無料ブログはココログ

リンク

« 阿武隈オフ 谷川鉱泉 その1(11/13) | トップページ | 阿武隈オフ 谷川鉱泉 その3(11/15) »

2015年11月18日 (水)

阿武隈オフ 谷川鉱泉 その2(11/14)

馬頭温泉→境明神峠→常陸大子→月居峠→外大野→東館→塙→谷川鉱泉(泊)
 宿はちょっとお高めだったが、風呂も良く食事も洗練されていた。朝食にはこのような鮎の一夜干しが付いていた。
Ta01


 昨夜から雨音がしていて何度か目が覚めた。どうも降ったり止んだりのようで、出足をくじかれたが、完全雨支度をして出発した。
Ta02


 馬頭温泉の案内板の前で。家にあったパンフレットと比べると温泉宿は少なくなっている。大きな立ち寄り湯が出来た影響だろうか?それとも不況のせいだろうか?
Ta03


 もう少し北側の八溝山麓の道を通ってみたかったが、雨のため最短距離の境明神峠越えとした。
Ta04


 常陸大子駅で仙台から輪行してきたM氏と待ち合わせていた。M氏と走るのは何年ぶりか、本当に久しぶりであった。
Ta05


 袋田の滝という阿武隈の名所があるが、それは飛ばしてそのすぐ近くの旧月居峠を目指した。以前2度とも気づかずに下のトンネルを通ってしまっていた。これが3度目の正直だった。上り始めるとすごい急坂だった。落ち葉に埋め尽くされた道をのんびりと押していった。
Ta06


 上の方は勾配も緩くなり乗れるようになった。旧峠とはいえ小さなトンネルとなっていた。
Ta07


 トンネルはさほど長くないが、真っ暗でライトも効かないくらいだった。
Ta08


 その後もなるべくマイナーな道を選んで走って行った。綺麗な紅葉があれば止めて写真を撮ったり・・・
Ta09


 つづら折れの小さな峠を越えたりしながら・・・
Ta10


 東館からは久慈川自転車道を利用した。単調ではあったが二人旅だと自転車を並べて話しながら行程であった。
Ta11


 いつも立ち寄る道の駅塙で、一休みした。宿が分かりにくいから、今回のプランナーのT氏に電話したら、何と塙駅からタクシー輪行で行くとのこと。こちらも暗くならないうちにと慌てて出発することにした。
Ta12


 さすが最後の上りはきつかった。近くに新しい農道が出来ていて、宿への案内標識が新しく付け替えられていた。途中でかなり大きなイノシシの出迎えを受けたりしたが、ようやく最後のカーブにさしかかった。
Ta13


 谷川鉱泉にやっと着いたときは、もう薄暗くなっていた。林間に佇む一軒宿であった。
Ta14


 小さいがよく温まる風呂に入って、食べきれないほどの食事、そして今までの阿武隈オフの話、次回の阿武隈オフの計画、そしてその他のサイクリング談義と話は尽きないうちに夜は更けていった。

« 阿武隈オフ 谷川鉱泉 その1(11/13) | トップページ | 阿武隈オフ 谷川鉱泉 その3(11/15) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96080/62571474

この記事へのトラックバック一覧です: 阿武隈オフ 谷川鉱泉 その2(11/14):

« 阿武隈オフ 谷川鉱泉 その1(11/13) | トップページ | 阿武隈オフ 谷川鉱泉 その3(11/15) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30