無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 今井彬彦メモリアルラン 0 プロローグ | トップページ | 今井彬彦メモリアルラン 2 八ヶ岳高原・馬越峠 »

2015年6月19日 (金)

今井彬彦メモリアルラン 1 諏訪大社前宮・南峠

6月13日(土)会津若松(輪行)茅野→諏訪大社上社前宮→上諏訪(泊)
 初日は1日かけての移動日とし、茅野の駅で自転車を組み立てた。旅スタイルは最初に参加した時と同じ手慣れたスタイルにしたつもりだったが、ブレーキの調整にかなりの時間を要してしまった。
Mi01


 さて、昨年は素通りした諏訪大社上社秋宮に詣でた。神社の案内図に寄れば杖突峠への旧道があるらしい。諏訪神社に秋宮・春宮・本宮・前宮とあることを昨年初めて知った。これで、4宮すべてお参りしたことになる。
Mi02


 ホテルは茅野のつもりでとったが、上諏訪に入っていた。大きな風呂ありを目当てにして連泊とした。自転車には理解があり、玄関へ入れてくれた。
Mi03


6月14日(日)上諏訪→鏡湖→杖突峠→今井ラン→林道日影入線→林道日向入線→後山→南峠→上諏訪(泊)
 出発して茅野の駅へ行ってみたが、まだ早く誰にも会わなかった。今回は鏡湖経由とした。ここは2度目だが、前回とちょっと違う道を走った。
Mi04


 最初こそ舗装の上りであった。いつもはうるさいほど耳に付く蝉の声が今年はおとなしいような気がした。前回来たときも、地元民が林道清掃をしていたが、今回も同様であった。
Mi05


 道はダートに変わったが、国道を通って上るより気分的に随分楽な気がした。
Mi06


 金沢峠からの道に出たところで、今まで走ってきたのが林道板室線であったことを知った。実は、この先のゴルフ場沿いの道のピークが一番きつかった。
Mi07


 峠の茶屋には余裕を持って到着することが出来た。発起人のN堀氏も来たばかりのようで、いつもの写真の申し込みはトップ記入であった。
Mi08


 自転車や旅の話をしているうちに、だんだん集まってきた。
Mi09


 トラブルで遅れたグループがあって、写真撮影が30分ほど遅れてしまった。その撮影もなかなか大変だ。カメラマンがいっぱいいてなかなか全員揃わなかった。
Mi10


 今年は真志野峠を越える予定だったから、折良く到着した先週も一緒に走ったT氏を誘って杖突峠を越えた。
Mi11


 松尾峠の上りに入ったところでt氏が追いついてきて、3人旅となった。t氏は心の優しい人で、路上でへばっていた蛇を一生懸命逃がそうとしていた。
Mi12


 ピークには松尾峠の表示はなく、林道日影入線の標識があった。守屋山の登山口があったり、松茸の産地らしく留山が多かった。
Mi13


 峠を越してすぐに、一本線の林道を上り返した。これは対称的に日向入線というらしく、峠付近は地道になっていた。
Mi14


 後山の集落でもみじ湖からの県道と合流した。道祖神があったりして趣ある集落だった。
Mi15


 県道をそのまま走って有賀峠に向かうt氏を見送り、林道に入った。
Mi16


 林道は間もなく地道となった。淡々とした地道で結構載って上れた。
Mi17


 ピークには南峠の表示があった。真志野峠はすぐ脇の地道の峠をいうらしかった。また、南峠・中峠・北峠と並んでいるらしかった。これでは、また来なくてはならないかな。
Mi18


 下りだしてすぐに、諏訪側から上ってきたk氏の一行に出会った。関西から参加の3人組であった。登り口が分かりにくくこの先道も悪いと情報をくれた。
Mi19


 急なダートで道はどんどん下っていったが展望はなかった。
Mi20


 諏訪が一望できるところに来たら、すぐ下を高速が走っていた。
Mi21


 茅野からあずさで帰るT氏と別れ、ホテルに戻った。風呂に入り、洗濯をしながらコンビニ弁当を食べ早々に寝ることになった。

« 今井彬彦メモリアルラン 0 プロローグ | トップページ | 今井彬彦メモリアルラン 2 八ヶ岳高原・馬越峠 »

コメント

こんばんは。当時、きれいな装丁のNc誌がどこの書店にもあったことはよく覚えていますが、値段が高くて小遣いではなかなか買えませんでした。なので、大衆路線のサイスポ誌をもっぱら読んでいました。
後山の道祖神については私も印象に残っています。私が訪れたときは、ここに若いお母さん方がいらっしゃったので、意外さにエッと思いました。

お疲れ様でした。

T氏とは片倉館で会いました。そのまま一緒に新宿まで帰ってきました。

片倉館で汗を流した、t氏のTAKEです。
蛇を助けたので、白装束の美人に会えるか期待しましたが、会えませんでした。
話に出て来た蛇は、道路を横切る排水溝の鉄製の蓋の隙間でトグロを巻いていました。車が来る事も無いかと思いましたが、轢かれない様に道路脇に誘導しようとしましたが、蛇は鉄板やアスファルトみたく滑りやすい所は苦手な様で、なかなか道路脇まで到達出来ませんでしたね。
だから、道路の真ん中の鉄の蓋の上でトグロを巻いていた様です。

おはようございます
南峠、ありがとうございました。おかげさまで楽しい地道を楽しめました。
NC誌は私も主に小遣い面で手が出ず、友人がサイスポ読んでいたので借りたりしたクチです。別の高校ワンゲルの友人は最近「オレもNC読んでた」なんて言ってましたが、自転車復活はまだです(笑)
今週は晴天をうらめしげに見上げています。またあぶくまにて・・・

ぱぱろうさん 私が自転車に乗り始めたのはサイスポが出る前だったと思います。多分NCしかなかった。お陰で悪い道にはまってしまいました。
としさんと走りながら、ぱぱろうさんは「なんであんなに走れるのだろう」と噂していました。

ブリッジさん 今回はちょっとしかご挨拶できずにすみませんでした。午前中に目一杯走って、午後は温泉入浴でお帰りとはさすがです。今井ランの後は片倉館が人気コースのようですね。

TAKEさん 私は以前下りを勢いよく走ってきて、蛇を避けきれずにブチッと引いたことがありました。そのまま一目散に逃げましたが、数年後また通ろうとしたら崖崩れ通行止めになっていました。TAKEさん、来年行けばきっと良いことがありますよ。

としさん としさんと一緒に走った南峠までは調子が良かったのですが、翌日から膝痛が出てしまいました。帰ってからゴロゴロしていたのですが、今日は早起きして泉崎のトラックでもがいてきました。阿武隈は大丈夫そうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今井彬彦メモリアルラン 1 諏訪大社前宮・南峠:

« 今井彬彦メモリアルラン 0 プロローグ | トップページ | 今井彬彦メモリアルラン 2 八ヶ岳高原・馬越峠 »