無料ブログはココログ

リンク

« SMR オフロード 河東・磐梯町  4/24 | トップページ | 若松散歩 シャガの季節 »

2016年4月29日 (金)

背あぶり山 第二若杉山遊歩道から林道赤井線 4/27

 東山から背あぶり山へ上ります。冬期交通止めの後も補修工事が続いていたりしましたが、ようやくそれも解けて晴れて上れるようになりました。
Se01


 山桜が咲く山々を眺めながらいつものようにゆっくりと上ります。ヒルクライムなどやりませんから、全くののんびりです。
Se02


 それでも、1時間40分ほどで関白平へ到着です。
Se03


 関白平の脇の公園を辛夷の花を見ながら走っていたら。見つけてしまいました。
Se04


 遊歩道マップを・・・若水遊歩道というのが載っています。多分これが私の小学生の頃下ったことがある東山温泉への道と思われます。しかしこれは、背あぶり山の遊歩道の中では一番手入れされていないひどい道らしいのです。
Se05


 若水遊歩道は次回の楽しみに取っておいて、今回は予定通り第二若杉山遊歩道から赤井へ下ってみることにしました。この遊歩道に入り口の標識、表は新しい表示で「第二若杉山」とだけなのに裏の古い方には「・・・赤井に至る」とあるのです。隠してあるのが妖しいですね。
Se06


 下り始めると落ち葉カサコソの快適なシングルトラック。これは当たりでした。
Se07


 と思ったのもつかの間、第三若杉山遊歩道との合流点辺りから急変してきました。
Se08


 地図では一本線の林道で快走で赤井へと踏んでいたのに、見事な廃道と化しています。先の倒木越えで、右手の人差し指をザックリと切ってしまいました。思いの他の出血で血がたらたらと流れ出してびびりましたが、ティッシュを三枚ほど使って押さえたら何とか止まりホッとしました。
Se09


 道の真ん中にありました。写真では小さく写ってしまいましたが、多分冬眠明けの熊さんのお腹のお掃除で跡でしょうか。ここからは俺の家だぞ、というメッセージでしょうか。
Se10


 林道赤井線に出て快適に下り始めたら、道ばたにミズバショウです。もう花も大きくなってしまい見頃はちょっと過ぎてしまいましたが。
Se11


 更に、林道を下っていくと犬が何かとじゃれていました。自転車を止めてようく見ると、しっぽがふさふさで狐のようです。狐は前足で盛んにいじっています。上を見ると大きなトンビがクルクルと回っています。何かあるぞと思う間に、こっちに気づいた狐さんは一目散に山の中へと入っていってしまいました。行ってみると居ました居ました。シマヘビがとぐろを巻いていました。
Se12


 助けた蛇に恩返しを受けるでしょうか。それとも、餌をとられた狐やトンビに報復を受けるでしょうか。どちらにしても良い気持ちはしませんね。タンポポが咲く野道に磐梯山、赤井の部落でダートは終わりです。
Se13


 本当は、更に沓掛峠に滝沢峠とダートを下るはずだったのですが、指の負傷から舗装路を下ってきてしまいました。

« SMR オフロード 河東・磐梯町  4/24 | トップページ | 若松散歩 シャガの季節 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96080/65232995

この記事へのトラックバック一覧です: 背あぶり山 第二若杉山遊歩道から林道赤井線 4/27:

« SMR オフロード 河東・磐梯町  4/24 | トップページ | 若松散歩 シャガの季節 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30