無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« TOM(2/3) 大峰・美麻 | トップページ | SMR 美里町から坂下  9/21 »

2014年9月20日 (土)

TOM(3/3) 田毎の月・姨捨

 9月16日(火)道の駅さかきた=聖湖→三和峠→桑原→佐野→八幡→姨捨→聖湖=会津若松

 

 古いニューサイの紀行文に、今井編集長の書いた信州紀行のうち、田毎の月、姨捨そして聖高原を題材にしたものがあった。篠ノ井線で通ってみるとすごく急な斜面が見られ躊躇していた。これを機会に走ってみることにした。
 起きだしたのは6時少し過ぎ、12時間近く寝袋の中でうつらうつらしていた。前日コンビニで買っておいたパンを食べ車で聖高原へ上がった。
Ob01

 

 

 朝の寒さで出発が遅れて、結構日差しが強くなっていた。周回コースを取ろうと聖湖から西進した。これが急な道で時折押しが入った。それでも「かくれくぼ」なる面白そうな地名が現れた。
Ob02

 

 

 この日のというかこの三日間の最高地点三和峠(1200m)に着いた。
Ob03

 

 

 三和峠を下りてすぐに樺平で右折して、急な道を下ることになった。林道不動滝線の標識があった。
Ob04

 

 

 これがタイヤがスリップしそうな急坂であった。うねうねとした林間の道を急速に高度を下げていった。
Ob05

 

 

 突然眼前が開け、黄色に実った田が広がっていた。佐野の部落であった。
Ob06

 

 

 取り付きの道が分からず右往左往したが、千曲市八幡に出て、姥捨てに向かって急な坂を登っていった。観月祭ののぼりが立って、いよいよ棚田が見られるようになってきた。
Ob07_2

 

 

 棚田と眼下の千曲市。稲ばかりでなくリンゴ畑も多いようだった。
Ob08

 

 

 姨捨の中心姨石。
Ob09

 

 

 姨捨駅、ここまで輪行できて、ダーッと千曲川まで下だるのも楽しそうだね。
Ob11_2

 

 

 登りはまだまだ続く、国道403に出てエッチラオッチラと聖湖を目指した。善光寺街道の旧道と思われるところで一休みした。
Ob12

 

 

 登りはまだまだ続く、カーブの数を示す標識でも一休みだ。
Ob13

 

 

 道が緩やかになってきたと思ったら、猿ヶ馬場峠にひょっこりと出た。一休みしたら会津若松までの車の旅が待っている。
Ob14

 

 

 

 

« TOM(2/3) 大峰・美麻 | トップページ | SMR 美里町から坂下  9/21 »

コメント

今回のTOMは好天に恵まれ、前後でしっかり走れたようですね♪お疲れさまでした。

atsさん TOMではお世話になりました。お元気な様子に安心しました。療養中に新車構想を楽しんで下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOM(3/3) 田毎の月・姨捨:

« TOM(2/3) 大峰・美麻 | トップページ | SMR 美里町から坂下  9/21 »