無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ゴールデンウィーク | トップページ | 雄子沢から雄国沼 »

2015年5月11日 (月)

銀山街道 石神峠

 会津には昔ながらの峠が多い。しかし、長い年月使われずに廃道となってしまった峠も多い。そのような峠であった柳津と三島の間にある銀山街道の石神峠が昨秋改修され歩く会が催されたことを新聞で見た。雪解けを待って早速峠越えに望んでみた。
 柳津の奥、西山温泉の日帰り湯「せいざん荘」に車をデポした。ここは何度も利用しているお馴染みの所である。
Is01


 西山温泉には数件の旅館がある。「伊佐旅館」という聞き慣れない旅館の案内板を見つけた。何とこれは、この辺りを舞台に最近撮られた映画の中の旅館名のようでであった。
Is02


 温泉のすぐ脇の砂子原にはかつて高等学校の分校もあった。今はそこに立派な小学校と中学校が建っていた。この辺りの小中学校を統合して一つにまとめてしまったのであろう。
Is03


 砂子原から林道らしい地道の道に入った。
Is04


 以前は小さな部落があったと思われる地点には、つぶれた廃屋があった。
Is05


 林の中の日当たりが悪いところは、雪が道をふさいでいた。
Is06


 林道から分かれて、山道に入った辺りがピークで峠らしかったが、何の表示も無かった。
Is07


 地図には無い道を辿っていったら、二つの塚らしいものがあった。恐らく一里塚であろう。
Is08


 道は狭くなり、新緑のトンネルをどんどん下っていった。
Is09


 山道をポッと出たところに、石塔があった。地蔵様に、天邪鬼を踏んづけた神様のような像があった。
Is10


 そこが大谷の部落であった。
Is11


 部落の中を左折して大谷峠の道に入った。県道ではあるが、大型車通行止めの標識が示すとおり狭い峠道が予想された。
Is12


 峠付近はかなり幅広の切通になっていた。以前通ったときは舗装工事中だった思い出がある。
Is13


 峠を快適に下って川沿いにちょっと走ると、車を置いたせいざん荘が見えてきた。
Is14


 山道を含んだとはいえ、17キロを3時間、距離じゃ無くて中身だと言いながらゆっくり湯につかってから帰ることにした。

« ゴールデンウィーク | トップページ | 雄子沢から雄国沼 »

コメント

中々趣の有る峠ですね。やっぱり5月もまで前半なので、車が通らない峠道には雪がしっかり残っていますね。
17キロを3時間!良いペースだと思いますよ。

西山温泉老沢温泉旅館の僕らの幟はどうなってるのかな?

こじまさん
銀山街道は会津の尾瀬街道の間道なのですが、銀山峠、石神峠、美女峠、吉尾峠とシングルトラックの峠越えが楽しめます。ただし、夏は藪で冬は雪ですから、シーズンは雪の消えた直後と雪が降る直前でしょうね。

ブリッジさん 連休のツアーはどうでしたか。
川端の中の湯旅館が「ジヌよさらば」とかいう映画のロケに使われたようです。
幟は温泉神社に奉納するのではないかな?

廃道の旧道は、何処も探索できるのは、その2回の時期だけです。現地情報がないとどちらの季節も遭難騒ぎになりますね。

kuri-san

はい、幟は温泉神社に奉納しています。

以下のyoutubeの2:15ぐらいに画面の左端に写っています。
https://www.youtube.com/watch?v=PyoJ5TYt-hg

連休は山は残雪で通行止めだらけでしたが、松之山、野沢で温泉三昧でした。

こじまさん 峠越えをしてきたことを話すと、よくそんな所に一人で行く、と言われてしまいます。でも、物好きな相棒はなかなかいません。峠歩きをしている人に聞くと、峠を越してしまうと帰れないから、一度降りて反対側からまた上り返すそうです。自転車なら周回コースはお手の物ですが。

ブリッジさん 今頃の雪で交通止めの道路は自転車なら通れるところ、自転車でも通れないところがあるから判断は難しいですね。
1年の半分も通れない道路だと、廃道にされてしまう可能性が高いし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀山街道 石神峠:

« ゴールデンウィーク | トップページ | 雄子沢から雄国沼 »