« ACF東北ラン 飯豊の峠 その2 | トップページ | 雄国沼 »

2015年5月25日 (月)

シャガとヒメシャガ

 毎年5月の会津の花便りとして書いているシャガとヒメシャガなのですが、以外と混同している人が多いようなのでまた書いてみました。
 会津の里山である小田山の麓に、戊辰戦争の名残を残す善龍寺があります。そこにも見事なシャガのが咲いています。
Sh1


 これがシャガの花です。葉も立派で大きく茂っています。
Sh2


 その小田山から更に奥に入った青木山(奴田山)にはシャガは全く見られなくなります。その代わりに咲いているのは、ヒメシャガです。
Sh3


 花は薄紫で弱々しく、葉も薄く小さいです。
Sh4


 本当に一山違っただけで植生が全く違ってしまうのです。自転車乗りの途中でも、九州の太宰府や信州の山道でもシャガは度々見かけるのですがヒメシャガは見ませんね。自転車フィールドはシャガでヒメシャガは山屋の領域なのかもしれません。

« ACF東北ラン 飯豊の峠 その2 | トップページ | 雄国沼 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャガとヒメシャガ:

« ACF東北ラン 飯豊の峠 その2 | トップページ | 雄国沼 »

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31