« 会津の花見 | トップページ | 春の會津の峠越え  4/27-28 »

2013年4月24日 (水)

西方街道(杉峠)  4/23

 この所天気が悪くて思うように走れなかった。そこで天気が良さそうな日を狙って峠越えに出かけてみた。場所は三島町西方から西会津黒沢へ抜ける西方街道だ。車で49線富士大橋の袂まで行ってそこの駐車場に車をデポした。
 今回の新兵器その1は、昔懐かしいカスクです。軽くて頼りないがヘルメットよりツーリング向きかな。
Ni1


 柳津に出てから只見川を渡り、対岸の県道を走った。こんな地蔵様が佇む古くさい静かな道だ。
Ni2


 道端に、カタクリが咲いていた。目立たないが春先の山野草としては良いものだ。
Ni3


 立派な杉林もあった。対岸の国道を春先走ったとき花粉症に悩まされたが、これが原因だったのかな。
Ni4


 いよいよ西方街道に入る。国道400号とはなっているが、道幅は今までの県道より狭く大型車通行止めだ。むしろそれが自転車には良いのだが。
Ni5


 クネクネと上る道の脇には棚田が続くが、休田のようでもあった。カエルの鳴き声に足を止めたら水たまりは卵だらけだった。
Ni6


 三島側の上りは短くて意外と楽に峠に着いた。切り通しの峠の土手にはショウジョウバカマが咲いていた。
Ni12


 下り出すとすぐに、西方街道・下谷路と大きく書いてあった。西会津がこの街道に力を入れているということだろうか。塩の道は西方へ塩を運ぶ道だったためである。
Ni7


 黒沢の部落に農家そば屋の看板が出ていたが、土日のみの営業であった。黒沢はかつては金銀銅の鉱山として賑わったという。
Ni8


 山と山の隙間から、時折飯豊山が望まれた。春先の飯豊山はまだ真っ白けで雄大な姿に、圧倒される。
Ni9


 追分で国道49(越後街道)に合流して西方街道は終わった。
Ni10


 あとは車を止めた藤大橋まで、国道を飛ばした。大型が多く走りたくない道だ。ここで今回の新兵器その2の登場である。ハブダイナモのホイールを新調してきたのだ。藤トンネルで見事に路面を照らしてくれた。
Ni11


« 会津の花見 | トップページ | 春の會津の峠越え  4/27-28 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西方街道(杉峠)  4/23:

« 会津の花見 | トップページ | 春の會津の峠越え  4/27-28 »

無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31