無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 1週間降りっぱなしです | トップページ | 雪靴歩き  小田山から奴田山へ »

2015年2月16日 (月)

雪の御廟から石山遊歩道へ

 今日は久しぶりに雪が止んで日も差しそうとのことで、スノーシューで里山巡りをしてきました。
 まずは、松平家の御廟からです。スノーシューにストック、荷物はウエストバッグに水と飴の軽装です。
Go01


 御廟にはこんな形をしたものが並んでします。これがお墓と思っていましたが、お墓の方向を向いていたのですね。
Go02


 昨年は全く道がありませんでしたが、今年は長靴らしい一本道が付いていました。
Go03


 屋根の付いた四角柱の石碑の下には、やはり石で出来た神獣(牛の顔をした亀)がいるのですが、すっかり雪の下でした。
Go04


 更に進んで、背あぶり山へ行く道に出ました。これは県道なのですが冬期通行止めで除雪されていません。ウサギの運動場になっていました。
Go05


 ウサギやカモシカは自然に優しくて小さな足跡ですが、スノーシューはデカくて気が引けます。
Go06


 県道を離れて石山遊歩道に入りました。冬にここまで来たのは初めてです。
Go07


 雪で倒れた木が結構ありました。これらを踏み越えていくのは大変でした。
Go08


 若松市内がよく見えるところまで来ました。
Go09


 丁度3.1km休みを入れて1時間半ぐらい。午前中の半日歩行の予定でしたからこの辺りで帰ることにしました。
Go10


 羽黒神社と石山遊歩道の周回コースなども面白そうです。そうなると冬場は一日コースですね。

« 1週間降りっぱなしです | トップページ | 雪靴歩き  小田山から奴田山へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の御廟から石山遊歩道へ:

« 1週間降りっぱなしです | トップページ | 雪靴歩き  小田山から奴田山へ »