無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« タイヤ交換 2題 | トップページ | 裏磐梯ウォーキング 雄子沢~雄国沼 »

2013年9月12日 (木)

サイクルトレインでの峠越え

 第3セクターの会津鉄道では列車限定ですがサイクルトレインをやっています。昨年も利用した西若松駅から9:00の列車に乗ります。車両は一両だけで普通はワンマンなのでしょうが、芦の牧温泉駅から塔のへつり駅までごそっと団体さんが乗ってきて、そのためか車掌と観光案内がついていました。
Ct01


 出発は会津田島駅です。もう一本前の列車が利用できると良いのですが、9:58着は遅すぎですね。でも、輪行無しですぐに走り始めることが出来るのが良いところです。
Ct02


 田島ダムを過ぎてから、新しくできた積入山トンネルに入りました。1579mは通りたくない長さですが、対向車が2・3台で追い越す車は0でしたから、まあ我慢が出来ます。それにしても旧国道口には2重のゲートが出来ていました。廃道にするつもりなのでしょう。
Ct03


 トンネルを出たところは戸赤地区で、下郷からの県道と合流します。そこからも結構上りがきつくて自転車では旧道の方が楽だったかなと思いました。このままトンネルにはいるのも面白くないので、峠まで上がってみることにしました。
Ct04


 峠は、田島から昭和に抜ける道と下郷からの道が三叉路をなしています。やはり田島から上ってこないと、平らな尾根筋の舟鼻山が見えないので今ひとつです。車利用の生活道路からすれば致し方ないのですが、また一つ良い峠が消えていきそうです。
Ct05


 舟鼻峠からは白森清水でのどを潤したぐらいで昭和村へ向かって一気に駆け下りました。かなり急な道でブレーキを握る手が痛くなりました。
Ct06


 喰丸からは、国道401に入って、喰丸峠を目指しました。防雪トンネルがいくつもあるきつい上りでした。以前通ったことのある、ケヤキの径からの旧峠は雑草に覆われていました。今回は長いトンネルがあるからと、LEDのテールを付けてきたのでまあ安心ですが。
Ct07


 喰丸トンネルを抜けた小野川の分岐の所に双体道祖神がありました。会津では珍しいですね。
Ct08


 401号で博士峠を目指します。上りがきつくなって道がくねくねし出すと、見事なブナ林が見られます。峠付近のブナ清水は水の出が今ひとつでした。
Ct09


 博士峠です。昭和村と美里町の境界になっています。冬季の通行を確保するには舟鼻峠と同様にトンネル化が必要でしょうが、古い道も残して欲しいものです。
Ct10


 後は、美里町高田へ向かって下りに下れです。博士峠は2度目で、前回は高田からすべて地道でした。それに新宮川ダムもなくて長いトンネルもありませんでした。ようやく高田へたどり着いた頃には、ブレーキに握りすぎで、手・腕・背中が痛くて大変でした。
Ct11


« タイヤ交換 2題 | トップページ | 裏磐梯ウォーキング 雄子沢~雄国沼 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイクルトレインでの峠越え:

« タイヤ交換 2題 | トップページ | 裏磐梯ウォーキング 雄子沢~雄国沼 »