無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« しぶき氷 | トップページ | 裏磐梯雪遊び »

2013年2月21日 (木)

会津大窪山墓地

 前回、小田山雪遊びの時見ておいた大窪山墓地に行ってきました。大窪山墓地は会津藩の墓地だったところです。ご存知のように戊辰戦争で敗れた会津藩士は斗南藩等に流されましたから、墓地は荒れ果ててしまいました。それでも最近は大分手入れが行き届いてきてはいるようです。墓石の数は4000程といわれていてかなりの数にのぼります。
 小田山の山頂付近から下るとかなりの急坂です。歩くスキーも機動力があって良いかなと思ったのですが、私の腕ではとても滑り降りることは難しいので、スノーシューの出番となりました。
Oo1


 このように墓石は雪に埋まってしまっています。
Oo2


 上から見た墓地の様子です。林間の雪の中に墓石が点々と立っています。
Oo3


 山の斜面が墓地になっているので、下から見た方が様子が分かります。
Oo4


 案内板を見ても、かなり広い範囲に墓地は広がっています。名のある藩士の墓は30程度のようです。
Oo5


 雪から僅かに顔を出す墓石には、慶應二年の文字が読み取れます。
Oo6


 今年初めてのスノーシュー、スパイク付なので急な上り下りも何とかこなせました。しかし、かなり息が切れます。年とともに体力は低下してきているようです。
 それにしても、真冬日が続き毎日毎日が寒いです。そろそろ雪の話題から春めいた話題にしたいのですが。。。

« しぶき氷 | トップページ | 裏磐梯雪遊び »

コメント

見れるのか心配しましたが大丈夫でした。小田山も知らないところがたくさんあっていつも感心してます。冬の小田山はスキーにしか行ったことないですよ。

昔のスキー場は小田山の北斜面でした。そこは今何もなくて、スキー場は奥の西斜面になりました。スキー場とは言っても年少者向きですが。大窪山墓地は小田山の南斜面です。以前はほとんど知られていませんでした。
小田山も、里山に戻す事業か何かで大分木が切り払われました。昔は熊というと青木山でしたが今は小田山まで降りてきていますから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会津大窪山墓地:

« しぶき氷 | トップページ | 裏磐梯雪遊び »