無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ひまわりフェスタ in 三ノ倉高原花畑 | トップページ | 泉崎用の自転車 »

2015年8月27日 (木)

東山ダムへ試走

 今年の夏の暑さに、なかなかはかどらなかった自転車の組み立てもようやく終わって東山ダムまで試走に出かけました。これって新車?
Ji1


 ではなくて、CTSで作ってもらってから12年も経過してしまった東叡の自転車です。当時としては9Sの最新部品を使って、軽くて輪行が楽で随分あちこちと出かけました。走りもきびきびとしてなかなか良かったのですが、1日の後半になると伸びが悪くて疲れがたまってしまいます。26×1.25と径が小さめのタイヤのせいでしょうか。そこで、軽さを生かしてパスハンタイプに変更を試みました。
Ji2


 本当はフレームも塗り替えれば良かったのですが、今回はそのままで、部品は全て取り外して、、、ポイントはこれ、フロントは32Tのシングルギヤです。もちろんCTS特注です。
Ji3


 リアはマウンテンの10Sフリーを使って、トップは11Tから
Ji4


 32Tまで、サンエクシードのリアディライラーを使って、3:1から1:1までをカバーです。
Ji5


 チェンジはマイクロシフトのレバーを使って、パチンパチンと小気味よく変えることが出来ます。そして、バーは長年暖めていたハラバーです。
Ji6


 10マイルほどのコースでの試走はまずまずでした。心配したミニVブレーキとデオーレのレバーの相性もまずまずでした。3倍のギヤ比では足が余るのではとの心配も飛ばさなければ大丈夫。でも、年のせいかハンドルを上げた方が調子よくて、ステムはセーフティーラインよりも1cmほど飛び出してしまいました。バーテープを巻いて乗り出すにはまだまだ、調整が必要のようです。
Ji7

« ひまわりフェスタ in 三ノ倉高原花畑 | トップページ | 泉崎用の自転車 »

コメント

おっ、原バーですね。
うちにもありますが、ガラクタ箱に入れっぱなしです。使い勝手はどんなものか興味津々です。実践レポート、楽しみにしております。

すどうさんもハラバーをお持ちでしたか。私も箱の中からようやく見つけ出しました。以前マウンテンの幅広バーの両サイドにアシストバーを付けたことがあったのですが、脇が締まらず使いにくかったです。これはそれほど広くはないのですがどうでしょうか。
オールランダーバーの場合はブレーキのブラケットを握るようにした方が、脇が締まりエアロ効果もあって使いやすいように思います。

8/11走行記録のリンクがなされておりません。
タイトルのみの表示となっております。
御確認のほど宜しくお願い申し上げます。

当サイト大ファンより

アノーニマさん 書き込みありがとうございます。
7・8月と夏の暑さに負けて夏休み状態でした。9月からは少し真面目に走ろうかと思っていますのでよろしくお願いします。

オリジナリティたっぷりな新車ですね。

マイクロシフトレバーは新しい良いアイデアですね。
僕もディスク車でDCのwレバーを使いましたがバネに負けてしまいダメでした。特にフロントですが。

使用感を教えてくださいね^^

hideさん 現行のSISのWレバーは上げも下ろしもパチンパチンとかなり固いですね。ディライラーのリターンスプリングがかなり強いのかもしれません。
マイクロシフトのレバーはFは使っていないのではっきりしませんが、多分SISではないように思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東山ダムへ試走:

« ひまわりフェスタ in 三ノ倉高原花畑 | トップページ | 泉崎用の自転車 »