無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 新緑の奥会津の峠越え 5/17 | トップページ | 青木山のヒメシャガ »

2013年5月27日 (月)

会津街道(越後街道)

 会津五街道のひとつ越後街道は、越後街道は津川から新発田へ向かっていたようです。佐渡の金もこの街道を運ばれたというのですが、どうしてこのルートだったのでしょうか。川沿いが難路だったのか、それとも新発田藩が越後の中心だったのでしょうか。
 今回は道の駅三川に車を置いて、49号線を安田へ、そして290号線で新発田へ出ました。
 新発田の町中で見つけた札の辻跡です。この辺りが町の中心だったのでしょうか。
Ai1

 

 

 新発田城跡です。石垣を見ると新しい作りのようです。後方の建物は天守閣ではありません。
Ai2

 

 

 新発田駅に出てから、県道14号を走ります。郊外に出ると残雪のある山並みが見えてきました。
Ai3

 

 

 米倉宿という宿場跡があって、旧街道らしくなってきました。
Ai4

 

 

 旧街道12キロばかり残されていたようです。気付いたのは終点の中々山でした。
Ai5

 

 

 幕末では、新発田は官軍で会津と戦いました。当時は赤谷までが会津領で、村人は会津に属し戦ったようです。会藩戦死碑が建っていました。
Ai6

 

 

 一里塚も残っていました。新潟県内で現存するのは少ないようです。
Ai7

 

 

 新発田市と阿賀町の郡界が峠になっていました。ブナ峠という旧道もあったらしいのですが気付かずに通り過ぎてしまいました。
Ai8

 

 

 下綱木地区では、屋号を彫った石の標柱を立てて村お越しにしているようでした。
Ai9

 

 

 三川駅に寄ってみました。磐西線のローカル駅です。小学校が終わってスクールバスがやってきたのですが、誰もおりませんでした。
Ai10

 

 

車を止めた道の駅まではあと3キロほどでした。

 

 

« 新緑の奥会津の峠越え 5/17 | トップページ | 青木山のヒメシャガ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会津街道(越後街道):

« 新緑の奥会津の峠越え 5/17 | トップページ | 青木山のヒメシャガ »