオフロード 滝沢山の遊歩道 | トップページ | 北へ その2 »

2016年7月 7日 (木)

北へ  その1

プロローグ
 7月はじめは梅雨の季節、そこで梅雨のない北海道へ行ってみようということになる。丁度お年寄り向けの会員切符でJR東日本と北海道が5日間乗り放題というのがある。ところが広大な北海道をみっちり走ろうと思うとうまいコースが浮かばない、そこで輪行多様の軟弱ランを考えてみた。自転車は軽くて輪行簡単なトレンクルにした。4月の三宅島行きで走りが面白くないからと今年はもう出番がないはずだったのだが。
 コースの○が組み立てて走り出し、●が分解袋詰めである。果たして5日間で何回やったのか・・・
Ki01

7/1 会津若松駅●(輪行)新青森駅○→三内丸山遺跡→青森港→青森駅前ホテル泊●
 初日から躓きが、新幹線はやぶさの指定が取れず、新青森14:43着という遅い時間となってしまった。やまびこはほぼ空席があるのだがはやぶさはかなりの率で満席となっているようだ。
Ki02


 初日を青森にしたのは「三内丸山縄文遺跡」を一度は見ておきたかったから。平日で空いていたこともありゆっくり見学できた。
Ki03


 もう一つは、かつて青函連絡船で賑わった青森港を見ておきたかったから。八甲田丸を見学したり・・・
Ki04


 湾岸の遊歩道を時間の許す限り走り回って、遅くに駅前のホテルに投宿した。
Ki05

7/2 ホテル○→青森港●(シイライン船)佐井港○→大間ホテル泊●
 二日目は、青森港からシイラインという船で下北佐井まで渡ることにした。自転車はそのままでも乗せることが出来るが、輪行袋に入れて預けることにした。
Ki06


 下北は船窓からの方が見応えがある。脇野沢を過ぎ、北海岬を回ると急に荒々しい景観となる。焼山﨑辺りは黄色ぽっい崖で、
Ki07


 名所仏ヶ浦辺りは、白っぽい岩である。
Ki08


 午後から雨の予報通り、佐井からは雨の中を走ることになった。ガードの無いトレンクルで雨の中を走るのは初めて、小径車でも以外と上の方まで泥はねが上がることが分かった。
Ki09


 やはりここまで来たのだからと、本州最北端の大間崎を回って、ホテルへ入った。
Ki10


« サンモーオフロード 滝沢山の遊歩道 | トップページ | 北へ その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96080/66390439

この記事へのトラックバック一覧です: 北へ  その1:

« サンモーオフロード 滝沢山の遊歩道 | トップページ | 北へ その2 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31