無料ブログはココログ

リンク

« 雨水を過ぎて | トップページ | 裏磐梯雪遊び ‘16 »

2016年2月22日 (月)

いわき遠征サイクリング  2/21

 行きつけの自転車屋さん恒例の冬のいわきサイクリングは昨年と同じ、「いわきららミュー」が集合場所でした。
 周囲をぐるっと回ってみると、アクアマリンの先に大きな橋を建造中でした。はてこの橋を渡ってどこへ行くのかな。
Iw01


 いつものように巡視船が停泊していました。船名は「あぶくま」、海にあぶくまというのもぴんときませんね。
Iw02


 大変風の強い中を北上しました。梅の名所専称寺に行ってみたのですが。梅は咲いていたのに、工事中で入れませんでした。
Iw03


 その後、サイクリングロードで夏井川河口へ。これが追い風で唯一の快適な道で、海沿いに出たらまた強風が荒れ狂い、すごい波が打ち寄せていました。
Iw04


 頑張って走って、四倉の食堂へは11時少し前に到着。その後、あっという間に店に入れないほどの大混雑に。お陰で、ゆっくりと海鮮丼を味わうことができました。
Iw05


 海添いは、高い防波堤を作っているので、どこも工事中で梅が見えませんでした。この堤防沿いがサイクリング道路になるという話もありますが、果たしてどうなってしまうのでしょうか。
Iw06


 かつて、息子と来て泊まった薄磯海岸は見る影も無い有様でした。変わらないのは、美空ひばりに塩屋埼灯台でしょうか。
Iw07


 最後のがんばりで、三崎公園に上りました。写真では穏やかな晴天に見えますが・・・
Iw10


 海は荒れ狂っていたのです。
Iw08


 それを、こんな鳥かごみたいなところで見ていました。三崎公園の潮見台というところでした。
Iw09

 最後に自転車が止まりそうなほどの強風が吹き抜けるトンネルを通って、駐車場で自転車を積み込み解散です。
Iw11


 皆さんお買い物のようでしたが、私はいつものように温泉探しに、湯本辺りの大きな日帰り湯を狙って出たのですが、途中の看板を見つけて阿武隈らしい鉱泉宿へ。昨年の地切鉱泉にほど近い神白温泉です。ここは、以前家族出来て泊まったような記憶があるのですが・・・
Iw12


 ちょっと熱めでしたが、胃腸や美容にいいという、つるつる感のある湯でした。
 帰りの高速道路、車が揺れるほどの強風でしたが、会津の雪はさほどでも無く無事帰り着くことが出来ました。

« 雨水を過ぎて | トップページ | 裏磐梯雪遊び ‘16 »

コメント

「いわき」と言う地名には関心は有りますが、冬の「いわき」は今一ですね、夏の終わりはどうでしょうか?、9月の初旬は如何でしょうかね~

N B san さん
福島県で冬、雪を気にせずに走れるところはいわきだけです。それが、今回は風に悩まされてしまいました。それと気になったのは、我々山育ちは海が見たくて行くのですが、海岸沿いは全て工事中でした。震災後5年でようやく、津波の被害の生々しさは片付けられたのですが、復興工事はまだまだ途上のようです。海沿いを快適に走るには、時期尚早のような気がします。

いわき海岸、強風の様子ですが、海の背景の空の青さを見ると、2月の冬空とは違った印象を受けました。 それにしても、海鮮丼とても美味しそうですね。

ぱぱろうさん
天気予報では、晴れて気温も高めということで期待して行ったのですが、思わぬ風に難儀しました。普段から雪の無いいわきですが、春の訪れはいつもより早いようでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96080/64089399

この記事へのトラックバック一覧です: いわき遠征サイクリング  2/21:

« 雨水を過ぎて | トップページ | 裏磐梯雪遊び ‘16 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31