無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 善光寺街道とポリー | トップページ | 泉崎国際サイクルスタジアム »

2013年10月29日 (火)

半日サイクリング  旧白河街道  10/28

 秋晴れの良い日、各地からは紅葉の便りも届いているからと、近くの半日サイクリングに出かけてみました。以前に見つけていた白河街道の旧道がそろそろ藪も枯れてきて走り時では、が目的でした。
 まずはいつものように滝沢峠を越えて強清水へ、そして会津レクリエーション公園へと向かいます。ダートが目的なので太いタイヤのMTBで来たからばかりではないのですが、普段は一気に上る滝沢峠も、ザックの肩ひもの調整やら、暑くなってきてヤッケを脱いだりと休み休みの行程でした。
 会津レク公園のツツジが良い色に染まっていました。
Si01


 レク公園の中も走ってみました。ドングリがたくさん落ちていて踏むとカリカリと小気味よい音をたてました。
Si02


 紅葉の木々の向こうには磐梯山が見えました。秋の装いですね。
Si03


 春には熊が出たというので熊鈴は持ってきたのですが、マムシ注意の看板がたくさん。でも、こう寒くなれば冬眠したでしょう。
Si04


 公園を出て猪苗代湖をちょっと見てきました。もう白鳥が来ているようなのですが、この辺りには鵜らしき鳥がいるだけでした。
Si05


 さてここからいよいよ白河街道の旧道に入ります。小坂集落の案内板が立てられていました。
Si06


 道は、作業道といったところでしょうか、軽トラあたりなら入れそうです。切り通しの木が雪でしの字に曲がっていました。
Si07


 道の分岐が多くてGPSを見ながら行ったり来たり、藪を抜けたところが穴切の一里塚でした。枯れ始めたもののまだまだ草木は元気で、体中に付いた草のみを取るのに苦労しました。
Si08


 沓掛峠入口、ここからは慣れた道です。
Si09


 降りたところが金堀の滝、戸の口からの用水路です。
Si10


 金堀からは旧道へ、最初は南新道と思ったのですが。真っ直ぐ旧街道を下ることにしました。
Si11


 コンクリートで固められた石畳が草で覆われていて、すってんとやっては大変と半分は押して下りました。
Si12


 僅か28㎞に3時間15分ほど要しましたが、家から走ってこれだけ楽しめるのですから恵まれていますね。

« 善光寺街道とポリー | トップページ | 泉崎国際サイクルスタジアム »

コメント

地元ならではの道ですね。ツーリング途中に寄ル煮は、難度が高そうです。

こじまさん
そうでもないです。距離が短くて一般道に出たり入ったりしますから。
今年は港サイクリングクラブの面々が雨をものともせず越えました。それこそ私が自転車に興味を持つ前にも今井編集長が、当時トーエイにいたSW氏らを連れて越えたのがニューサイに載っていました。
なかなか歴史ある峠です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半日サイクリング  旧白河街道  10/28:

« 善光寺街道とポリー | トップページ | 泉崎国際サイクルスタジアム »