無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 今井ラン 第3日 扉峠 | トップページ | 阿武隈オフ 塩の沢温泉 第1日 »

2014年6月12日 (木)

今井ラン 第4日 杖突峠

6/8(日)諏訪→茅野→杖突峠(今井彬彦メモリアルラン)→茅野(列車輪行)会津若松
 いよいよ最終日、朝早く起きて自転車の整備を行った。しかし、雲は低く垂れ込め時折ポツリポツリと雨が当たってきた。
Tu01

 

 

 まず、高島城に立ち寄ってみた。城跡の石垣などは古く歴史を感じさせた。
Tu02

 

 

 諏訪大社の上宮にも立ち寄ってみた。本社は現在改築中で覆いがかかっていたが、観光客が列を作っていた。
Tu03

 

 

 いつしか晴れ間が出て太陽が照りつけてきた。途中でNBsanさん、くりくりさん、takeさんと一緒になった。毎年顔を合わす面々である。
Tu04

 

 

 杖突峠では、アレックスサンジェの会が座り込んで、次年度のサンジェラリーについて熱く語り合っていた。
Tu05

 

 

 いつの間に出来たのか、峠の反対側は太陽光発電所になっていた。
Tu06

 

 

 今井彬彦メモリアルランとは峠下の茶や前の駐車場で正午に集合写真を撮るだけなのです。その自由さが良いのです。前回は半分しか撮れなかったので、今回はゆとりを持ってセットしたら小さすぎた。
Tu07

 

 

 ちなみに集まった自転車の一部を紹介すると、ディスクブレーキにガード付きの快走車。ディスクの取り付け部分の補強にビルダーは苦労したという。市販のカーボン車は大丈夫なのかな。
Tu08

 

 

 ロッド式フロントにシクロランドナー装備の古典的ツーリズム。
Tu09

 

 

 ステムに変なWレバー(カニレバーみたいな形)が付いた旅行車。
Tu10

 

 

 横型でもこの頃のサンプレは趣があるね。
Tu11

 

 

 名残は惜しいけれど下ることにした。途中展望が良い所で写真を撮った。昨日走った美ヶ原辺りまで見渡せる晴天であった。今回で13回、一度も雨が降ったことがないという正に今井マジックである。
Tu12

 

 

 茅野駅に到着後、自転車を分解した。通りかかった親子連れが「正平さんみたいだ。」と言っていた。輪行もポピュラーになってきたようだ。指定を取ったら、ホームのずっと端まで歩かされた。でも、輪行袋は余り重さを感じなかった。これならまだまだ、走れそうだね。
Tu13

 

 

 列車を乗り継いで帰り着いた会津若松はもう暗くなっていた。

 

 

« 今井ラン 第3日 扉峠 | トップページ | 阿武隈オフ 塩の沢温泉 第1日 »

コメント

今年は、4サイドミーティングと被っていたので、行かれませんでした。結局、4サイドミーティングも雨で中止。仲間の家で旅の話を肴に。。。でした。

ブリッジさん 相変わらず自転車の趣味範囲が広いですね。東京は雨だったらしいですが、杖突峠だけはいつものように晴れ渡っていました。

素晴らしい旅、雨でも楽しまれてますね。

杖付で短い時間でしたがお会い出来自慢の快走車披露でき良かっかです。

南会津も参加予定ですので会津でゆっくり過ごせれば幸いです。

hideさん いつもながらの健脚ぶり感心しています。会津の仲間たちも猪苗代湖一周をするなど、ロングランに向けて準備中のようです。私は200キロはとても無理とあきらめています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今井ラン 第4日 杖突峠:

« 今井ラン 第3日 扉峠 | トップページ | 阿武隈オフ 塩の沢温泉 第1日 »