無料ブログはココログ

リンク

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« カモ (バードウオッチング) カモ | トップページ | しぶき氷 »

2013年2月17日 (日)

小田山 雪遊び 門田

①小田山
 昨日は、ちょっと吹雪いていて凄く寒そうだったのですが、久し振りに小田山に出かけました。装備は長靴にストックです。
Yu1


 寒くて手がかじかんできます。いつもの砲台跡から鶴ヶ城を見るのですが吹雪いていて霞んで見えます。こんな日なら大砲も当たらなかったでしょう。
Yu2


 田中玄宰の墓が見えてくると頂上はもうすぐ。会津藩の家老玄宰は日新館の創始者です。
Yu3


 正面が小田山の頂上で、物見櫓跡があるところです。右に降りた大窪山墓地も行きたいのですが、スノーシューがないととても無理です。
Yu4


 ちょっと晴れ間が出たと思ったら、また雪雲が出てきて、若松市街も霞んできました。
Yu5

②門田
 今朝は見事の晴れ上がりましたが、放射冷却で朝の寒さは昨日以上です。除雪をしておいた自転車小屋からMTBを引っ張り出します。
Yu6

 家の前の道路は圧雪がカチンカチンです。滑りそうですね。
Yu7


 国道脇の歩道は小型ロータリーで道がつけられています。日曜の朝で人通りもないから雪道を門田方面へ向かいます。
Yu8

 家から6キロ地点で折り返します。除雪がしてあってもう少し行けそうでしたが。
Yu9

 帰りは雪が少し溶け出してきています。それに10時を過ぎると人通りが多くなるのでその前に帰ります。行きつけの自転車屋さんの前にはこんな張り紙が。。。やはり冬は雪のないところを走るべきですね。
Yu10

« カモ (バードウオッチング) カモ | トップページ | しぶき氷 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田山 雪遊び 門田:

« カモ (バードウオッチング) カモ | トップページ | しぶき氷 »